愛撫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

愛撫(あいぶ)とは、

概説[編集]

愛撫は、音声などの言語によらないコミュニケーション様式で[要出典]ボディランゲージの一種に分類される[要出典]、だが、ボディランゲージ一般よりも、より直接的な接触を含む[要出典]

愛でる対象は広範囲に及び、人間を含む動植物ペット、物品に対する愛好の表現とされる[要出典]

赤ちゃんを愛撫する女性(ウィリアム・アドルフ・ブーグロー画“Premières Caresses”)

触るという意味[編集]

ハリー・フレデリック・ハーロウは生まれて間もないアカゲザルの子供を母猿から引き離し、針金と授乳器から成る「手触りは悪いが、機能的な母親」モデルと、毛布が巻いてあるがミルクは出てこない「手触りがよいが、機能的ではない母親」モデルという、二つの対照的なモデルを宛がって、このアカゲザルの行動を観察した。小猿は腹が空くまで毛布を巻いた「手触りがよいが、機能的ではない母親」モデルにしがみ付き、どうしても空腹が我慢できなくなると「手触りは悪いが、機能的な母親」モデルの与えるミルクを飲んだとされる。[要出典]

この実験では、小猿は手触りのよい物を、より長く触っていたいとする欲求があると見ることができよう。これが「母親から離されたことによるショック(寂しさ)から、母親により近い暖かさを与えてくれる物にしがみ付きたかった」のか、それとも「アカゲザルは毛布が大好き」と解釈するかで意見の分かれる所である[要出典]が、「いずれにせよ触るという行為によって、安心なり幸福感(充足)を得ていたと考えられる[要出典]」と言う[誰?][いつ?]

触るという行為は、触る対象無しには成立し得ないが、触ることで対象に何かを伝えることも可能である。この原始的コミュニケーション様式では、触り方でも様々な意思伝達が可能であろう。単に触るのか、撫で回すのか、揉むのか、擦るのか、または摘んで引っ張ったり、引っ叩いたり、鷲掴みにしたり、爪を立てたりと、様々な段階によって、相手に与え得る影響が異なってくる[要出典]、という[誰?]

同じ場所を触るにせよ、やはり触り方如何でその影響は大きく異なる。を優しくなでるのと、強く握り締めた拳で小突き回すのとでは、その意味合いは正反対となる。同じ引っ叩くにしても、横を張り飛ばすのと、を叩く(スパンキング)でも、またそれが行われている状況によっても、非常に意味が違ってくる。相手にどんな感情を伝えたいかで、どこをどう触れるべきかは、自ずと変わってくる。

愛撫の様式[編集]

人間に限らず、多くの動物では、愛情を示す上で、接触による意思表現を行う物は多い。単に対象に対する愛情(好意・友好・慈しみなど)を示す行為を指す場合もあれば、性交に関連して性感を与えたり得たりといった行為も愛撫と表現される。

「特に性的興奮を求めての愛撫では、触る側・触られる側双方に性的興奮を催させるが、これは双方が同意している場合に限り有効なのであって、一方的な愛撫行為で相手が不快感を催している場合は、虐待にもなりかねない。[要出典]」という[誰?]。その一方で、人間の主観では非常に乱暴とも映る方法で愛撫する様式も、地球上の動物における生活の観察によって確認されている。「愛撫とは、双方の感情的な高まりや興奮を喚起するための儀式とも言える[要出典]」と言う者もいた[誰?]

動物同士の愛撫[編集]

動物の中には、求愛行動や繁殖行為の中で、愛撫と見られる行動を見せる物がある。相互に毛繕いしたり抱き合ったり、体を擦りつけあって愛撫し合う動物は多い。ただし大型動物間の愛撫では、非常に力が強いこともあり、動物園等に於いて飼育係を愛撫しようとした動物が、力余って飼育係を負傷させるケースも見られる。

ネコ[編集]

ネコはよくよく観察すると、実に全身を使って様々な様式の行動を見せるが、愛好対象にしばしば、全身を擦り付ける行動を見せることがある。これは耳の後ろにある腺で匂いを付けて、所有権を主張していると言われる。猫のマーキング行動にはこの他にも尿を掛けるなどの行動が見られるが、この全身を擦り付けるマーキングでは、ネコ自身がマタタビ陶酔時同様に、恍惚としながら擦り付けていることから、何らかの興奮を得ている物と推察される。中には尾まで使って絡み付く様式も見られ、この行為を通して擦り付ける対象に、何らかのアピールを行っているものと思われる。一方、ネコの繁殖活動中において、オスがメスの首筋に強く噛み付く行動を見せるが、これによってメスが交尾の体制に入る行動が観察される。これはネコの繁殖活動(性行為)に伴う、意思伝達を目的とした、一種の愛撫様式と考えられるだろう。

