ディスレクシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ディスレクシア英語: Dyslexiaディスレキシアとも)は、学習障害の一種である。失読症難読症識字障害(特異的)読字障害読み書き障害とも訳される[1][2][3][4]1884年ドイツの眼科医ルドルフ・ベルリンによって報告され命名された[5]

概要[編集]

学習障害の一種で、知的能力及び一般的な理解能力などに特に異常がないにもかかわらず、文字の読み書き学習に著しい困難を抱える障害である。顕著な例では数字の「7」と「seven」を同一のものとして理解が出来なかったり、文字がひっくり返って記憶されたりして正確に覚えられない、など様々な例がある。アメリカでは2割近くの人々が何らかの形で読字障害に関わる症状を持つという調査結果もある[6][7][8][9]

最新の研究によって、ディスレクシアの人は、での情報処理の仕方が一般の人と異なることが明らかになってきている。一般の人は脳内の情報を統合する領域で文字を自動処理しているが、ディスレクシアの人々はこの文字処理がスムーズに行えず、通常とは違う脳の働きをしているという。人類が文字を使い始めたのは5千年ほど前からといわれ、脳には文字の読み書きを行う中枢領域は存在せず、他の代替機能を使って文字の読み書きをしている。ディスレクシアの人々は通常の人々とは異なる脳の領域を使っており、そのためスムーズな文字の読み書きが行えないと考えられている[10][11][12]

識字プロセスには、文字や単語を構成する音に結びつけて分析する「音韻的処理」(平仮名片仮名アルファベットなど主に表音文字)から、単語、文章そのものからダイレクトに意味を理解する「正字法的処理」(漢字のような表意文字も含む)までいくつかの段階がある。ディスレクシアはそれら様々な段階での症例が報告されており[13][14][15][16]、例えば2つの文字の違いがわからない、文字や単語の理解まで非常に時間がかかる、文字の並びが歪んで見える、文字自体が二重に見えるなど様々である。読むことはできるが書くことはできない(「薔薇」は「バラ」と、「憂鬱・憂欝」は「ゆううつ」と読むことができるが書けないことなど)は、一般的な言語学習段階上の経験として覚えのある向きもあろう。ただ、これを学習障害の一種とするかは、日本語においては見解が分かれている。

現在は特に英語圏で問題とされており、アメリカ合衆国では人口のおよそ1割の人が何らかの程度でディスレクシアを抱えているとも言われる[17]。ディスレクシアは言語によっても現れ方が異なることが示唆されており、イタリア語など(文字がほぼ発音通りに綴られる)では英語やフランス語(綴りと発音の間に複雑な関係がある)より顕在化しにくい可能性が指摘されている[18]。また日本語におけるディスレクシアの多くは、このような音韻に関係したディスレクシアとは異なるタイプとの見方もある[19][20]。海外留学中の人が初めてディスレクシアと診断されたなどの例[17][21][22]もあり、英語教育の普及などによりこれから顕在化してくる可能性もある。現在のところ、日本ではディスレクシアに関わる研究があまり進んでおらず、社会的な実態調査や実情の把握自体がなされていない状況であり、成人のディスレクシアの判定法も確立されていない[23]。しかし近年、日本においては南雲明彦[24]、藤堂栄子[25]のように自身がディスレクシアであると公言し、ディスレクシアによって社会的に不当な扱いを受けている人々を、積極的に支援しようとする動きをみせている人々も多い[26]

この障害を有する人で、大学などの通常の高等教育を受けている場合も少なくない。それどころか、気づかないままですばらしい業績をあげる人もいる[27]。しかし、現代の高等教育はそのほとんどが文字媒体により情報を交換する手段に頼っているので、制約が著しいことは否めない。現在では先端技術の開発により、論文もテキストファイルであれば読み上げたり、読みやすいフォントに変更して読み取ることができるようになっている。また、書くことに関してはパソコンなどの活用により格段に表現がしやすくなっている。大学入試センター試験も2011年度からは、発達障害を有する人に対して試験時間の延長などの配慮が出来るようになる。他人に顕著ではないこれらの症例であるために、社会的に思わぬ差別や蔑視、阻害を受けることも少なくない。そのため、彼らの権利を擁護する団体が国内、国外問わず活動している。[28][29]

この障害は家族性の場合もあり、遺伝性と考えられる[30][31]。たとえば親が症状をもつ場合、子どもの23~65%に同様の症状が認められるとの報告がある[32]スウェーデン国王カール16世グスタフはディスレクシアであったが、その長女のヴィクトリア王女や、長男のカール・フィリップ王子も同様の障害であった(国王及びその子女がディスレクシアを抱えていることについては、1997年にシルヴィア王妃がテレビ番組のインタビューの中で正式に認めている)。作家のジョン・アーヴィングや金融家のチャールズ・シュワブ英語版[33]NPO法人エッジ[28]の藤堂栄子[34]は、子どもがディスレクシアと診断されてから、自らもそうであることが判明した。

