ロマンチック・ラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロマンチック・ラブ: romantic love)とは一対一の男女の間で結ばれる純愛を指す社会学上の概念である。近代における恋愛の一種の理想としてしばしば扱われ、以下のような特徴を持つ。

  1. 一時の衝動による相手への執着ではなく、人格的な結びつきによる愛情であるが、プラトニック・ラブとは異なり性行為により相手と一体になることを求める。
  2. 経済的、政治的な打算などではなく、純粋に二者間の間にある愛着だけで結びついた関係である。
  3. 常に男と女の一対一ではぐくまれる愛情であり、相手以外の者に恋愛感情を向けることなく、二者間の他に性的接触をもたない(モノガミー(一夫一婦制)の精神と通底する)。
  4. 恋愛対象を「運命の相手」とし、一生の恋愛関係にあることが理想とされる。そのため結婚は恋愛感情と結びついたものとして一生維持される。

家族社会学女性学においては、近代以降、結婚はロマンチック・ラブをへた結びつきであるべきだという感覚が普及し、恋愛結婚や近代家族のあり方を規定していると指摘される(ロマンチック・ラブ・イデオロギー)。その結果、日本ではお見合い婚が減り、恋愛結婚が増加したといわれている。