不安障害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
不安障害
分類及び外部参照情報
ICD-10 F40.-F42.
ICD-9 300
DiseasesDB 787
eMedicine med/152
MeSH D001008
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

不安障害(ふあんしょうがい、英:Anxiety disorder)とは、過剰な反すう英語版心配恐怖の特徴を有するいくつかの異なる種類の一般的な精神疾患を含んだ総称である。不安は、身体と精神の健康に影響を及ぼす可能性がある不確かで現実に基づかないか、あるいは想像上の将来についてである。たびたび全般性不安障害として誤診される甲状腺機能亢進症のような、不安障害に類似した症状を有する多くの精神病理や内科の症状が存在する。

不安障害は、さまざまな心理社会的英語版要因を有する;遺伝的素因英語版を含む可能性もある。不安障害の診断は2つの分類に分けられる。;それは持続しているか、一時的な(episodic)症状かどうかに基づく。

不安の用語は、4つの体験の特徴を含む:心理的な不安、肉体的緊張、身体症状と解離性不安である[1]。不安障害は、全般性不安障害恐怖症、およびパニック障害に分けられる; 各々の特徴と症状を持ち、異なる治療を要する[2]。不安障害が発現させる感情は、単なる緊張から恐怖による発作までにわたる[3]

テイラー不安検査英語版ツング不安自己評価尺度英語版のような標準化された検査用の臨床アンケートを、不安症状の検出に用いることが可能で、不安障害の正式な診断評価のために必要であることが示唆される[4]

概要[編集]

不安とは、明確な対象を持たない恐怖の事を指し、その恐怖に対して自己が対処できない時に発生する感情の一種である。不安が強く、行動や心理的障害をもたらす症状を総称して不安障害と呼ぶ。不安障害はかつての神経症に該当する[5]。精神症状として強い不安、イライラ感、恐怖感、緊張感が現れるほか、発汗動悸頻脈、胸痛、頭痛下痢などといった身体症状として現れる事がある[5]

治療は、心理療法や薬物療法が行われる。

米国での調査によれば、不安障害が何らかの気分障害を併発する頻度は約7割にもおよぶ。[6]

分類[編集]

全般性不安障害[編集]

全般性不安障害(GAD)は、対象のない持続的な不安を特徴とする。

不安障害の診断を下す前に、医師は薬物誘発性不安や他の医学的原因を除外することが必要である[7]

恐怖症[編集]

パニック障害[編集]

パニック障害は、突然の強い恐怖や不安により、動揺、混乱、めまい、吐き気、呼吸困難のような特徴がある。このようなパニック発作の原因は特定されないが、ストレスや恐怖に誘発される。

広場恐怖症[編集]

広場恐怖症は、特定の場所や状況における不安である。広場恐怖症はしばしばパニック障害に関連付けられ、恐怖によりパニック発作が誘発される。

社交不安障害[編集]

社交不安障害(SAD;また対人恐怖症として知られる)の恐怖は、人前で話すといった特定の状況や、社会的交流について生じる。赤面、発汗、会話困難といった身体症状の特徴がある。

強迫性障害[編集]

強迫性障害(OCD)は、強迫観念(持続する考えや心象)や強迫行為(compulsions)(特定の行為や儀式を行う)の特徴のある不安障害の種類である。
DSM-5では不安障害の下位分類ではなく、不安障害と同等な大項目になった。

心的外傷後ストレス障害[編集]

心的外傷後ストレス障害(PTSD)は外傷体験よって生じる不安障害である。心的外傷後ストレスは、戦闘、自然災害、レイプ、人質状況、児童虐待いじめ、あるいは重大な災難のような極端な状況が原因となる。
DSM-5では不安障害の下位分類ではなく、不安障害と同等な大項目になった。

分離不安[編集]

分離不安障害(SepAD)は人や場所から離れた時の過剰な水準の不安である。分離不安は、乳児や子供では正常な発達上の不安である。障害とみなされるのは、過剰な場合のみである。そのような場合、パニックを生じさせる。

不安障害に分類されうる病気[編集]

原因[編集]

生物学[編集]

神経伝達物質のGABAの濃度の低下は、中枢神経系における活性を減少させ不安の要因となる。多くの抗不安薬は、このGABA受容体を調節することで作用する。[8][9][10]

