人間の性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

人間の性(にんげんのせい、: Sexualité Humaine)、あるいは人間における性存在性セクシュアリティ: Human Sexuality)とは、性的本能の充足に関係する行動や性的振る舞いの総体を指す。セクシュアリティは多様な位相(アスペクト)を備え、それらは時として相互に矛盾することがある。生殖健康快楽などの位相で、葛藤が起こりえる。また人間関係社会法律道徳や、宗教禁忌などの位相においても、性をめぐって葛藤が生じることがある。

人間の性存在性を研究し、またその障害の克服について研究する科学Sexologie(広義の性科学)である。

エロース(愛)とプシューケー(心)
François GÉRARD (1770-1837)

概説[編集]

人間の性存在性(セクシュアリティ)とは、人間における性的な感覚感情の表現様式、人間同士の性を介しての親交、またを通じてのアイデンティティの表現や、更に、性の影響を受けたり、性に基づく人間存在の表現様式を意味する。

人間のセクシュアリティには、非常に多数の様態が存在する。人間の性存在性には、性と人間の性的行動に関する、生理学的、心理学的、社会的、文化的、政治的、そしてスピリチュアリティまたは宗教的な位相を含めて、広範囲な行動とプロセスが包摂される。哲学や、わけても倫理学、そして道徳性の研究が、神学での問題提起も含めて、セクシュアリティの主題を扱う。

いずれの時代においても、文化においても、文学そして美術を含む芸術一般、加えて風俗サブカルチャーが、当該社会のセクシュアリティに関する把握や見解の実質的ありようを提示して来た。ほとんどの社会法的権力において、どのような性的行動が許容されるのかに関する法的規範が存在する。セクシュアリティの内実は、世界中の文化と地理的地域を横断して変動し、歴史を通じて絶え間なく変化している。

人間の性の広がり[編集]

「人間の性(セクシュアリティ)」という言葉は、非常に幅広い領域を扱う。

  • 人間の性に関する生理学(または、事実上の生物学)、及び性に関連して人間の身体がどのように働き機能するか。生理学だけではなく、生殖器解剖学や、性行為における性の心理学の問題も含む。
  • どのような人に、またはその他の生物や物体に、人間は性的に関与し、または魅惑されるか。「性的指向」または「性的嗜好」。
  • 人間は、その肉体的機能及び外見とは別に、男性または女性としての同一性、すなわちジェンダー・アイデンティティを有する。
  • 性対象選択において、人間はどのようにこの選択を行うのか。「環境性対象選択性的指向」。
  • 人間は、性的な活動を求めるとき、または性的パートナーとのあいだで、どのように振る舞うのか。また人間が性的に志向する行動の種類と範囲。「人間の性的行動」。
  • 性の心理学的な意味。これは、性の感情面での効果や、生理学的な効果、あるいは社会的権力(社会的地位)、自己や他者のコントロール、また性的な安全性の必要など、心理学的なアスペクトと結びついていることがある。
  • 性と社会構造との関係性。結婚における性、宗教道徳、そして法律における性。
  • 芸術メディア(セクシュアリティの描写・描像)。
  • 社会風俗としての性のありようの多様さ。社会的な性風俗
  • 売買春。性における社会的搾取と個人の自由。
  • ジェンダー性役割。社会構造と性差別フェミニズム
  • 性教育
  • セクシュアリティに関連する社会の規範(ノルム=正常規準)、伝統慣習及び儀式儀礼
  • 社会規範(ノルム)を逸脱する性的活動に対する理解。(「性的倒錯」を参照)。
  • 何が許容できない行為か、性的虐待に対し誰がヴァーナブル(被攻撃的)であるか、どのように性的弱者を守り、虐待者に対処するか。こういったことについて、社会は、どこに線引きを行うのかをどのように判定するのか(すなわち、どこまでが性犯罪かどうかの線引き判定を行うのか)。
  • 性と生殖の問題。生物学的には、性は生殖の手段としてあるとも言えるが、近代及び現代となって、人間の寿命が延びると共に、避妊法の発達により、性と生殖の分離が色々な意味で起こっている。
  • 生殖としての性以外に、快楽としての性、自己認識としての性があり、社会的には産児制限が色々な局面で問題を持つ。性の快楽・自由と生殖の負荷は、社会の持つ倫理的・宗教的規範とのあいだで葛藤を齎すことがある。
  • 人口の増大を抑制するため少子化政策を取らざるをえない社会がある他方、少子化により労働人口や、社会の構成人口に不均衡が生じる社会もあり、これは現在において、そして将来的にも社会的問題となる。
  • 人間のセクシュアリティについての研究・調査。キンゼイ報告がその例である。[要出典]

性の諸側面[編集]

心理学的な側面[編集]

人間のセクシュアリティは、妊娠期間のあいだ、胎児の発達においてホルモンの変化の影響を受ける。セクシュアリティの表現様式は、大きく遺伝学的な素地に基づいていると主張するのが多数意見である。一方、セクシュアリティは、人それぞれ、その成長の初期段階での実地の個人的経験に基づき、このようにして性の好み・嗜好が決まると主張する意見もある。あまり分析的ではないアプローチでは、両方の要因が相互に役割を果たしているのだろうと認めている。人間性心理学ジェンダーでは、特定の形の性的表現が可能となる。

