性的倒錯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

性的倒錯(せいてきとうさく)は英語パラフィリアParaphilia)と言い、人間に関連する行動において、精神医学における病理的な精神疾患と診断される症状(性的嗜好)を指す。

概説[編集]

性的倒錯 (せいてきとうさく)は、広義には性道徳社会通念常識)から逸脱した性的嗜好(せいてきしこう)を指す。ただし、性道徳や社会通念は抽象的な概念であることから、その基準や境界線は時代文化、個人の価値観によって多様な解釈定義が存在する。また、それらの多様な解釈や定義が偏見差別の原因となる場合がある。

精神医学では、精神疾患精神障害)の一種として診断される症状(性的嗜好)を指す。しかし、精神医学においても基準や境界線を厳密に定義することは困難であり、以下で述べる症例が、必ずしも精神疾患に該当するということにはならない。また、あらゆる精神的または心理的な病理と同様に、古くから存在が確認されている症例もあれば、プライベート性が高く第三者に認識されにくい症例、時代や文化の変化と共に新しく誕生する(発見される)症例などもある。 なお、後述する「概念と診断基準」の条件を満たさない為にパラフィリアではないと診断され、なお且つ、各種の法律などに抵触していない場合でも、精神医学の分野外(一般社会)では問題視されるような症例もある。従って、何れも医療機関の専門家による具体的な診察や長期的な観察などが重要になる。

語源[編集]

現在、各国で通用する英単語の「 パラフィリア英語Paraphilia)」の語源は、ギリシア語の前置詞で「横」や「脇」を意味する「 パラギリシア語:παρά ・英語:para)」と、古代ギリシア語の名詞で「」を意味する「 フィリア古代ギリシア語:φιλíα ・英語:philia)」を足した言葉で、直訳すると「横に逸れた愛」といった意味を持つ。病理学的な専門用語として客観的かつ中立的に表現し、偏見差別を防止する目的で使用されるようになった造語である。

日本の精神医学界では、昭和時代の初期頃まで一部で「変態性欲 (英語:Sexual perversion)」などと呼ばれていたが、異常性が強調されてしまう言葉であることから、客観性や中立性を表現できる病理学的な専門用語が求められるようになり、英語圏で普及していたパラフィリアを意訳した「性的倒錯 (せいてきとうさく)」という言葉が大正時代頃から次第に普及するようになった。

しかし、「変態」や「異常」という言葉はもちろんのこと、「倒錯」や「逸脱」といった言葉でも一般的には誤解を招きやすく、客観性や中立性に欠ける表現になりかねないとの配慮から、アメリカ精神医学会(APA)や世界保健機関(WHO)などで使用されている、精神疾患であることを総合的に意味する「 メンタル・ディソーダー (英語:Mental disorder)」や、前述の「パラフィリア」などの専門用語を積極的に使用する方が望ましいとの意見もある。

なお、以下の項目からは、精神疾患としての性的倒錯をパラフィリアとして述べる。

精神医学の概念や分類[編集]

概念と診断基準[編集]

パラフィリアの概念は、精神医学または臨床精神医学などにおいて、精神疾患精神障害)に属する性的嗜好の症状として認識されている。例として、各国の医療機関で準拠することの多いアメリカ精神医学会(APA)の定めた「精神障害の診断と統計の手引き(DSM-IV-TR)」では、パラフィリアの臨床症状の第一段階における「診断規準」の概念が記述されている。この診断規準では、精神疾患であると診断する為の条件として、少なくとも以下の2点を同時に満たすことが必要と定義されている。

(1)当人が自分の性的嗜好によって、心的な葛藤苦痛を持ち、健康生活を送ることが困難であること。

(2)当人の人生における困難に加えて、その周囲の人々、交際相手や、所属する地域社会などにおいて、他の人々の健全な生活に対し問題を引き起こし、社会的に受け入れがたい行動等を抑制できないこと。

従って、(1)と(2)の条件を同時に満たしていない場合は、精神疾患としてのパラフィリアとは診断されない。

例として、当人が自身の性的嗜好に葛藤や苦痛を持たず、日常生活に支障がなければ、(1)の条件を満たしていないのでパラフィリアとは診断されない。また、当人が葛藤や苦痛を持っていても、第三者社会秩序にとって脅威や問題がない場合は、(2)の条件を満たしていないのでパラフィリアとは診断されない。