選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)は、うつ病の治療に一般的に用いられている薬剤でもあり、不安障害の一次治療とみなされている[11]。2004年の脳機能画像技術を用いた研究は、SSRIの作用は気分改善の二次的な結果というより、GABA神経における直接的な作用により不安を軽減していることを示唆した[12]

重度の不安や抑うつは、持続的なアルコールの乱用に誘発され、多くの場合、長期の断酒によって弱まる。人によっては、適度な持続的なアルコールの使用でさえ不安や抑うつの水準を増す可能性がある。[13]カフェイン、アルコール、またベンゾジアゼピン系への依存症は、不安やパニック発作の原因となったり、悪化させる[14]。不安は一般にアルコールの急性離脱期に生じ、長期離脱症状の一部として2年まで続き、約25%の人がアルコール依存症から回復する[15]。 1988年から1990年にわたった研究において、あるイギリスの精神病院におけるパニック障害社交不安障害のような不安障害を対象とした精神福祉サービスに通う患者の約半分が、アルコールあるいはベンゾジアゼピン依存症の結果であることが判明した。これらの患者では、不安の初めの増加は離脱期に生じ、不安症状の停止がその後に続いた。[16]

労働環境において有機溶剤に長い間曝されることが不安障害に結びついていたという証拠が存在する。 塗装や敷物の敷設は、有機溶剤に著しく曝される仕事の例である。[17]

カフェインの摂取は、不安障害の原因となったり悪化させる[18][19]

多数の研究が、カフェインと不安惹起英語版作用、およびパニック障害との間に相関を示している[20][21][22]。不安患者は高いカフェインへの感度を有する[23][24][25][26][27]

治療[編集]

心理療法[編集]

認知行動療法(CBT)は、とりわけパニック障害や社交不安障害といった、いくつかの不安障害に対して高い有効性があることを、研究は示している[28]

医薬品[編集]

医薬品では、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)が一般的に一次薬として推奨され、SNRIもまた有効であるが、離脱と有害事象が生じる可能性がある[要出典]ノルトリプチリンは毒性代謝物に起因して再発率の高さに結びついている。ベンゾジアゼピン系は、時には、短期間あるいは必要に応じて使用される。これらは通常、認知障害と依存症離脱の危険性といった不利益が理由で二次治療である。[29]

カフェインの除去[編集]

一部の人では、カフェインを中止することで不安は大きく緩和できる[30]。不安はカフェインの離脱の間、一時的に増加する[31][32][33]

代替医療[編集]