性機能障害は、人の性的機能が損傷を受けるような様々な生物学的状況や環境に言及している。このような障害の現れは、リビドーの減少、または遂行能力の限界の形式で起こることがありえる。男性・女性双方が、リビドーの後退の影響を被ることがありえ、その原因としては、ストレス、親密さの喪失、精神的な動揺が考えられ、また、その他の心理学的な状態から派生することがありえる。

性的遂行能力の限界は、勃起不全の形で、しばしば男性の性的能力に影響を及ぼすことがある。この原因としては、心血管疾病を含む、様々な形の疾病の病理からもたらされることがある。心血管疾病は、人体の様々な部位への血流の供給と共に、陰茎への血流の減少をもたらすこともある。更に、大音量の音や過剰照明などに長時間曝されるような環境ストレッサーもまた、とりわけ暴露が慢性的である場合など、心臓血管の変化を導く。

社会的な側面[編集]

人間のセクシュアリティはまた、その行動に関する暗黙のルールで規制されるか、またそのままの状態で、人間の社会的生活の一部として理解できる。このようにして、セクシュアリティは社会のノルム(規範)に影響を及ぼし、また社会はそれに呼応して、セクシュアリティの表現可能性の様態に影響を及ぼすと、主張される。マスメディアの発達によって、映画宣伝などを通じて、セクシュアリティは、我々がそのうちで生きる環境のありように対し、より大きな決定力を有するようになったとさえ言える。ある人々は、セクシュアリティを(しばしば、ステレオタイプへと)純化され、その後、再度商業化された形態で表現されるものとして見ている。

性役割は、個の社会環境によって影響される人間のセクシュアリティの位相(アスペクト)の一つである。異なる社会環境においては、人々がそれぞれのと関連付ける固有の特性が存在しえるのであり、それは特定のタイプのドレスであったり、色彩、行動様式であったりする。西欧世界のメディアにおいて共通する実例は、青の半ズボンに白のTシャツを着て、玩具のトラックと遊ぶ小さな少年の描像でありえ、少女はというと、ピンクのスカートを穿いて、人形遊びをする姿で示される。

社会と政治[編集]

性教育[編集]

性教育は、教育の分野でのに関する話題や主題の導入である。欧米諸国のほとんどすべてで、性教育が行われているが、国によってその性格は極端に異なっている。オーストラリア欧州の大部分の国では、いわゆる「年齢相応」の性教育は、就学前に始まることもある。これに対し、米国を代表とする他の国では、性教育は十代になってから行われ、時には、十代後期になって初めて行われる。性教育は、「赤ちゃんはどこから来るの?」から始まって、避妊禁欲ディベートを通じて、自省、性病の兆候、そして性的関係の社会的及び心理学的な含意(暗黙の意味)に至るまでの範囲の主題を扱う。

文化的及び精神医学的側面[編集]

大多数の個人における性的行動のありようは、その個人が生きる文化におけるノルム(規範)によって類型的に規定されるか、または強く影響される。このような規範の実例は、結婚前の性交渉に関する禁止規定や、同性愛的なセクシュアリティやその他の類例な性的活動に対する否定規定である。この理由は、個人の属する文化において支配的な宗教道徳が、このような行動を禁止するためである(文化における禁忌を参照)。しばしば、このような文化的に誘導された性的行動は、個人の自然な性的傾向と矛盾することがある。

文化規範に反したセクシュアリティを表現したいと望む者は、様々な形の迫害や抑圧によって、主流文化(メイン・カルチャー)の内部にあって下位文化サブカルチャー)を形成することを強いられる。別のケースにおいては、セクシュアリティのありようは、フェティシズムへと展開するかも知れず、あるいは、それに代わって、精神医学的な障害性的倒錯の形式として発達するかも知れない。

性的指向[編集]

人間は、個々人で定まっているある規準に基づいて、特定の人間動物物体、また何らかの振る舞いに、性的に強く引きつけられ魅惑される。対象の性別年齢、外見や特定の様態が規準となって、このようなことが起こる。人が何に魅惑されるか、一般に類型が存在しており、これを性指向または、広い意味で、性嗜好と呼ぶ。

基本的な性指向[編集]

もっとも一般的で多数派である性指向は、異性愛、すなわち、自己の性別と反対の性の人への性的魅惑である。異性愛は、ごく最近まで、そして場合によっては現代でも、多数の社会において、多数派であり、セクシャリティーの規範の基盤を提供した。異性愛以外の性指向や性嗜好は、病気であるか倒錯であると見なされる社会もあった。この基準に立たない人は、しばしば偏見や迫害の犠牲者となった。とはいえ、同時に少なからぬ社会が、そして建前では異性愛のみを規範とした社会であっても、同性愛者や両性愛者の存在を許容していた。そのため、人間においては大体、ヘテロメインのバイセクシャルが異性愛・同性愛連続体の平均値ではないかという主張[誰?]もある。少年愛の項目を見ると、現在では、小児性愛同性愛と見なされる性的関係が、文化制度において認められていた社会の存在が分かる。とくにペドフィリアについては、10歳前後の少女を犯すことはほとんどすべての社会で認められていた。[要出典]

多くの社会において、自己の性別と同じ性の人への性的魅惑、つまり同性愛が、異性愛と同様に正常なものだという考えが、20世紀中葉以降、ますます一般化して来ている。この延長で、男女両方の性の人への魅惑、すなわち両性愛もまた一般的に承認されて来ている。更に、いかなる性的魅惑も感じないこと、すなわち無性愛がまた、正常な性指向として認知されつつある。[独自研究?]

