正直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

正直(しょうじき・じょうじき・せいちょく・ただしくなおき)とは、心が素直で清らかなこと。いつわりがないことである。ここでは日本思想における正直を解説する。

概要[編集]

日本人の伝統的な徳目の一つである、古代の「清明心」が中世に入り武士階級を中心に発展し形成された概念。近世になると更に「」の精神へと発展していくことになる。一方で、石田梅岩は正直を倹約とともに商人の道をなす中心的な徳目として掲げ、正当な方法で利益を上げるのが商人における正直であり「先も立ち、我も立つ」という互助の精神を説いた。


関連項目[編集]

参考文献[編集]