チック症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チック障害
分類及び外部参照情報
ICD-10 F95
ICD-9 307.2
DiseasesDB 29465
eMedicine neuro/664
MeSH D013981
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

チック症(チックしょう)、チック障害(チックしょうがい、英語: tic disorder)とは、チック(突発的で、不規則な、体の一部の速い動きや発声を繰返す状態[1][2])が一定期間継続する障害。

分類[編集]

チック障害は以下のように分類される[1]

  • 一過性チック障害 : 運動チックおよび音声チックの両方またはいずれか一方の症状が4週間以上12カ月未満持続する障害。
  • 慢性チック障害 : 運動チックと音声チックどちらか一方の症状が12カ月以上持続し、3カ月以上持続してチックが消失することがない障害。慢性運動性チック障害、慢性音声チック障害とも。
  • トゥレット障害 : 多種類の運動チックとひとつまたはそれ以上の音声チックが1年以上にわたり続く障害。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 石崎朝世. “小児神経Q&Aコーナー Q14:チックのこと、チックの治療について教えてください。”. 日本小児神経学会. 2012年6月21日閲覧。
  2. ^ アメリカ精神医学会 (2000). DSM-IV-TR: Tourette's Disorder. Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders, 4th ed., text revision (DSM-IV-TR), ISBN 0-89042-025-4. BehaveNet.com にて閲覧可能。2012年6月21日閲覧

参考文献[編集]

  • 「チックをする子にはわけがある」大月書店、2003年

関連項目[編集]