トランスセクシュアルは、性的指向の問題ではなく、ジェンダー・アイデンティティの問題である。トランスセクシュアルの人は実際のところ、異性愛の場合も、同性愛の場合も、両性愛、または無性愛の場合もありえる。トランスセクシュアリスムは、人間のセクシュアリティ(性存在性)に対し何の影響も及ぼさない。ジェンダーにおける自己同一性(アイデンティティ)は、初期の幼児の時代に決定されるのであり、この時点では、個人はいまだ社会化されておらず、従って、社会のノルム(規範)や価値観に支配されていない。[要出典]

その他の指向と性的嗜好[編集]

上記に述べた四つの性的指向以外のその他の性的嗜好は、個人のなかで主要な意味を持つ場合は、時として性指向と考えることができるが、しかし、今日になってもなお、様々な理由よりして社会的に受容されることが困難である。このような性嗜好は、一般に性的倒錯に分類される。ある種の嗜好は、現在の西欧においては、性的異常、または変態性欲と見なされる。少なくとも西欧では、また世界の多くの国でも、法に従う限り、性的異常と見なされる嗜好を行為に移すとき、それは犯罪と見なされうる。

性的倒錯を参照。

ジェンダー・アイデンティティ[編集]

ヘルマプロディトス(両性具有),ルーヴル

ジェンダー・アイデンティティは性的自己同一性であり、性別としての自己同一性である。

主体における典型的な生物的性別は、男性と女性であり、それ以外に染色体異常を主因とする、様々な生物的には不全性のある間性が存在する。社会的・文化的な性別であるジェンダーも、男性と女性に大きく二分されるが、主体の心理的な自己認知においては、もっと多様な性自認が存在する可能性がある。「間性」、「中性」、「無性」、「両性」などの他に、「超性」なども想定される。

性的指向の場合、主体と対象の性別における同性異性か、両性か、またはいずれでもないという形に分類が行われるが、純粋に対象(性や性愛の相手)の性別を考えれば、生物的なレベルでも、性対象の性別について、男性、女性の区別が存在し得る。主体の性別に関係せず、性対象の性別に基づく、男性愛、女性愛の概念が想定可能である。更に、相手のジェンダーをも考慮に入れると、人間相互の性的関係・性的親交は、もっと複雑なパターンが存在することになる。

生物的アスペクトの問題[編集]

性をめぐる問題[編集]

産児制限[編集]

出産を人為的に防ぐことを産児制限といい、家族を主体にした表現ないし婉曲表現として家族計画も用いられる。産児制限の生物学的な手段としては主に避妊と人工妊娠中絶があるが、中でも有効で安全な避妊法が普及することは、生殖とを分離するための必要条件でもある。そのため産児制限は単なる社会の人口調節という側面を超えて、女性が妊娠/出産の主体となる権利や「性の解放」の形で社会的な相をももつことになる。[独自研究?]批判的な側面としては、宗教倫理的見地から人工妊娠中絶やある種の避妊法が問題視されることもある。[独自研究?]

性感染症[編集]

性行為を通じて感染する疾病英語では、Sexually transmitted disease で、略語として、STD または STI という。フランス語では、Maladie sexuellement transmissible で、略語は MST であるが、最近は IST である(「 I 」は、Infection の頭文字である)。

性関連商業[編集]

人間の性に関するトピック[編集]

参考書籍[編集]

  • ミシェル・フーコー 『知への意志-性の歴史 1 』 La volonté de savoir. Histoire de la sexualité, I (1976)
  • ミシェル・フーコー 『快楽の活用-性の歴史 2 』 L'usage des plaisirs. Histoire de la sexualité, II (1984)
  • ミシェル・フーコー 『自己への配慮-性の歴史 3 』 Le souci de soi. Histoire de la sexualité, III (1984)

外部リンク[編集]

以下の外部リンクは英語(乃至外国語)サイトです。

fr:Sexualité humaine 27 juin 2006 à 10:15 の版より敷衍翻訳(一部未訳)
contributors:Mokarider, Guil, Anthere, Aoineko, Philippe, et al.
en:Human sexuality 00:13, 6 July 2006 の版より翻訳(ほぼ訳了)
contributors:Anlace, FT2, Dpr, DanP, Nielsft et al.
Note: フランス語版からの翻訳では内容が足りないので、英語版からの翻訳も加えます。