膣痙攣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

膣痙攣(ちつけいれん)は、女性のに起こる突発的な痙攣により、膣口が不随意に引き締まる状態の事を言う。正確な医学用語ではなく、症状としての「盲腸」のように、一般用語として巷間に流布している。

性交の際に、膣に陰茎を挿入しようとすると、不随意反射的に膣口の括約筋を強く締めてしまうため、挿入が困難か、あるいは挿入に強い痛みを伴う症状である。また、まれに挿入中に陰茎が抜去不能となる事があるとされる。

性的な意味または医療上の指の挿入や、月経の際のタンポンの挿入まで困難になる事もある。

医学用語としては「膣痙: vaginism: vaginismus)」がそれに当たり、症状自体は都市伝説ではない。(後述)

「症例」の概要[編集]

この症状の特徴は、突然の外発的な刺激や、精神的な動揺により女性の膣が不随意な収縮を起こす点にある。性交の際に起きると挿入不可、或いは挿入した男性の性器が抜けなくなるという。

"Vaginism"(膣痙)とは性交時に膣周辺の筋肉が引きつって痛みを発し、うまく行為が行えない状態をいう。ペニスを離れなくなるような痙攣ではない。膣の収縮に関係する筋肉は直接的に作用するものはない。たとえば膣括約筋と言うようなものはない。骨盤腔を形成する外・内閉鎖筋、恥骨筋とか、周辺の殿筋や大腿関連の筋肉、それと外肛門括約筋、肛門挙筋などが協働して膣内圧を作っている。膣入り口には球海綿体筋というのがあるが、これはきわめてか細い筋肉だ。とても人力が及ばないような力は発揮しようがない。 もし挿入した男性の性器が抜けなくなるというのような痙攣の場合、こういう会陰から骨盤内腔を形成する筋肉が皆痙攣していることになる。ある種の部分てんかんでもあったら、そういう痙攣が起こる可能性はなくはないが、一部の筋肉は神経支配も異なるため上記症状への否定的な意見もある。

医学上の症例[編集]

膣痙で陰茎が抜去不能になることは医学上起こり得る。性交前に起これば挿入不可、もしくは性交に痛みを伴う。膣痙にも軽度から重度まで段階があり、重度ともなれば括約筋や大腿筋までもが収縮・痙攣することもある。

抜去不能の際に陰茎捕捉(en:Penis captivus)の状態になる。この部分が都市伝説に近い[1]とされており、1884年の報告が悪戯であったと書かれているが、1947年、イギリスにおける手紙による報告が一例存在する。

尚、抜去不能になることはあり得るが、非常に稀である。

また、抜去不能となった症例を見たということよりも、“先輩が言っていた”“病院で昔あったらしい”など間接的な伝聞の形を取っており、実際に診察をした医師がいないことが特徴的である。この言い回しは都市伝説に顕著な前置きであり、取りも直さずその伝聞が事実に基づいていないことを端的に物語っている。[要出典]

対処方法[編集]

原因を問わず膣痙攣を起こした女性はパニックに陥っているため、先ずは膣痙攣を起こした女性を落ち着かせる必要がある。その段階を踏んだ上で膣周辺の筋肉を外側に引き伸ばすように指でマッサージを施す。また、肛門を指で広げるようにマッサージを施すと良いとされている。これは肛門が緩むと連鎖反応的に膣周辺の筋肉も緩むからである。

脚注[編集]

  1. ^ 英語版記事
[ヘルプ]

参考文献[編集]

『医学大辞典』南山堂

関連項目[編集]