さらに、当人が何らかの性的嗜好を持っていたとしても葛藤や苦痛がなく、第三者や社会秩序にとっても具体的な問題が生じていない場合は(1)と(2)の両方を満たしていないので、精神医学的にも社会的にも許容範囲の性的嗜好とみなされ、パラフィリアとは診断されない。

ただし、当人にとって何ら問題がなくても、その性的嗜好が具体的に第三者に被害を及ぼしたり社会秩序を混乱させるような事態に至れば、別の診断規準を適用して治療にあたる必要性が生じる場合がある。


分類[編集]

以下、各国の医療機関で準拠することの多いアメリカ精神医学会(APA)と世界保健機関(WHO)が定義した、精神疾患としてのパラフィリアの分類を挙げる。各症例については後述「パラフィリアの類型」を参照のこと。

なお、非常に稀な症例や少数の報告例しかない場合は、何れの医療機関も総合的な「性的倒錯」や単に「その他」などの分類に含めて割愛されることが多い。ただし、症例や報告例の数の多い少ないが、病理的な意味や重篤さの程度を示す指標にはならないので注意が必要である。

APA の DSM-IV-TR による分類
アメリカ精神医学会(APA)が定める「精神障害の診断と統計の手引き(英語:Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders, DSM)」では、項目「11. 性障害および性同一性障害(Sexual and Gender Identity Disorders)」において以下の性的嗜好が分類として定義されている。
なお、DSM は、1952年に第1版(DSM-I)が発行されて以降、時期に合わせて改訂されている。1968年に第2版(DSM-II)、1980年に第3版(DSM-III)、1987年に第3版改訂(DSM-III-R)、1994年に第4版(DSM-IV)、2000年に第4版改訂(DSM-IV-TR)が発行された。現在、2013年に発行予定の第5版(DSM-V または DSM-5)に向けて関係機関と調整が進められ、世界保健機関(WHO)の発行する ICD-10との統合案なども検討されている。
1. 露出症 (Exhibitionism)
2. フェティシズム (Fetishism)
3. 接触性愛 (Frotteurism)
4. 小児性愛 (Pedophilia)
5. 性的マゾヒズム (Sexual masochism)
6. 性的サディズム (Sexual sadism)
7. 服飾倒錯的フェティシズム (Transvestic fetishism)
8. 窃視症 (Voyeurism)
9. 上記以外の性的倒錯 (Not otherwise specified, NOS) ⇒ 猥褻電話 (Telephone scatalogia)、屍体性愛 (Necrophilia)、部分性愛 (Partialism)、動物性愛 (Zoophilia)、糞便性愛 (Coprophilia)、浣腸性愛 (Klismaphilia)、尿性愛 (Urophilia)、嘔吐性愛 (Emetophilia)など。
WHO の ICD-10 による分類
国連世界保健機関(WHO)が定める「疾病及び関連保健問題の国際統計分類(英語:International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems, ICD)」では、第5章(Chapter V)「F60-F69. 成人の人格および行動の障害(Disorders of adult personality and behaviour)」の「F65. 性的嗜好の障害(Disorders of sexual preference)」において、以下の性的嗜好が分類として定義されている。なお、ICDは1900年に発行されてから約10年ごとに改訂されており、現在は1990年に発行されて2007年に改訂の入った ICD-10 が利用されている。
F65.0 フェティシズム (Fetishism)
F65.1 フェティシズム的服装倒錯症 (Fetishistic transvestism)
F65.2 露出症 (Exhibitionism)
F65.3 窃視症 (Voyeurism)
F65.4 小児性愛 (Paedophilia)
F65.5 サドマゾヒズム (Sadomasochism)
F65.6 多重障害の性的嗜好 (Multiple disorders of sexual preference)
F65.7 その他の障害による性的嗜好 (Other disorders of sexual preference)
F65.8 未認定の障害による性的嗜好など (Disorder of sexual preference, Unspecified)


性的嗜好やフェティシズムとの類似性[編集]

精神医学におけるパラフィリアの定義や分類は、一般的な性的嗜好フェティシズムの定義や分類と重複したり混同する場合が多い。例として、サディズム(加虐性愛)やマゾヒズム(被虐性愛)などの用語はパラフィリアの属性にも存在しているが、同時に一般的な性的嗜好や性風俗などの用語にも存在しており、実用上の区別としては厳密な基準や境界線は定義されていない。従って、両者が混在して曖昧なまま使用されるような状況も散見されている。

なお、パラフィリアとして診断される場合の性的嗜好は、厳密には「性嗜好障害(せいしこうしょうがい)」や「性嗜好異常(せいしこういじょう)」などの用語が使用される。

パラフィリアの類型[編集]