週間的な有酸素運動[34]やカフェインの減量[35]はよく不安の治療に用いられる。ヨガが有効かもしれないという試験的な証拠が存在する[36]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ David Healy, Psychiatric Drugs Explained, Section 5: Management of Anxiety, Elsevier Health Sciences, 2008, pp. 136–137
  2. ^ Psychiatry, Michael Gelder, Richard Mayou, John Geddes 3rd ed. Oxford; New York: Oxford University Press, c 2005
  3. ^ Phil Barker (7 October 2003). Psychiatric and mental health nursing: the craft of caring. London: Arnold. ISBN 978-0-340-81026-2. http://books.google.com/books?id=6qdoQgAACAAJ 2010年12月17日閲覧。. 
  4. ^ Zung WW (1971). “A rating instrument for anxiety disorders”. Psychosomatics 12 (6): 371–379. doi:10.1016/S0033-3182(71)71479-0. PMID 5172928. 
  5. ^ a b 貝谷久宜「知っているようで知らない疾患のトリセツ:パニック障害」、『Credentials』第27号2010年12月、 p.p.14-15。
  6. ^ 貝谷久宣 不安障害
  7. ^ Varcarolis. E (2010). Manual of Psychiatric Nursing Care Planning: Assessment Guides, Diagnoses and Psychopharmacology. 4th ed. New York: Saunders Elsevier. p 109.
  8. ^ Lydiard RB (2003). “The role of GABA in anxiety disorders”. J Clin Psychiatry 64 (Suppl 3): 21–27. PMID 12662130. 
  9. ^ Nemeroff CB (2003). “The role of GABA in the pathophysiology and treatment of anxiety disorders”. Psychopharmacol Bull 37 (4): 133–146. PMID 15131523. 
  10. ^ Enna SJ (1984). “Role of gamma-aminobutyric acid in anxiety”. Psychopathology 17 (Suppl 1): 15–24. doi:10.1159/000284073. PMID 6143341. 
  11. ^ Dunlop BW, Davis PG (2008). “Combination treatment with benzodiazepines and SSRIs for comorbid anxiety and depression: a review”. Prim Care Companion J Clin Psychiatry 10 (3): 222–228. doi:10.4088/PCC.v10n0307. PMC 2446479. PMID 18615162. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2446479. 
  12. ^ Bhagwagar Z, Wylezinska M, Taylor M, Jezzard P, Matthews PM, Cowen PJ (2004). “Increased brain GABA concentrations following acute administration of a selective serotonin reuptake inhibitor”. Am J Psychiatry 161 (2): 368–370. doi:10.1176/appi.ajp.161.2.368. PMID 14754790. http://ajp.psychiatryonline.org/cgi/content/full/161/2/368. 
  13. ^ Evans, Katie; Sullivan, Michael J. (1 March 2001). Dual Diagnosis: Counseling the Mentally Ill Substance Abuser (2nd ed.). Guilford Press. pp. 75–76. ISBN 978-1-57230-446-8. http://books.google.com/?id=lvUzR0obihEC. 
  14. ^ Lindsay, S.J.E.; Powell, Graham E., eds (28 July 1998). The Handbook of Clinical Adult Psychology (2nd ed.). Routledge. pp. 152–153. ISBN 978-0-415-07215-1. http://books.google.com/?id=a6A9AAAAIAAJ&pg=PA380. 
  15. ^ Johnson, Bankole A. (2011). Addiction medicine : science and practic. New York: Springer. pp. 301–303. ISBN 978-1-4419-0337-2. http://books.google.co.uk/books?id=zvbr4Zn9S9MC&pg=PA342. 
  16. ^ Cohen SI (February 1995). “Alcohol and benzodiazepines generate anxiety, panic and phobias”. J R Soc Med 88 (2): 73–77. PMC 1295099. PMID 7769598. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1295099. 
  17. ^ Morrow LA et al. (2000). “Increased incidence of anxiety and depressive disorders in persons with organic solvent exposure”. Psychosomat Med 62 (6): 746–750. PMID 11138992. http://www.psychosomaticmedicine.org/cgi/content/full/62/6/746. 
  18. ^ Scott, Trudy (2011). The Antianxiety Food Solution: How the Foods You Eat Can Help You Calm Your Anxious Mind, Improve Your Mood, and End Cravings. New Harbinger Publications. p. 59. ISBN 1572249269. http://books.google.com/?id=WTpZzTruKMgC&pg=PA59&lpg=PA59&dq=Caffeine+can+cause+anxiety#v=onepage&q=Caffeine%20can%20cause%20anxiety&f=false 2012年10月7日閲覧。. 
  19. ^ Winston AP (2005). “Neuropsychiatric effects of caffeine”. Advances in Psychiatric Treatment 11 (6): 432–439. doi:10.1192/apt.11.6.432. 
  20. ^ Hughes RN (June 1996). “Drugs Which Induce Anxiety: Caffeine”. New Zealand Journal of Psychology 25 (1): 36–42. doi:10.1016/S0278-6915(02)00096-0. PMID 12204388. http://www.psychology.org.nz/cms_show_download.php?id=766. 
  21. ^ Vilarim MM, Rocha Araujo DM, Nardi AE (August 2011). “Caffeine challenge test and panic disorder: a systematic literature review”. Expert Rev Neurother 11 (8): 1185–95. doi:10.1586/ern.11.83. PMID 21797659. 