対策[編集]

これらの障害を抱えた人々をサポートするために、文字そのものを音声化して理解させる工夫が行われている[35]。例えば、コンピューター上の画面でテキスト(文字)を人工音声で読み上げさせることは簡単にできる(Text to Speech, TTS)。その際、読み上げさせるソフトによっては、読み上げ箇所を反転表示できるため、読み補助としても効果がある。教科書バリアフリー法や著作権法の改正により、デジタル化された教科書をそのまま読み上げさせることも可能になっている。


ディスレクシアの有名人[編集]

学校において筆記テストの成績が散々だと、怠けていたり、知的な能力全般が低かったりと思われがちである。以下では、読み書きの能力は低くても、違った才能を持っていた偉人たちを紹介する。

人気ハリウッドスターであるトム・クルーズが自ら『自分はディスレクシアだ。』と公表した事によって、この障害の知名度が高まったと言える。

オーランド・ブルームは幼少期にディスレクシアで悩まされたが、聖書の朗読などで、現在では改善されつつある[36]。また、キーラ・ナイトレイは、録音読書で学習したり、色付き眼鏡をかけて文章の文字が混じって見えないように工夫して読書している。

古生物学者のジャック・ホーナーもディスレクシアの一人とされる[17]。恐竜が鳥類に近い生き物であったことを証明し、映画『ジュラシック・パーク』の恐竜博士のモデルともなったジャック・ホーナーの読み書き能力は小学3年生程度であり、普段は文書を一度コンピューターに打ち込み、読み上げソフトを使用して聞き取る形で読んでいる。

その『ジュラシック・パーク』の監督、スティーブン・スピルバーグも、自身がディスレクシアの診断を受けたことを告白している。実際に読字障害のため、学校卒業が2年遅れ、いじめ体験や学校に行く事が苦痛だったと語っている。現在でも脚本などを読むのは人の2倍、時間を要するとのこと[37]

