ペッティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ペッティング(Petting)とは、男性器女性器への挿入(性交)を除いた性行為である。日本でのペッティングは主に愛撫することを指すが、風俗店では本番行為以外のすべての性行為をペッティングと定義しているところもある。ペット進行形のingを付け加えたのが語源である。[1]

概要[編集]

10代らの間に「B」という隠語(Aはキス、Cはセックス(性交)を意味する)があったことから伺えるように、多くは、思春期から結婚前の男女間や近親姦において、妊娠性行為感染症の危険性や処女を失うことへのためらい、性交同意年齢など心理的に罪悪感や様々な抵抗があるため性交まで至らず、その前段階に留まりつつも身体的に快感を追求している状態を指す。

また、同性愛の他に異性愛でも性ホルモン(性的興奮)の分泌が少ない年代(思春期前や高齢者)同士のため、ペッティングという形態を取ることもある。

ただし、精子内に入れば妊娠する可能性がある[2]。また、ペッティングの場合は性行為感染症への可能性が性交に比べて低くなるが、オーラルセックスなどでパートナーの体液が自分の体に接触すると感染の可能性がある。

ファッションヘルスではキス(A)・ペッティング(B)は行われても、性交(C)は行われない(禁止されている)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『ペッティング』って?
  2. ^ 精子は空気に触れると死滅するが、全てがすぐに死滅することはない。また下半身は着衣のままであっても、着衣繊維の間を精子がくぐり抜け、女性器に到達することもありえる。