  22. ^ Vilarim, Marina Machado; Rocha Araujo, Daniele Marano; Nardi, Antonio Egidio (2011). “Caffeine challenge test and panic disorder: A systematic literature review”. Expert Review of Neurotherapeutics 11 (8): 1185–95. doi:10.1586/ern.11.83. PMID 21797659. 
  23. ^ Lee, Myung Ae; Cameron, Oliver G.; Greden, John F. (1985). “Anxiety and caffeine consumption in people with anxiety disorders”. Psychiatry Research 15 (3): 211–7. doi:10.1016/0165-1781(85)90078-2. PMID 3862156. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/0165178185900782. 
  24. ^ Lee MA, Flegel P, Greden JF, Cameron OG (May 1988). “Anxiogenic effects of caffeine on panic and depressed patients”. The American Journal of Psychiatry 145 (5): 632–5. PMID 3358468. 
  25. ^ Bruce, Malcolm; Scott, N; Shine, P; Lader, M (1992). “Anxiogenic Effects of Caffeine in Patients with Anxiety Disorders”. Archives of General Psychiatry 49 (11): 867–9. doi:10.1001/archpsyc.1992.01820110031004. PMID 1444724. http://archpsyc.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=495937. 
  26. ^ Nardi, Antonio E.; Lopes, Fabiana L.; Valença, Alexandre M.; Freire, Rafael C.; Veras, André B.; De-Melo-Neto, Valfrido L.; Nascimento, Isabella; King, Anna Lucia et al. (2007). “Caffeine challenge test in panic disorder and depression with panic attacks”. Comprehensive Psychiatry 48 (3): 257–63. doi:10.1016/j.comppsych.2006.12.001. PMID 17445520. 
  27. ^ Nutt, David J; Rogers, Peter J; Hohoff, Christa; Heatherley, Susan V; Mullings, Emma L; Maxfield, Peter J; Evershed, Richard P; Deckert, Jürgen (August 2010). “Association of the Anxiogenic and Alerting Effects of Caffeine with ADORA2A and ADORA1 Polymorphisms and Habitual Level of Caffeine Consumption”. Neuropsychopharmacology 35 (9): 1973–1983. doi:10.1038/npp.2010.71. PMC 3055635. PMID 20520601. http://www.nature.com/npp/journal/v35/n9/full/npp201071a.html. 
  28. ^ Jonathan R. T. Davidson, MD; Edna B. Foa, PhD; et al. Fluoxetine, Comprehensive Cognitive Behavioral Therapy, and Placebo in Generalized Social Phobia 1998. Retrieved March 1, 2006.
  29. ^ Stein, Dan J (16 February 2004). Clinical Manual of Anxiety Disorders (1st ed.). USA: American Psychiatric Press Inc. p. 7. ISBN 978-1-58562-076-0. http://books.google.com/?id=44reFIgFDBMC. 
  30. ^ Bruce, M. S.; Lader, M. (February 2009). “Caffeine abstention in the management of anxiety disorders”. Psychological Medicine 19 (01): 211. doi:10.1017/S003329170001117X. PMID 2727208. 
  31. ^ Prasad, Chandan (2005). Nutritional Neuroscience. CRC Press. p. 351. ISBN 0415315999. http://books.google.com/?id=mUCx9kec_3sC&pg=PA351&lpg=PA351&dq=Anxiety+increases+caffeine+withdrawal#v=onepage&q=Anxiety%20increases%20caffeine%20withdrawal&f=false 2012年10月7日閲覧。. 
  32. ^ Nehlig, Astrid (2004). Coffee, Tea, Chocolate, and the Brain. CRC Press. p. 136. ISBN 0415306914. http://books.google.com/?id=r_XsYYsmF68C&pg=PA136&lpg=PA136&dq=Anxiety+increases+caffeine+withdrawal#v=onepage&q=Anxiety%20increases%20caffeine%20withdrawal&f=false 2012年10月7日閲覧。. 
  33. ^ Juliano LM, Griffiths RR (2004). “A critical review of caffeine withdrawal: empirical validation of symptoms and signs, incidence, severity, and associated features”. Psychopharmacology (Berl.) 176 (1): 1–29. doi:10.1007/s00213-004-2000-x. PMID 15448977. http://neuroscience.jhu.edu/griffiths%20papers/CaffwdReview.2004.pdf. 
  34. ^ Herring P, O’Connor P, Dishman R (22 February 2010). “The Effect of Exercise Training on Anxiety Symptoms Among Patients”. Archives of Internal Medicine (American Medical Association) 170 (4): 321–331. doi:10.1001/archinternmed.2009.530. PMID 20177034. オリジナルの23 June 2010時点によるアーカイブ。. http://archinte.ama-assn.org/cgi/content/full/170/4/321 2010年6月14日閲覧。. 
  35. ^ American Psychiatric Association. (1994). Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders (4th ed.). American Psychiatric Association. ISBN 0-89042-062-9. 
  36. ^ Li, AW; Goldsmith, CA (2012 Mar). “The effects of yoga on anxiety and stress”. Alternative medicine review : a journal of clinical therapeutic 17 (1): 21–35. PMID 22502620. 

外部リンク[編集]