トーマス・エジソン[38]レオナルド・ダ・ヴィンチ[39]アルベルト・アインシュタイン[40]ジョージ・パットン[41]も、ディスレクシアだったとされている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 藤堂 2009, p. 26
  2. ^ 宇野 et al. 2006, p. 1
  3. ^ 特異的発達障害の臨床診断と治療指針作成に関する研究チーム 2010, §1.B.
  4. ^ Hornsby 1995, 推薦のことば
  5. ^ シェイウィッツ 2006, §2
  6. ^ シェイウィッツ 2006, p. 37
  7. ^ 全米教育進行状況調査(アメリカ)では、経年的にリーディングのテストを実施している。2012年の調査によると、5段階で下から2番目のレベル200に達しない9歳が2~3割、下から3番目のレベル250に達しない13歳が3割程度おり、その割合はほとんど変わっていない。また、人種や性による違いは減少傾向にあるという。http://nces.ed.gov/nationsreportcard/subject/publications/main2012/pdf/2013456.pdf
  8. ^ 全米研究評議会が1998年に出版した『Preventing Reading Difficulties in Young Children』には、リーディングの困難はどの程度いるのか?どのように定義すればよいのか?について、様々な議論が紹介されている。http://www.nap.edu/openbook.php?record_id=6023&page=87
  9. ^ Hornsby 1995, pp. 8-9
  10. ^ シェイウィッツ 2006, §6
  11. ^ 特異的発達障害の臨床診断と治療指針作成に関する研究チーム 2010, §1.C.1. §1.C.3.
  12. ^ Hornsby 1995, §9
  13. ^ シェイウィッツ 2006, §4-6
  14. ^ 藤堂 2009, §1
  15. ^ 宇野 et al. 2006, p. 1
  16. ^ Kita, Yosuke; Yamamoto, Hisako; Oba, Kentaro; Terasawa, Yuri; Moriguchi, Yoshiya; Uchiyama, Hitoshi; Seki, Ayumi; Koeda, Tatsuya et al. (2013), “Altered brain activity for phonological manipulation in dyslexic Japanese children”, Brain first published online, doi:10.1093/brain/awt248 
  17. ^ a b c NHKスペシャル「病の起源 第4集 読字障害~文字が生んだ病~」
  18. ^ 特異的発達障害の臨床診断と治療指針作成に関する研究チーム 2010, §1.D.1.
  19. ^ 宇野 et al. 2006, p. 1
  20. ^ 『読みのアセスメント・指導パッケージ : 多層指導モデルMIM つまずきのある読みを流暢な読みへ』 Gakken、2010年、18-19頁。OCLC 836379196
  21. ^ 藤堂 2009, p. 10
  22. ^ http://dxnahibi.com/ 映画 DXな日々 美んちゃんの場合
  23. ^ 宇野 et al. 2006, pp. 1-2
  24. ^ 小菅宏 『僕は、字が読めない。 読字障害(ディスレクシア)と戦いつづけた南雲明彦の24年』 集英社インターナショナル、2009年ISBN 9784797671933OCLC 435377980
  25. ^ 藤堂 2009, p. 94
  26. ^ 品川 2003
  27. ^ 例えば、ピュリツァー賞受賞の詩人フィリップ・シュルツは『私のディスレクシア』(東京書籍)の中で息子の診断を機に、58歳になって初めてディスレクシアと知ったと述懐している。少年時代に、文字を読むことに苦労し、母親を除いてひとりの理解者もなく、学校の教師 や同級生たちには疎外感をもち続けてきたという。
  28. ^ a b NPO法人エッジ ディスレクシアの正しい認識の普及と認定・教育的支援を行うNPO。http://www.npo-edge.jp/
  29. ^ International Dyslexia Association (IDA) ディスレクシアとその家族、支援者のための団体。http://www.interdys.org/
  30. ^ 特異的発達障害の臨床診断と治療指針作成に関する研究チーム 2010, §1.C.2.
  31. ^ Hornsby 1995, p. 11
  32. ^ Shaywitz SE, et al. 大石敬子訳 (2008), “読みの科学とディスレクシア”, LD研究 17: 218-230 
  33. ^ シェイウィッツ 2006, p. 115
  34. ^ 藤堂 2009, p. 133
  35. ^ [デイジー(Digital Accessible Information System:DAISY)は、普通の印刷物を読むことが困難な人々のためのアクセシブルな情報システムであり、DAISYコンソーシアムにより開発と維持が行なわれている。視覚障害者、ディスレクシア、学習障害者、知的障害者、精神障害者にとって有効であることが国際的に認められている。 http://www.dinf.ne.jp/doc/daisy/]
  36. ^ オーランド・ブルームは、ロックフェラー大学で行われた『The 6th Annual Adam Jeffery Katz Memorial Lecture Series 』という学習障害を一般人に認知させるプログラムに参加し、学校の授業についていくのが困難だった幼少期について語った。2010年6月2日。この発言はYouTubeで視聴可能。「Orlando Bloom offers advice to kids who have dyslexia」。http://www.youtube.com/watch?v=WDBVsghh4z0&feature=player_embedded
  37. ^ シネマトゥデイ「スピルバーグ、学習障害を告白 診断は5年前・・・子ども時代は理解がなく、いじめも」(2012年9月26日)2012年10月4日閲覧)
  38. ^ Hornsby 1995, p. 5
  39. ^ Hornsby 1995, p. 5
  40. ^ Hornsby 1995, p. 5
  41. ^ Hornsby 1995, p. 7

参考文献[編集]

  • 特異的発達障害の臨床診断と治療指針作成に関する研究チーム、稲垣真澄編、 『特異的発達障害 診断・治療のための実践ガイドライン-わかりやすい診断手順と支援の実際-』、特異的発達障害の臨床診断と治療指針作成に関する研究チーム 診断と治療社、2010年ISBN 9784787817815OCLC 744114060 
  • 宇野彰; 春原則子; 金子真人; Wydell,Taeko N 『小学生の読み書きスクリーニング検査-発達性読み書き障害(発達性dyslexia)検出のために-』 インテルナ出版、2006年ISBN 4900637252OCLC 676539266 
  • 品川裕香 『怠けてなんかない! ディスレクシア~読む書く記憶するのが困難なLDの子どもたち』 岩﨑書店2003年ISBN 978-4265801268 
  • シェイウィッツ,サリー; 藤田あきよ訳 『読み書き障害〈ディスレクシア〉のすべて 頭はいいのに、本が読めない』 PHP研究所2006年ISBN 4569648592OCLC 76918088 
  • 藤堂栄子 『ディスレクシアでも大丈夫!』 ぶどう社、2009年ISBN 4892401992OCLC 675875984 
  • Hornsby,Beve; 苧阪直行・苧阪満里子・藤原久子訳 『読み書き障害の克服 ディスレクシア入門』 協同医書出版社、1995年ISBN 476394004XOCLC 673515121 

関連文献[編集]

  • 上野一彦 『LD(学習障害)とディスレクシア(読み書き障害)-子供たちの「学び」と「個性」』 講談社〈講談社+α新書〉、2006年ISBN 406272412XOCLC 675079554 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]