ライオネル・ローグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ライオネル・ローグ(Lionel Logue, 1880年2月26日 - 1953年4月12日)は、オーストラリア出身でイギリスで活動した言語療法士。演劇俳優。

ライオネル・ローグ、1930年頃
婚約時のローグ夫妻、1906年

経歴[編集]

オーストラリア南オーストラリア州アデレード1880年2月26日に4人兄弟の長男として生まれた。祖父のエドワード・ローグはダブリン出身で、醸造業を起こしていた。プリンス・アルフレッド・カレッジ英語版に入学、ヘンリー・ワーズワース・ロングフェローの詩に出会い、言葉の持つリズムや音声に興味を持つ。また、雄弁術を学ぶ。アデレード大学では音楽を学ぶ。その後、パースで演劇活動を行う。

第一次世界大戦後、戦争神経症を患い帰還した兵士をみて、雄弁術を活用した患者の言語障害治療を始める。

1924年、妻と3人の子供を連れてイギリスに移住、サウスケンジントン英語版で言語セラピーを開業。

1925年大英帝国博覧会英語版におけるヨーク公アルバート王子(後のジョージ6世)の吃音混じりのスピーチをラジオで聴き、ヨーク公の治療依頼を受けて、1926年に治療を開始。当時、言語療法は胡散臭い民間療法と思われていたが、後にはジョージ6世の戴冠式には妻とともに貴賓席に招待されるほど両者は親密となった。

ローグの吃音治療は成功し、1939年9月、国王は対独宣戦布告時のラジオ演説(イギリスならびに海外領土、イギリス連邦諸国への生放送)を吃らずに成し遂げた。

国王の吃音の治癒とともにローグの収入は減ったが、ロイヤル・ヴィクトリア勲章を授与されるなどその親交は続いた。ローグは、ジョージ6世国王が1952年2月6日に崩御した約1年後の1953年4月12日ロンドンで死去した。4月17日の彼の葬儀には、ジョージ6世の長女であるエリザベス2世女王、ジョージ6世の王妃であったエリザベス皇太后から勅使が遣わされた。

関連項目[編集]

出典[編集]

本記事は、英語版Wikipediaの記事 en:Lionel Logue を抄訳しています。出典は当該記事に記載されています。

参考[編集]

「ジョージ6世の親友」(NHK 2011年7月)
マーク・ローグ、ピーター・コンラディ「英国王のスピーチ――王室を救った男の記録」安達まみ・訳/岩波書店・2012 ISBN 9784000222877 ※ローグの孫による伝記