パラフィリアの主な類型を挙げる。

補足1
前述「語源」の通り、類型用語の末尾に使用される「~フィリア(- philia)」とは、「~愛」「~性愛」などを意味している。また、「~ラグニア (- lagnia)」とは「~欲求」「~願望」などを意味しており、「~イズム (- ism)」とは「~主義」や「~崇拝」などの意味を持つ英語の接尾辞である。何れも、実用上の意味合いに大きな差はなく、和訳の際も「~偏愛」「~嗜好」などといった言葉と共に様々に翻訳されているのが現状である。また、日本では「~プレイ (- play)」と称して「~行為」そのものを意味する外来語として普及しているような場合もある。この項目の日本語訳では、便宜的に「~性愛」で統一した。
補足2
項目ごとの症例は、片仮名表記を五十音順に並べ、文末に英語表記を記載した。片仮名表記および英語表記にリンクがある場合は、各項目で詳細を参照のこと。また、一般的な性的嗜好や性風俗の用語であっても、症例の理解を補助すると思われる用語は併記または該当項目へリンクした。

性目標倒錯[編集]

最終目標が性交(セックス)ではなく、何らかの嗜好や倒錯した行為が認められる症状が「性目標倒錯(せいもくひょうとうさく)」である。後述の「性対象倒錯」と併発している場合も多く、厳密な区分は困難である。

アクアフィリア(溺水性愛)
プールなどの水辺や水中、溺水や水没への性的嗜好。ハイドロフィリアとも言い、「ハイポクシフィリア(窒息性愛)」との混同も見られる。英語:Aquaphilia または Hydrophilia
アノレクタル(異物肛虐性愛)
肛門直腸に異物を挿入する性的嗜好。英語:Anorectal
ウロフィリア(尿性愛)
排尿行為や飲尿行為、尿そのものへの性的嗜好。ウロラグニアとも言う。広義には「スカトロジー(英語:Scatology)」や「コプロフィリア(糞便性愛)」に含まれる。英語:Urophilia または Urolagnia
エキシビショニズム(露出性愛)
自分の裸体性器を公衆の面前や第三者に晒す性的嗜好。恋人などのパートナーを晒す性的嗜好は「カンダウリズム(英語:Candaulism)」と言う。英語:Exhibitionism
エメトフィリア(嘔吐性愛)
嘔吐行為や吐き気吐瀉物への性的嗜好。英語:Emetophilia
エロトフォノフィリア(殺人性愛)
殺人殺害行為への性的嗜好。「快楽殺人(英語:Lust murder)」とほぼ同義に用いられる。英語:Erotophonophilia
カニバリズム(食人性愛)
食人行為や人肉への性的嗜好。アントロポファジーとも言う。英語:Cannibalism または Anthropophagy
クリスマフィリア(浣腸性愛)
浣腸行為や、浣腸器具を用いた排泄行為、糞便への性的嗜好。広義には「スカトロジー(英語:Scatology)」や「コプロフィリア(糞便性愛)」に含まれる。英語:Klismaphilia
クレプトフィリア(窃盗性愛)
窃盗行為への性的嗜好。クレマスティストフィリアやペッカトフィリアとも言う。英語:Kleptophilia または ChremastistophiliaPecattiphilia
コプロフィリア(糞便性愛)
排便行為や食糞行為、糞便への性的嗜好。コプロラグニアとも言う。広義には「スカトロジー(英語:Scatology)」にも含まれる。英語:Coprophilia または Coprolagnia
サディズム(加虐性愛)
性的虐待や性的暴力を与える性的嗜好。対語は「マゾヒズム(被虐性愛)」、両面性のある場合は「サドマゾヒズム(加虐被虐性愛)」。英語:Sadism
