汚言症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

汚言症(おげんしょう)とは卑猥語罵倒語(汚言、醜語、糞語、猥言、猥語)を不随意的に発する症状。コプロラリアCoprolalia)、猥褻語多用癖。複雑音声チックの一種であり、チックの身体症状と同じく、突発的かつ急なリズムで繰り返される。その内容は人によって個人差がある。

トゥレット症候群の重篤な多発性チックの症状として最も特徴的と考えられていたが、今日では決定的な診断基準ではない。むしろトゥレット症候群の中でも少数派だがあまりにも特徴的なので目に付きやすいという側面の方が強い。また、僅かながら他の疾患にもみられる。