知的障害者福祉法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
知的障害者福祉法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 なし
法令番号 昭和35年法律第37号
効力 現行法
種類 社会保障法
主な内容 知的障害者の福祉について
条文リンク 総務省法令データ提供システム
テンプレートを表示

知的障害者福祉法(ちてきしょうがいしゃふくしほう、昭和35年3月31日法律第37号)は、知的障害者福祉を図るための日本の法律である。社会福祉六法の1つ。1960年3月31日に公布され、同年4月1日に施行された。

この法律の目的は「知的障害者の自立と社会経済活動への参加を促進するため、知的障害者を援助するとともに必要な保護を行い、もつて知的障害者の福祉を図ること」(第1条)とされている。

当初の名称は精神薄弱者福祉法だったが、1999年4月施行の精神薄弱の用語の整理のための関係法律の一部を改正する法律平成10年9月28日法律第110号)により改められた。

構成[編集]

資格[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]