ポリアモリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポリアモリー: polyamory)とは、つきあう相手、親密な関係を同時期に、一人だけに限定しない可能性に開かれていて、全ての関係者が全ての状況を知る選択が可能であり、全員がすべての関係に合意している、という考え方に基づく行為、ライフスタイル、または恋愛関係のことである。

性的に排他的でない関係に広く使われることが多いが、どれくらい範囲を広げて使用するかに関しては、さまざまな議論がある。(たとえば、多くの人は、一部のパートナーが一部のパートナーの存在、もしくは関係の全詳細を知る選択の可能性に開かれていない、合意の無い不倫や、基本的には、恋愛などの感情的なつながりを含まないことが多い、スウィング(スワッピング)をポリアモリーとはみなさない。)

そういった関係にたいしてオープンであるもしくは感情的に適しているひとは自分自身をポリアモラス(ポリアモリー的、多愛的)というかもしれない。略してポーリーということも多い。

ポリアモリーは複数の親密な関係性のことで、事実婚などを含め、多様な結婚している関係と両立していることもある。ポリガミー(複婚。ポリジニー《一夫多妻制》、ポリアンドリー《一妻多夫制》を含む)は複数の結婚関係、婚姻関係である。

複数恋愛ともいう。現代の欧米や日本では一夫一婦制(モノガミー)が社会規範となっている。過去の時代には男性にのみ複数恋愛が認められ、女性には貞操が要求され、他の男性と関係をもつと姦通罪として処罰された社会も優勢であった。

現代のポリアモリーはモノガミーにつきまとう嫉妬や独占感情、パートナー以外の人に恋をしてしまったらパートナーとは別れなければならないという規範による愛情の持続不可能性からの解放を求める視点と同時に、関係性指向マイノリティー的なアプローチもある。アメリカ合衆国やヨーロッパのポリアモリーグループは、コミュニケーションに力点があることも多く、ディスカッショングループやコンファレンス、会議をポリアモリー運動の発展形態の一部としている。

動物学の視点では、類人猿ボノボの研究がモデルとして参照されることがある。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]