サドマゾヒズム(加虐被虐性愛)
同一人物にサディズムマゾヒズムが共存あるいは混在する性的嗜好。広義には、SM 嗜好者が持つとされるサディズムとマゾヒズムの両面性も意味する。英語圏では一般的に、拘束や束縛を意味する「ボンデージ(英語:Bondage)」、調教折檻を意味する「ディシプリン(英語:Discipline)」、加虐性愛の「サディズム(英語:Sadism)」、被虐性愛の「マゾヒズム(英語:Masochism)」の4つの単語から頭文字を採った総称で「ビー・ディー・エス・エム(英語:BDSM)」と呼ばれる。英語:Sadomasochism
シトフィリア(食物性愛)
食物飲料咀嚼行為や身体への塗布行為などの性的嗜好。フード・プレイとも言う。英語:Sitophilia または Food play
スコプトフィリア(窃視性愛)
第三者の行動や性行為などを盗み見る(覗く)性的嗜好。スコポフィリアとも言う。一般には窃視行為の総称「ボイヤリズム(英語:Voyeurism)」で知られる。英語:Scoptophilia または Scopophilia
ズー・サディズム(動物加虐性愛)
動物に対して性的虐待や性的暴力を与える性的嗜好。ビースティアル・サディズムとも言う。広義には動物虐待の総称「アニマル・アビューズ(英語:Animal abuse)」に含まれる。英語:Zoo sadism または Bestialsadism
タナトフィリア(死性愛)
首吊り入水などの自殺縊死)行為、殉死切腹などの自傷行為への性的嗜好。「ネクロフィリア(屍体性愛)」とは異なり、あくまでも「自分自身の」に向かう性的嗜好である。英語:Thanatophilia
タフェフィリア(埋葬性愛)
葬儀埋葬行為への性的嗜好。「タナトフィリア(死性愛)」との混同も見られる。英語:Taphephilia
デンドロフィリア(樹木性愛)
樹木植物への性的嗜好。英語:Dendrophilia
ハイブリストフィリア(犯罪性愛)
犯罪行為や違法行為への性的嗜好。ハーパクソフィリアとも言う。「快楽殺人(英語:Lust murder)」と異なり、必ずしも殺害行為は加わらないが、実用上は混同されている。英語:Hybristophilia または Harpaxophilia
ハイポクシフィリア(窒息性愛)
首絞めやビニール袋などを用いた低酸素症窒息行為への性的嗜好。アスフィクシオフィリアやエロティック・アスフィケーションとも言う。英語:Hypoxyphilia または AsphixiophiliaErotic asphyxiation
ピロフィリア(火炎性愛)
火事放火行為への性的嗜好。ピロラグニアやピロマニアとも言う。英語:Pyrophilia または Pyromania、Pyrolagnia
フロツーリズム(接触性愛)
相手の身体や衣服に自分の性器を接触させる性的嗜好。厳密には、一般的な「痴漢(英語:Groping)」行為には潜在的な最終目標として性行為が含まれるが、フロツーリズムには性行為が含まれない。英語:Frotteurism
ヘマトフィリア(血液性愛)
血液への性的嗜好。ヘモフィリアやハエモフィリアとも呼ばれる。なお、吸血行為への性的嗜好は「バンパイアイズム(英語:Vampirism)」と言う。(英語:Hemophilia または HematophiliaHaemophilia
マゾヒズム(被虐性愛)
相手から性的虐待や性的暴力を受ける性的嗜好。対語は「サディズム(加虐性愛)」、両面性のある場合は「サドマゾヒズム(加虐被虐性愛)」。英語:Masochism
マノフィリア(手淫性愛)
への性的嗜好。単独のオナニーとは異なる。英語:Manophilia

