過眠症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
過眠症
分類及び外部参照情報
ICD-10 F51.1, G47.1
ICD-9 291.82, 292.85, 307.43-307.44, 327.1, 780.53-780.54
eMedicine med/3129
MeSH D006970
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

過眠症(かみんしょう、hypersomnia)とは、睡眠が異常に多くなる疾患(睡眠障害)である。アメリカのNational Institute of Neurological Disorders and Stroke(NINDS)のWebサイトによると、 以下のように記述されている[1]。過眠症は日中の過度の眠気、または長時間の夜間睡眠が繰り返されることによって特徴付けられる。夜間に眠れなくて疲れてしまうのと異なり、過眠症の患者は日中の眠るべきではない場面、仕事中、食事中、会話中などに何度もの居眠りを強いられる。これらの日中の居眠りは通常、症状を和らげない。患者はしばしば長時間の睡眠から起きるのがつらく、ぼんやりしてしまうこともある。他の症状としては、不安、いらだち、活力の欠乏、落ち着かない気分、思考の遅延、発声の遅延、食欲減退、幻覚、そして記憶障害などがある。患者によっては、家庭や社会、仕事などにおいての能力が欠落する。典型的には、過眠症は青年期または若い成人の段階で発見される。

診断[編集]

一日10時間以上の睡眠を最低2週間常に取っているか、日中に何度も居眠りをしてしまう場合に過眠症と診断される。

原因[編集]

過眠症は脳障害や、うつ病尿毒症線維筋痛症などにより引き起こされる。また、過眠症はナルコレプシー睡眠時無呼吸症候群むずむず脚症候群、periodic limb movement disorderなどの他の睡眠障害の症状ともなることがある。また、他の薬(例:うつ病、不安双極性障害向けの向精神薬等)の副作用禁断障害ドラッグアルコールの乱用でも引き起こされる。Genetic predispositionが一因と考えられている。

体重過多の人は過眠症になりやすい。過眠症により睡眠過多がエネルギー消費を妨げるので悪化し、減量がさらに難しくなる。

他の可能性としては、伝染性単核球症があり、この種の感染直後からの過眠症患者のケースが見つかっている。

また、過眠症は子供のインフルエンザによっても起こることがある。

過眠症の原因が特定できない場合、idiopathic hypersomniaと診断される。

治療[編集]

NINDSのWebサイトによると、以下のように記述されている。治療は本質的に症候的である。

アンフェタミンメチルフェニデートモダフィニルなどの中枢神経刺激薬が処方される。他の薬剤には、clonidine、levodopa、bromocriptine、抗うつ薬、monoamine oxidase inhibitorsが含まれる。行動改善(例えば夜勤や就寝時間までの社会活動を避ける等)および減量は多少の緩和となる。患者はアルコールカフェインを控えたほうがよい。

二次性[編集]

基礎疾患による二次性の場合には、先に基礎疾患の治療である。薬剤性による二次性の過眠症である場合には、その昼間の眠気の原因であるアルコールや、睡眠薬の調整や依存している場合には依存症の治療である。


予後[編集]

NINDSのWebサイトによると、過眠症患者の予後は障害の要因に依存する。障害そのものは生命に関わるものではないが、運転中に眠ってしまうことにより事故を起こすなど、深刻な結果をもたらすことがある。通常、このような症状は期限なく続く。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ National Institutes of Health (2008年6月). “NINDS Hypersomnia Information Page”. 2009年8月25日閲覧。

関連項目[編集]