べてるの家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

べてるの家英語:Bethel's house)は、1984年に設立された北海道浦河町にある精神障害等をかかえた当事者の地域活動拠点で、社会福祉法人浦河べてるの家(2002年法人化-小規模授産施設2箇所、共同住居12箇所、グループホーム3箇所を運営)、有限会社福祉ショップべてるなどの活動の総体である。そこで暮らす当事者達にとっては、生活共同体、働く場としての共同体、ケアの共同体という3つの性格を有している。

概要[編集]

元々は1978年浦河赤十字病院の精神科を利用する統合失調症等をかかえた、当事者達による回復者クラブ「どんぐりの会」の活動が端緒となっており、浦河教会の旧会堂で一緒に生活をしながら共に日高昆布の産地直送などの起業を通じた、社会進出を目指すということで誕生した。

北海道日高地方特産の日高昆布通販から始め、海産物、農産物の通販などいろいろな事業を起こしている。現在では、二つの授産施設も持っている。病気が重くなったり、生活や活動に支障が出てくることを、ここではごく普通のこととして捉える。それが当たり前、普通であって、驚いたり、嫌がったりしない。あるがままをそのまま受け入れてしまう、そんな生き方が「べてる流」としてケアに関係する人たちから注目を浴びている。べてるの住民たちは全国各地で講演活動もしている。その模様を撮影したビデオ(「べてるの家の当事者研究」など)も販売し、これも彼らの自立生活を経済的に支えている。

毎年、「べてるまつり」と呼ばれる催しが浦河で開催されており、「幻覚妄想大会」などユニークな企画が行われている。近年のべてるまつりには、佐藤初女香山リカ武田鉄矢がゲストで参加している。また、筑紫哲也上野千鶴子田口ランディ三好春樹大澤真幸鷲田清一なども過去にべてるを訪れている。 べてるの家の特徴ある取り組みとしては「当事者研究」が有名で、当事者の社会参加を支える充実した支援プログラム、投薬の量が全国平均の3分の1、病床数の削減など、先進的な取り組みがなされており、世界中から毎年3500人以上の研究者・見学者が訪れる。厚生労働省および国立精神・神経センターから、三鷹の巣立ち会、大阪のさわ病院等と共に、日本の精神保健におけるベストプラクティスのひとつに選ばれている。

設立[編集]

1984年4月1日

名前の由来[編集]

「べてる(Bethel)」は旧約聖書・創世記に出てくる地名で、「神の家」という意味。 「べてる」は、旧約聖書創世記28章10-22節に記述されている物語、アブラハムの子イサクの子ヤコブが天に達する階段の夢を見て神の祝福を受けた土地に命名した「ベテル」(bethel)、すなわち「神(エル)の家(ベート)」に由来している部分がある。

ドイツに古くから障害を持った人々が受け入れられ、暮らしている同名の街(ドイツ名: ベーテル)があり、第二次世界大戦中、ナチスが「優れた人間のみが生きる権利がある」との思想から、障害者を抹殺しようとした時、住民が「彼ら・彼女らを連れて行くのならば、私たちも連れて行け」と、命懸けで抵抗した。1984年、浦河教会の牧師だった宮島利光がこのドイツのエピソードをもとに、「べてるの家」と命名。

べてるの家の当事者研究[編集]

「三度の飯より会議」を合い言葉にしており、ことあるごとにメンバー同士で集まり病気や共同生活の事について会議をしている。特に当事者研究が盛んで、自分の病気にオリジナルの病名をつけて毎日の経過をまとめ、報告するのが定例化している。例えば統合失調症の場合、幻聴(何者かの声で自分の悪口を言ったり行動を指摘するもの)が症状として現れるが、この幻聴の声の主を「幻聴さん」と呼び、尊重する事で、幻聴の内容が改善したなどの報告がなされている。

ビデオ[編集]

  • 「ベリーオーディナリーピープル ~とても普通の人々~」(全7巻) - 四宮鉄男監督
  • 「精神分裂病を生きる」(全10巻) - 四宮鉄男監督
  • 「べてるの家の当事者研究」(全10巻)

DVD[編集]

  • 「認知行動療法、べてる式。」 - 森田惠子監督
  • 「退院支援、べてる式。」 - 森田惠子監督
  • 「べてるの家の服薬アドヒアランス」
  • Bethel: Community and Schizophrenia in Northern Japan. Directed by Karen Nakamura. 2009. Distributed by Amazon.com.
  • 「Re:ベリーオーディナリーピープル2010その1祈り」(中島映像教材出版)
  • 「Re:ベリーオーディナリーピープル2010その2地域連携」(中島映像教材出版)
  • 「Re:ベリーオーディナリーピープル2012〜佐々木さんと岡本さん」(中島映像教材出版)

関連事項[編集]

文献[編集]

  • 浦河べてるの家『べてるの家の「非」援助論 そのままでいいと思えるための25章』医学書院 2002年 
  • 斎藤道雄『悩む力 べてるの家の人びと』みすず書房 2002年
  • 四宮鉄男『とても普通の人たち ベリーオーディナリーピープル~浦河べてるの家から』北海道新聞社 2002年
  • 横川和夫『降りていく生き方 「べてるの家」が歩む、もうひとつの道』太郎次郎社 2003年
  • 浦河べてるの家『べてるの家の「当事者研究」』医学書院 2005年
  • 向谷地生良『「べてるの家」から吹く風』いのちのことば社 2006年
  • すずきゆうこ『べてるの家はいつもぱぴぷぺぽ』McMedian 2006年
  • 向谷地生良『安心して絶望できる人生』NHK出版 2006年
  • 伊藤絵美,向谷地生良『認知行動療法、べてる式。』医学書院 2007年
  • 向谷地生良『べてるな人々 第1集』一麦社 2008年
  • 川村敏明,向谷地生良『退院支援、べてる式。』医学書院 2008年
  • 向谷地生良『統合失調症を持つ人への援助論』金剛出版 2008年
  • 辻信一、向谷地生良『ゆるゆるスローなべてるの家 ~ぬけます、おります、なまけます~』大月書店 2009年
  • べてるしあわせ研究所『レッツ!当事者研究 1』コンボ 2009年
  • 向谷地生良『技法以前』医学書院 2009年
  • 斎藤道雄『治りませんように-べてるの家のいま』みすず書房 2010年

外部リンク[編集]