スワッピング (性行為)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スワッピングは、複数のカップルがお互いのパートナーを取り替え、同室もしくは別室で行う集団的性行為のこと。広義ではグループセックスの一種に数えられるが、カップルが単位となっている点で異なっている。単に「スワップ」と呼称する場合もあるが、英語で本項を意味する単語は "Swinging" であり、用法がずれる。また、一部の愛好者間では「夫婦交際」と呼称される。

以下のことが目的で行われる。

  • 自分のパートナーを同性に自慢できること
  • 常に同じ一人のパートナーと性行為をするのではなくて、他の異性と性行為をすることによりマンネリ防止をすること
  • 本来のパートナー以外の異性に自分の性行為の良さをアピールできること
  • 他の同性のパートナーと性行為(寝取る)をしている最中に魅力を感じて、パートナーを持つ同性への嫉妬で性的興奮を高めること
  • 他の異性と比較して、改めて本来のパートナーの良さを確認すること
  • 本来のパートナーが別の異性に寝取られているという嫉妬で性的興奮を高めること
  • 本来のパートナー同士が容認している浮気であること

テーマにした作品[編集]

映像作品[編集]

  • 『ボブ&キャロル&テッド&アリス』 - ポール・マザースキーが監督した1970年の映画。
  • 『クラブ・バタフライ』 - キム・ジェスが監督した2001年の映画。
  • 『ゼブラ・ラウンジ』 - カリ・スコグランドが監督した2001年のテレビ映画。邦題は『サティスファクション』。
  • スワップ・マニア 相互鑑賞の人妻たち』 - 勝山茂雄が監督した2001年のオリジナルビデオ
  • 『スワップ・スワップ〜伝説のセックスクラブ〜』 - 実在したスワッピング・クラブ “プレイトーズ・リトリート” の盛衰を描いた2008年のドキュメンタリー映画。
  • ねる様の踏み絵』 - TBS系テレビ番組。内容が内容のため、批判され終了した。
  • ブルーノ』 - サシャ・バロン・コーエン主演のモキュメンタリー映画。実際のスワッピング・クラブにコーエン演じるブルーノが潜入する。

小説[編集]

漫画[編集]

アダルトゲーム[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]