性対象倒錯[編集]

最終目標は性交(セックス)にあるが、その相手や対象、状況などに何らかの嗜好や倒錯の認められる症状が「性対象倒錯(せいたいしょうとうさく)」である。前述の「性目標倒錯」と併発している場合も多く、厳密な区分は困難である。便宜的に「人物」「年齢」「物体」「状況」「その他」の5つに分類して挙げる。

人物への性対象倒錯[編集]

主に人物、または身体の部位や状態に関連する性的嗜好を挙げる。一般的な総称としては「フェティシズム(英語:Sexual fetishism)」や「フェティッシュ(英語:Fetish)」という言葉が広く知られており、日本では俗語的な略称「フェチ」なども同義である。なお、身体の特定の部位(パーツ、英語:Parts)への性的嗜好は、広義に「パーシャリズム(英語:Partialism)」と言う。

アクロトモフィリア(身体欠損性愛)
などの四肢を欠損(破壊)しようとする行為への性的嗜好。広義には「アポテムノフィリア(四肢欠損性愛)」に含まれる。英語:Acrotomophilia
アコースティックフィリア(音響性愛)
への性的嗜好。英語:Acousticophilia
アナスティーマフィリア(身長差性愛)
極端な身長差への性的嗜好。英語:Anasteemaphilia
アポテムノフィリア(四肢欠損性愛)
などの四肢が欠損した身体への性的嗜好。なお、自分自身の身体に違和感を覚え、自らの四肢を欠損しようと願う嗜好は「スマトパラフィリア(四肢不一致症候群)」と呼ばれる。英語:Apotemnophilia または Somatoparaphrenia
アベイショフィリア(身体障害性愛)
身体障害者、またはギプス点滴などの医療器具を着用した負傷者への性的嗜好。英語:Abasiophilia
アンドロミメトフィリア(男子性転換性愛)
女性に性転換した男性への性的嗜好。広義に「トランスファン(性転換嗜好者)」に含まれる。英語:Andromimetophilia または Transfan
オキュロフィリア(眼球性愛)
に対する性的嗜好。への性的嗜好がある「ダクライフィリア(泣哭性愛)」と混在する場合がある。英語:Oculophilia
オドントフィリア(歯牙性愛)
への性的嗜好。英語:Odontophilia
オルファクトフィリア(体臭性愛)
香水なども含めた体臭への性的嗜好。オスフレジオラグニアとも言う。英語:Olfactophilia または Osphresiolagnia
グレイブラスネス(無毛性愛)
腋毛陰毛といった性毛の未発生状態や剃毛への性的嗜好。「パイパン」や「剃毛プレイ」なども参照のこと。英語:Glabrousness
ジィネミメトフィリア(女子性転換性愛)
男性に性転換した女性への性的嗜好。広義に「トランスファン(性転換嗜好者)」に含まれる。英語:Gynemimetophilia または Transfan
ステノラグニア(筋肉性愛)
筋肉質な体型への性的嗜好。英語:Sthenolagnia
ディスモーフォフィリア(奇形性愛)
奇形(畸形)体型への性的嗜好。ボディ・ディスモーフィック・ディソーダーとも言う。英語:Dysmorphophobia または Body dysmorphic disorder
デフロランティズム(処女性愛)
処女処女喪失への性的嗜好。英語:Deflorantism
トランスヴェストフィリア(性転換性愛)
性転換への性的嗜好。広義には「トランスセクシャリズム(英語:Transsexualism)」に含まれる。「性転換症候群」も参考のこと。英語:Transvestophilia
トリコフィリア(毛髪性愛)
毛髪散髪行為への性的嗜好。ヘア・フェティシズムとも言う。英語:Trichophilia または Hair fetishism
ネクロフィリア(屍体性愛)
屍体(死体)への性的嗜好。ネクロマニアとも言うが、これは「アメリカ史上最低の映画監督」と呼ばれたエド・ウッド1971年に発表した映画「ネクロマニア(英語:Necromania)」などでサブカルチャーの分野から広まった言葉で、同義ではあるが正式名称ではない。また、屍体を演じる(真似る)性的嗜好は「シュードネクロフィリア(英語:Pseudonecrophilia)」と言う。英語:Necrophilia
ノソフィリア(病症性愛)
病気や病症状態の身体への性的嗜好。英語:Nosophilia
ノーズ・フェティシズム(鼻性愛)
鼻孔への性的嗜好。ナソフィリアとも言う。英語:Nose fetishism または Nasophilia
ハイグロフィリア(分泌物性愛)
などの分泌物への性的嗜好。英語:Hygrophilia
ピゴフィリア(臀部性愛)
臀部(尻)への性的嗜好。パイゴフィリアとも言う。英語:Pygophilia
ファット・フェティシズム(肥満性愛)
脂肪肥満体形への性的嗜好。英語:Fat fetishism
ファロフィリア(巨根性愛)
大きな男性器や性機能の高い男性への性的嗜好。「ファルス(英語:Phallus)」信仰としても知られる。英語:Phallophilia
フォレスキン・フェティシズム(包皮性愛)
男性器亀頭女性器陰核などを包む包皮への性的嗜好。英語:Foreskin fetishism
フート・フェティシズム(脚部性愛)
太股やふくらはぎ(腓腹筋)など)への性的嗜好。ポドフィリアとも言う。英語: Foot fetishism または Podophilia
ブレスト・フェティシズム(胸部性愛)
乳房乳首への性的嗜好。本来は形状に関係なく、胸部全般への嗜好を指す。ただし、一般的にはサイズによって区分されることも多い。大きい乳房への嗜好は「マモフィリア(英語:Mammophilia)」と言い、「巨乳フェティシズム(巨乳フェチ)」などとも呼ばれる。小さい乳房への嗜好は「貧乳フェティシズム(貧乳フェチ)」などと呼ばれる。英語:Breast fetishism
メイシオフェリア(妊婦性愛)
妊婦妊娠への性的嗜好。メイユーシオフィリアやプレグナンシー・フェティシズムとも言う。英語:Maiesiophilia または MaieusiophiliaPregnancy fetishism
メノフィリア(月経性愛)
月経(生理)への性的嗜好。英語:Menophilia
ラクトフィリア(母乳性愛)
母乳授乳行為への性的嗜好。ラクタフィリアやガラクトフィリアとも言う。広義には「エロティック・ラクテーション(英語:Erotic lactation)」に含まれる。英語:Lactophilia または LactaphiliaGalactophilia

