窃視症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
窃視症
分類及び外部参照情報
ICD-10 F65.3
ICD-9 302.82
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

窃視症(せっししょう、scopophilia[1])とは、裸体などをのぞき見ることによって性的快感を得ること[1]、その症状。

通常は、警戒していない見知らぬ人のや衣服を脱ぐ行為、または性行為を見ることに強い性的嗜好を有すること。瞠視症(どうししょう)とも言う[1]。日常語では「のぞき癖」、「出歯亀」などとよばれる。露出狂はほぼ反対の概念である。

概要[編集]

窃視症の診断基準

(出典:別冊日本臨床領域別症候群シリーズNo.39[2]

  • A. 少なくとも6カ月間にわたり、警戒していない人の裸、衣服を脱ぐ行為、または性行為を行っているのを見るという行為に関する、強烈な性的に興奮する空想、性的衝動、または行動が反復する。
  • B. その人が性的衝動を行動に移している、またはその性的衝動や空想のために、著しい苦痛または対人関係上の困難が生じている。

類似概念のいくつかを以下に挙げる。

  • Scoptlagnia:他者の性行動を見ることで性的に興奮すること。
  • Scopophilia:他者が衣服を脱ぐのを見ることで性的に興奮すること。
  • Scoptophilia:同意のある他者の性器や性行動を見て性的に興奮すること。
  • Troilism:自分のパートナーが他者と性行動をしているのを見て性的に興奮すること。
  • Pictophilia:性的な画像やビデオを見ることで性的に興奮すること。[3]


脚注[編集]

  1. ^ a b c デジタル大辞泉「窃視症」
  2. ^ 別冊日本臨床領域別症候群シリーズNo.39精神医学症候群・ 291-293P 2003
  3. ^ 別冊日本臨床領域別症候群シリーズNo.39精神医学症候群・ 291-293P 2003

関連項目[編集]