行動障害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

行動障害(こうどうしょうがい、behavioral disorder)とは、身体機能に欠点が生じることによりその場にふさわしい行動や人間らしい行動をとることが困難な者をさす。主な場合、高齢者の老化が行動障害となる原因とされている。歩行や振る舞いなどに限らず、思考するなどといった内面的で目に見えない形の行動において問題を発している場合でも行動障害とされる。

韓国では行動障害とされている子供が多く、ソウル市内の小中高生の25%が行動障害であるといった調査結果が存在する。

外部リンク[編集]