年齢への性対象倒錯[編集]

主に年齢に関連する性的嗜好を挙げる。なお、特定の年齢の人物に対する性的嗜好の場合もあれば、年齢差そのものへの性的嗜好の場合もある。また、年齢や性別の定義は医療機関によって多少の差異が存在する。

インファノフィリア(幼児性愛)
主に0歳から3歳頃の女子幼児への性的嗜好。ネピオフィリアとも言う。英語:Infantophilia または Nepiophilia
エフェボフィリア(青年性愛)
成人男性による思春期青年への性的嗜好。英語:Ephebophilia
クロノフィリア(年齢差性愛)
極端な年齢差への性的嗜好。原則として性別は関係がない。アニリラグニアとも言う。英語:Chronophilia または Anililagnia
ジェロントフィリア(老人性愛)
老人高齢者への性的嗜好。原則として性別は関係がない。ジェラントフィリアとも言う。英語:Gerontophilia
ニンフォフィリア(児童性愛)
主に4歳から11歳頃の女子児童への性的嗜好。英語:Nymphophilia
ペドフィリア(小児性愛)
主に11歳~13歳頃の少年少女への性的嗜好。現在では一般的に、年齢や性別を区分した「インファノフィリア(幼児性愛)」や「ニンフォフィリア(児童性愛)」なども含む総称として普及している。児童虐待(幼児虐待)を含む犯罪用語の「チャイルド・マレスター(英語:Child molester)」も参照のこと。英語:Pedophilia
ペデラスティ(少年性愛)
成人男性によるエフェボフィリアよりも低年齢層の少年への性的嗜好。英語:Pederasty
へべフィリア(少年性愛)
成人女性による青年少年への性的嗜好。英語:Hebephilia

物体への性対象倒錯[編集]

主に物体に関連する性的嗜好を挙げる。それらの物体を伴う(例えば着用しているような)人物に対する性行為の場合もあれば、物体そのものに対する性行為の場合もある。なお、物体そのものへの性的嗜好は、広義に「オブジェクト・セクシャリティー(対物性愛)英語:Object sexuality」と言う。

アガルマトフィリア(偶像性愛)
人形彫刻への性的嗜好。スタチューフィリアやペディオフィリアとも言う。「ピグマリオニズム(英語:Pygmalionism)」に含まれるが、日本では同義として和製英語の「ピグマリオン・コンプレックス」として知られている。英語:Agalmatophilia または Statuephilia、Pediophilia
アンダーウェア・フェティシズム(下着性愛)
ブラジャーパンティーパンストソックスタイツなどの肌着下着への性的嗜好。英語:Underwear fetishism
オートエロティシズム(機械性愛)
自動車バイクなどの機械工業製品への性的嗜好。英語:Autoeroticism
クロッシング・フェティシズム(衣服性愛)
毛皮デニムシルク素材などの布地衣服への性的嗜好。広義には皮革も含まれるが、一般的にはBDSMファッションとして「レザー・フェティシズム」に区分されることも多い。英語:Clothing fetishism
サイダロドロモフィリア(列車性愛)
機関車電車などの機械鉄道製品への性的嗜好。英語:Siderodromophilia
シュー・フェティシズム(靴性愛)
ハイヒールブーツなどの製品への性的嗜好。「ブーツ・フェティシズム(英語:Boot fetishism)」も参照のこと。英語:Shoe fetishism
スモーキング・フェティシズム(喫煙性愛)
煙草喫煙行為への性的嗜好。非喫煙者が咳き込む状況なども含まれる。英語:Smoking fetishism
ティモフィリア(財産性愛)
財産財宝への性的嗜好。英語:Timophilia
ミソフィリア(汚損性愛)
着用して汚れた衣服下着、使用済み生理用品などへの性的嗜好。広義には、毛髪のフケなどの気を含む汚れへの性的嗜好の総称「ソリロフィリア(英語:Salirophilia)」に含まれる。英語:Mysophilia
バルーン・フェティシズム(風船性愛)
風船の膨張や弾力、破裂への嗜好。英語:Balloon fetishism
ピクトフィリア(画像性愛)
写真ビデオなどの映像への性的嗜好。広義にアダルトビデオなどの中毒症状を意味する「ポルノグラフィ・アディクション(英語:Pornography addiction)」に含まれる。英語:Pictophilia
ユニフォーム・フェティシズム(制服性愛)
制服やスポーツウェアなどの衣服への性的嗜好。英語:Uniform fetishism 
ラバー・フェティシズム(ゴム性愛)
ラバー(ゴム)素材の衣服への性的嗜好。なお、海外では特定のラバー素材を冠して「ラテックス・フェティシズム」や「PVC(Polyvinyl chloride、ポリ塩化ビニル)・フェティシズム」とも言う。BDSMファッションでも多用される。英語:Rubber Fetishism または Latex and PVC fetishism
レザー・フェティシズム(皮革性愛)
天然または人工のレザー(皮革)素材の衣服への性的嗜好。毛皮を含む場合がある。ドーラフィリアとも言う。BDSMファッションでも多用される。英語:Leather fetishism または Doraphilia

