グループセックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グループセックスとは、3人以上で行う性行為のこと。

概説[編集]

性的興奮を高めるため、或いは何らかの思想的宗教的意義の下で行なわれる。性的快楽をタブーとしない宗教や1960年代ヒッピーコミューンにおいてこのような関係が見られたが、長期的に継続することはないとされる。その理由は多々考えられるが、子供が生まれた場合に父親の同定が困難であることが挙げられる[要出典]道徳的観点の批判も存在しており、個人の主観によって大きくイメージが異なる。また、当然ながら性感染症のリスクは高まる。このような性的関係が、継続性をもって維持されることは稀有である。ただし、性風俗関連では興味をそそる対象として実態以上に喧伝される傾向にあり、実行せずとも潜在的に興味を持つ人がいることも事実である。

なお、社会規範的には正常な性生活とは認められない場合が多い。未婚の男女間でも互いを尊重し合う1対1のパートナーシップは一般的なので、グループセックスへの欲求は異常性欲と見なされる可能性がある。

種別[編集]

3P[編集]

グループセックス二人の女性と男性

1対1のパートナーにおける性行為ではなく、3人で行なう性行為のこと。3PのPは人を表すpersonに由来している。一般的には男女混合の3人で行なう性行為を指すが、行為自体は同性愛者間の場合でも成立する。

睾丸ボールに例えられることから、英語ではゴルフマッチプレーの一種に絡めて「スリーサム」とも呼称される。

主な組み合わせ
パートナーの男女(夫婦・恋人)が他人の男性(または女性)を呼んで3人で行う他、パートナーの男女が正常位で性交中に、もう1人の男性が性交中の女性フェラチオをさせる。また、男性が両刀使いの場合は性交中の男性にフェラチオをさせたり、女性と正常位で性交中の男性の肛門にもう1人の男性が男性器を挿入したりする。
男性1人に対して女性2人の場合は1人が男性の股間に騎乗位で跨り、もう1人は男性の顔面に顔面騎乗位で跨る他、男性が正常位の体勢で抱き付かせておいた女性2人の女性器に背後から代わる代わる挿入したり、密着させておいたそれらの隙間に挿入するという方法もある。 逆3Pハーレム3Pと称されることもある[要出典]
串刺し3P
女性が1人目の男性に後背位で男性器を挿入されながら、同時にもう1人の男性にフェラチオを行う。男性器を串に例え、串刺しのように見えるために付いた俗称。
二穴挿入、二穴同時、サンドイッチ・ファック、DP (Double Penetration)
1人の男性が女性の女性器に、もう1人の男性が彼女の肛門にそれぞれ男性器を挿入する。例えば、女性が騎乗位で性交中に上半身を前に倒し、背後からもう1人の男性が彼女の肛門に男性器を挿入する。
または2人の男性が一人の女性の性器に同時に挿入する場合もある。(一穴二本挿し)
性風俗における3P
業界用語では、ソープランドなどの性風俗において女性2人を相手に行う場合を「二輪車」、女性2人を並べて1人の女性にしばらく挿入した後に他方へ移って挿入、また元の女性に戻って挿入…と女性から女性へと渡る場合を「鶯の谷渡り」という。ただし、「鶯の谷渡り」とは元々、男性が口だけを使って仰向けの女性を愛撫していくことである。

4P[編集]

3人で行う性行為を3Pという場合と同様、4人で行う場合は4Pという。それに伴い、男性1人に対して女性3人など、様々な組み合わせが考えられる。同性愛者同士の単性の組み合わせでも成立する。アダルトビデオポルノ雑誌では男性3人に女性1人の組み合わせで、騎乗位中の女性に1人がフェラチオをさせながらもう1人が肛門に挿入する場合、または騎乗位や座位中の女性が残り2人の男性の性器を代わる代わるフェラチオする場合が多い。普通に男女ペアで性行為を行いながら、横のペアの性行為に干渉するような場合もある。

男女のパートナー(主に夫婦)2組が、互いのパートナーを交換して性行為を行うことを、スワッピングと云う。

男女のパートナー(主に夫婦)2組が、同室で同時にそれぞれのパートナーと性行為に耽る姿を、お互いに眺め合う場合もある。フェラチオなどの前戯は相手のパートナーに行うこともあるが、本番の性行為については自身のパートナーとのみ行い、互いにそれを見せ合うことを楽しむものであり、相互観賞と呼ばれる。

5P以上のプレイ[編集]

3Pや4Pの応用に相当するが、男性も女性も結合の維持や、絶頂までの行程がより難しくなるため、アダルトビデオではあまり用いられない。しかし、アダルトゲームではそれらの制約に縛られない上に1枚絵で済む場合が多いこともあって、男性1人に対して女性4人以上でのハーレム状態を描写する際に用いられる。

人数やシチュエーション次第では、後述の乱交パーティーに分類されることもある。

乱交[編集]

多数の異性との性行為を楽しむ。多数の異性が、絶頂を迎える前に、或いは絶頂を迎えた後に相手を入れ替えながら、性欲や精力と時間の許す限り、延々と性行為を続けていく。その最中、1人に複数の異性が集って3Pやそれ以上となる場合もありえるが、いずれの場合も参加者達は共に了解の上で、「相手にプレイの強要はしない」という合意の元に行っており、立場は対等である。

これだけを目的にホテルやマンションの一室、或いは一軒家などを借りて男女を集める場合があるが、男女間で金銭のやり取りを行なうと性風俗として扱われるため、参加費は会場使用料や飲食物代として分担する。また、男性が金銭を支払って女性達の中から1人(又は複数人)を指名して性行為を行う「大人のパーティー」や「ビデオ鑑賞会」と称されるイベントがあるが、これらの中には素人女性を装ったプロの女性が、やらせで参加していることもある。「カップル喫茶」や「ハプニングバー」などでも、乱交に近い状態になることがあるという。

違法性[編集]

同室でグループセックスになった際に相手の性行為を観賞できる乱交になると、「不特定または多数人が認識しうる状態」に該当した場合は公然わいせつ罪で摘発される可能性がある。プロフィールを確認しないままスワッピングの参加者を募り同室で4名(男2人・女2人)がグループセックスをした事例では「不特定が認識しうる状態」として摘発された事例がある。男性か参加費を負担しプロの女性に参加謝礼が払われ主宰者が利益を得ている構図の場合は管理売春として売春防止法違反で摘発される可能性がある。

ホテルでは規定人数以上の入室は違反行為として、客室に複数の人数が集まると目を光らせており、捜査機関へ情報提供されて摘発される要因となりうる。

備考[編集]

  • 乱痴気騒ぎや乱交パーティーを示す英単語に「orgy」があるが、元は古代ローマの酒神バッカスの祭り「オルギア」を指した言葉である。
  • 3人以上の男女が、フェラチオクンニリングス性交など、性器を介して様々な方法で繋がり合って1つの環の形態になることを「デイジーチェーン」と呼ぶことがあるが、本来はデイジー根茎で繋がることを語源としたコンピュータ専門用語であり、SCSI機器の連結状態などに用いられる。グループセックスにおいては「数珠繋ぎ」の方が適切であり、「雛菊輪遊び」や「雛菊鎖遊び」ともいう。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]