悪夢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

悪夢(あくむ)とは、眠る時に見る嫌な。もしくは、悪い夢のこと。また比喩表現として、この世のものとは思えない程の悲惨な光景のことを指す場合もある。

現実で凄惨な物を見たり、体験したり、それが原因でPTSDなどになると、夢で何度もそれを体験することがあり[1]、新たな病気に発展することがある。

古くから見られる現象で、小説絵画映画などの芸術の題材としても多数取り上げられている。何らかの精神的なショックや、心理的なトラウマによって引き起こされる場合が多い。 悪夢に関する生き物も数多く作られてきた。

心の浄化作用としての悪夢[編集]

夢を観る事によって、気持ちが多少なりともすっきりするという浄化作用が起こるという点があり、これは怖い夢や悲しい夢といった悪夢でも、それなりの効用があるとされる[2]。昼間の思い出したくない出来事を解消するため、いわば現実の反動によって悪夢=浄化作用が生じるというのは、通常の悪夢の場合であり、PTSDなどの原因で観るケースは例外とされる。そのため、通常の悪夢は心の健康維持に役立っている(自動的な健康管理)とさえいえ、必ずしも健康的害ではないという。

心的外傷後ストレス障害(PTSD)による悪夢[編集]

神経科学者によれば、強烈な恐怖の瞬間は、情動の神経回路に記憶としてくっきり刻まれると考えられている。集団で事件に会った子供の場合は、自分も間もなく死ぬのではないかといった不安をかきたてるような夢を見たり、夢を観るのが恐くて目を見開いたまま寝ようとするなどの変化が見られ、精神科医の間では心的外傷後ストレス障害(PTSD)の典型的な症状として知られている[1]

PTSDでの悪夢は「再体験症状」といい、トラウマとなった不快で苦痛な出来事がフラッシュバックとして夢の中に繰り返し現れることである。このような症状が1ヶ月以上続けばPTSDと診断される[3]

思弁的ではあるが、精神分析学者のジグムント・フロイトは憎むべき不快なはずである体験を反復再現させる戦争神経症(シェル・ショック)の悪夢について、「反復強迫(ヴィーダホールングスツバンク)」と名付けている[4]戦闘ストレス反応も参照)。ただ、「死の衝動」(死の本能)はあくまで彼の仮説である。

薬剤の副作用による悪夢[編集]

主にβブロッカーの精神神経系副作用として悪夢が多いと報告されているが、メカニズムは明らかになっていない。

添付文書に悪夢の副作用が記載されている薬剤は以下の通りである。

βブロッカー
抗パーキンソン薬
抗アレルギー薬
向精神薬
その他

一生に観る悪夢の時間[編集]

人間が一生に観る夢は総じて6年間という研究結果もある[6]。つまり、一生で観る夢の半分が悪夢だったとしても3年前後であり、仮に全て悪夢だったとしても6年前後ということになる。人類全体の平均寿命を60代にしても、人生の10%にも満たず、夢の半分を悪夢としても人生の5%前後であり、多めに見積もったとしても、この程度である。

悪夢を題材とした作品類[編集]

映画
テレビドラマ
詩・小説
ゲーム

悪夢を観させる存在の伝承[編集]

  • エムプーサ:ギリシャ神話に登場する夢魔。
  • ハッグ:イギリスの伝承に登場する怪しい老婆。
  • 臨月天光:為永春水の随筆『閑窓瑣談』によれば、悪夢除けのまじないとして、「臨月天光と三度呼ぶ」ことと記されており、悪夢をもたらす鬼神の名とみられ、悪夢を見せた正体の名をとなえることで見破り、吉夢に転換させる意味があったものと考えられる[7]
  • 牛頭馬頭:地獄の使者。厳密には悪夢を見せる能力はないが、『平家物語』の記述において、平清盛の危篤時に二位殿が観た凶夢として登場し、清盛の悪行が酷い為、閻魔庁から邸宅へ迎えに来た旨の話をし、それ自体が悪夢として登場する存在である語りとなっている。

備考[編集]

  • 古代日本において悪夢の語意に該当する言葉は、「寝怖(ねおび)る」(恐ろしい夢を見ておびえる)がこれに当たり、『源氏物語』(若紫若菜)にも記述がみられる(寝怖れて泣きじゃくる)。

脚注[編集]

  1. ^ a b ダニエル・ゴールマン著 土屋京子[訳] 『EQ こころの知能指数』 講談社 1996年 ISBN 4-06-208048-6 p.306、いくつか症例を記している。ユダヤ人のホロコーストを生き延びた人々の証言では、半世紀が経ってもPTSD症状の十人中八人が繰り返し悪夢にうなされ、1人は、「アウシュビッツを生き延びて、それでも悪夢を見ないなら、それは人間としてノーマルではありません」と語っている(同書、p.308)。
  2. ^ 渋谷昌三 『3分でわかる心理学 知ってるだけでトクをする!』 大和書房 2005年 ISBN 4-479-79125-6 pp.18 - 19
  3. ^ 貝谷久宣 『よくわかるパニック障害・PTSD―突然の発作と強い不安から、自分の生活をとり戻す』 主婦の友社、2012年ISBN 9784072816776
  4. ^ 中野好夫 『人間の死にかた』 新潮選書 9刷1972年 p.135
  5. ^ Pharmacist.com 『悪夢を発現する薬剤』[1]
  6. ^ 参考・ディスカバリーHVチャンネル『ザッ・人体:脳と記憶』番組内解説を一部参考。
  7. ^ 『呪術の本 禁断の呪詛法と闇の力の血脈』 学研 2003年 ISBN 4-05-602951-2 p.193。日本の説話形式の一つに、「化け物問答」があり、正体を見破ることにより、危機を逃れるという流れの派生(例として、化け蟹)。

関連項目[編集]