状況への性対象倒錯[編集]

主に状況環境に関連する性的嗜好を挙げる。なお、それらの状況に遭遇した人物に対する性行為の場合もあれば、状況そのものに対する性行為の場合もある。:

アムロフィリア(疑似盲目性愛)
目隠しなどの疑似的な盲目状態への性的嗜好。英語:Amaurophilia
アルゴラグニア(疼痛性愛)
疼痛(とうつう、痛み)に遭遇するような悪条件環境や残虐な行為に遭遇する状況への性的嗜好。英語:Algolagnia
エンドソーマフィリア(体内進入性愛)
体内に進入(侵入)する行為、または体内に存在する状況への性的嗜好。人間や動物とは限らず、空想妄想)上の怪物の場合もある。また、出入口は性器とは限らない。エンドソームフィリアとも言う。英語:Endosomaphilia
オクロフィリア(群衆性愛)
群衆や大人数への性的嗜好。「グループセックス(英語:Group sex)」や「輪姦」なども参照のこと。英語:Ochlophilia
オートアサシノフィリア(恐怖性愛)
殺人事件や強盗事件などに遭遇し、恐怖に慄く状況への性的嗜好。英語:Autassassinophilia または Autoassassinophilia
オートガイネフィリア(女性化自己暗示性愛)
男性であれば「自分は女性だ」と空想妄想)する性的嗜好。オートアンドロフィリアとも言う。英語:Autogynephilia または Autoandrophilia
オートネピオフィリア(幼児行動性愛)
赤ん坊幼児のように振る舞う状況への性的嗜好。広義には、幼児のおむつおしゃぶりへの嗜好なども指す「パラフィック・インファンタリズム(英語:Paraphilic infantilism)」に含まれる。「エイジプレイ(英語:Ageplay)」も参照のこと。英語:Autonepiophilia
カトプトロノフィリア(鏡像投影性愛)
モニターなどに投影される状況への性的嗜好。エスペクトフィリアとも言う。英語:Katoptronophilia または Espectrophilia
コーリオフィリア(舞踏性愛)
柔軟な身体や躍動する舞踏行為への性的嗜好。英語:Choreophelia
コプロラリア(猥語性愛)
猥褻な言葉や罵詈雑言への性的嗜好。コプロラグニアとも言う。英語:Coprolalia または Coprographia
シンフォフィリア(災害性愛)
地震台風などの自然災害への性的嗜好。英語:Symphorophilia
スードゥズーフィリア(動物擬態性愛)
尻尾などで動物を真似る擬態行為への性的嗜好。ペット家畜として扱う「ヒューマン・アニマル・ロールプレイ(英語:Animal roleplay)」も参照のこと。英語:Pseudozoophilia
ゼロフィリア(嫉妬性愛)
第三者が介入する嫉妬行為への性的嗜好。英語:Zelophilia
ソムノフィリア(睡眠性愛)
睡眠昏睡気絶した状況への性的嗜好。サムノフィリアとも言う。英語:Somnophilia
ダクライフィリア(泣哭性愛)
泣くことや慟哭(どうこく)などの泣哭(きゅうこく)行為、などへの性的嗜好。ダクライラグニアとも言う。英語:Dacryphilia または Dacrylagnia
トランスヴェスティズム(異性装性愛)
異性服飾衣服アクセサリーなどへの性的嗜好。単独の変身行為の場合もあれば、相手の衣服との交換行為などが含まれる場合もある。男装女装などの変身願望は総称として「クロス・ドレッシング(英語:Cross dressing)」と言う。英語:Transvestism
トロイリズム(三者性愛)
夫婦恋人関係において、第三者が加わる状況への性的嗜好。トリオリズムとも言う。厳密には、「寝取られ」の性的嗜好で知られるフランス語の「コキュ(仏語:cocue)」や英語の「クッコルド(英語:Cuckold)」と異なるとされるが、混同している場合も多い。トロイリズムは第三者が認められている場合が多く、コキュは夫婦や恋人の片方が第三者を認めていない場合や嫉妬している場合などがある。パートナーを第三者へ晒す性的嗜好の「カンダウリズム(英語:Candaulism)」も参照のこと。英語:Troilism または Triolism
ナレートフィリア(口述性愛)
状況や行動を常に解説したり口述(ナレーション)する性的嗜好。猥褻な単語とは限らない。猥雑な単語への嗜好が強ければ「コプロラリア(猥語性愛)」として区別される。英語:Narratophilia
バイストフィリア(強姦性愛)
強姦レイプ)や暴力行為への性的嗜好。レプトフィリアとも言う。英語:Biastophilia または Raptophilia
ハーマトフィリア(失態性愛)
何らかの失敗や失態行為への性的嗜好。英語:Harmatophilia
ヒエロフィリア(聖依性愛)
宗教聖書に関連する状況への性的嗜好。テオフィリアとも言う。英語:Hierophilia または Theophilia
ホメオヴェスティズム(同性装性愛)
同性者の衣服アクセサリーなどへの性的嗜好。広義には変身嗜好の総称「クロス・ドレッシング(英語:Cross dressing)」に含まれる。英語:Homeovestism
ボラレフィリア(丸呑性愛)
相手の内や胃袋に丸呑み(丸飲み)される性的嗜好。人間や動物とは限らず、空想妄想)上の怪物の場合もある。ファゴフィリアとも言う。英語:Vorarephilia または Phagophilia
ポリテロフィリア(性行為連続性愛)
多くの人数との連続する性行為や、何度も性行為を繰り返すことへの性的嗜好。「グループセックス(英語:Group sex)」や「輪姦」なども参照のこと。英語:Polyterophilia
マクロフィリア(巨人性愛)
大きな身体や、変身突然変異などによってビル並みのサイズに巨大化する身体への性的嗜好。英語:Macrophilia
ミクロフィリア(矮人性愛)
小さな身体や、変身突然変異などによってミニチュア並みのサイズに矮小化する身体への性的嗜好。英語:Microphilia
メディカル・フェティシズム(医療性愛)
診察治療などの医療行為への性的嗜好。英語:Medical fetishism

