言語障害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

言語障害(げんごしょうがい)とは、言語の適切な理解表現が困難な病態(状態)を言う。

概要[編集]

言語障害には、「音声機能の障害」と「言語機能の障害」とがある。

音声機能の障害[編集]

音声や構音(発音)、話し方の障害のことである。

  • 構音障害(機能性、器質性、運動障害性、聴覚性)
  • 吃音症(話し方の流暢性とリズムの障害)
  • 痙攣性発声障害(局所性ジストニア
  • 速話症、乱雑言語症、早口言語症(Cluttering)等がある。早口言語症は、聴覚フィードバック系の機能不全であることが解っている。
  • また、脳性麻痺聴覚障害、口蓋裂、喉頭摘出、舌切除等によっても音声障害が生じる。

言語機能の障害[編集]

ことばの理解や表現の障害である。

  • 失語症・高次脳機能障害
  • 言語発達障害などがある。

なお、言語発達障害には、特異的言語発達遅滞のほか、LDとの重なり、知的障害自閉症スペクトラム広汎性発達障害を含む)等に伴う場合がある。

治療法[編集]

言語障害に対するリハビリテーションは、医療機関等で言語聴覚士によって行われている。幼児、児童、生徒に対しては、幼児療育施設や、小学校中学校の言語障害通級指導教室、特別支援学級(言語障害学級)での言語指導が、言語聴覚士のほか、保育士教員等によっても行われている。

外部リンク[編集]