その他の性対象倒錯[編集]

アラクネフィリア(蜘蛛性愛)
クモムカデなどの節足動物への性的嗜好。英語:Arachnephilia
ズー・セクシャリズム(動物性愛)
異性愛同性愛の概念と同様に、動物への性的指向。性的嗜好ではないことに注意。英語:Zoosexualism
スペクトロフィリア(霊体性愛)
天使幽霊霊魂などへの性的嗜好。英語:Spectrophilia
ズーフィリア(獣姦性愛)
獣姦への性的嗜好。厳密には「ズー・セクシャリズム(動物性愛)」と異なる。英語:Zoophilia
フォーミコフィリア(昆虫性愛)
昆虫衣服皮膚などを這うことへの性的嗜好。英語:Formicophilia
ミクソピック・ズーフィリア(窃視獣姦性愛)
動物性行為窃視する(覗き見る)性的嗜好。英語:Mixosopic zoophilia

備考[編集]

パラフィリアは人間の性に関わる精神疾患であるが、時代や文化と共に定義や分類が変化し続けている。例として、かつて同性愛は性的倒錯であるとみなされていた。しかし、1973年にはアメリカ精神医学会(APA)の「精神障害の診断と統計の手引き(第2版改訂7版・DSM-II)」から同性愛が削除され、1990年には世界保健機関(WHO)の「疾病及び関連保健問題の国際統計分類(第10版・ICD-10)」にて「同性愛は治療対象にならない」として削除されている。これを受け、1994年には日本においても厚生省(現厚生労働省)が準拠を表明している。

従って、今後も時代や文化の変化と共に、旧来の症例がパラフィリアとしては該当しなくなる場合や、一方で、新しく追加される症例がパラフィリアとして定義される可能性がある。

参考・外部リンク[編集]

関連項目[編集]