ボノボ[編集]

ボノボは、高度に洗練された性的な様式をもつことで知られる類人猿である。この動物は、性交を単に繁殖のためだけではなく、コミュニケーション手段としても活用することが知られているが、性行為の最中にメスがオスの睾丸を愛撫する様子が観察されている。またオス同士・メス同士で尻や性器を接触させあう・または性器を愛撫する行動様式もあり、これによって彼らの社会に於ける友好的な挨拶としている様子も観察されている。現在のところは研究の途中ではあるが、人間のそれに近しいボノボの性的な意味を持つ愛撫は、原始社会の人類に通じる物があるのかもしれないと考えられている。またチンパンジーでは挨拶(または謝罪)の一環で接吻することが知られているが、このボノボに至っては、より濃厚(フレンチキスとも形容される)な接吻をする行動も確認されており、これらも原始人間社会のありようを示唆する物ではないか?ともされている。

ブチハイエナ[編集]

ブチハイエナは群れで生活しているが、群れの中でお互いを認識し、好意的な意思を持って接する場合に、相互のペニスを舐め合う習性がある。ペニスは有性生殖を行う哺乳類では通常、オスのみにある器官であるが、ブチハイエナの場合は例外的にメスにも形状・太さ・長さ共オスと同等以上で排尿も可能なペニス状クリトリスが存在し、これを勃起させて見せ、舐め合うことで、オスメスの区別無く友好関係を築いているとされている。

人間が行う愛撫[編集]

人間が愛撫する対象は、その人間が普段触れ合っており、また愛着を示す対象である。

人間[編集]

人間は通常、言葉によって意思を疎通し合うことが可能だが、愛撫によって強く感情を伝えることができる。からへ、あるいは恋人友人に対する好意や親愛の情や、思慕・敬愛などの情念を示す際にもハグ(抱きしめる・抱擁)などの行為が行われる。

性的な意味を持たない愛撫では、頭や顔を撫でる、抱擁接吻くすぐり、手を握り合う(握手は含まない)などの行動、またスキンシップなどが挙げられる。人間同士の愛撫では、特に手が用いられ、また)が活用されるが、これらは人間にあっては、特に皮膚触覚に優れた部位である。「これはより精密に触ることで、愛撫をより的確に行う必要があるためと思われる」と言う人がいる[誰?]、が、その一方で、「より多くの「触った感じ」を得ようという考えの顕れであろう[要出典]」と言う人がいる[誰?]。特に性愛的なものでは、口を使う様式化された行為の種類も少なくない。性的な愛撫はペッティングとも呼ばれる。

ウマ[編集]

ウマは訓練次第で、よく人に慣れる動物であるが、ブラッシングによって特にコミュニケーションを図ることが可能である。ブラッシング行為を通して信頼関係を築くこともできるが、その一方でウマは非常に神経質であるため、後ろから近付いたりして脅かすと、蹴ったり噛んだりすることがある。ウマをブラッシングや触れることで愛玩する場合は、ウマが警戒心を強めなくて済むよう、顔の正面から近付くのがよいとされる。ただしウマと顔見知りでない内から不用意に近付くと、噛まれることもある。なお横から近付いても、ウマは敏感に音を聞いて、そちらの方向を向くので、小さな声でウマの注意を引いて近付くとよいとされる。乗り降りする際は、首筋や鼻面を撫で回して愛撫すると、ウマは喜ぶとされる。

イヌ[編集]

イヌはコミュニケーションが好きな動物とされている。人間がイヌとコミュニケーションを図る場合、イヌをブラッシングする行為が挙げられる。多くのイヌは、背筋をブラッシングすることをとてもよく好み、特に信頼関係が成立している場合には、本能的に庇おうとする腹をブラッシングしてもらおうと、イヌは仰向けになり、腹を触られることを好む。首筋も咽喉側をイヌが触らせた場合は、非常に懐いているとされる。通常、イヌは狩りをする際に、咽喉元に噛み付く習性があるが、同時にイヌにとっての弱点ともされる。咽喉を触らせるイヌは、触らせている相手に、命を預けているというもので、いわば“服従”の姿勢。このようにイヌを愛玩する過程で、ブラッシングしたり撫でて楽しむことが出来る。

ネコ[編集]

ネコは背を撫でられることを殊の外喜び、また咽喉をくすぐられることも好むとされる。イヌのようにコミュニケーションが図れるわけではない[要出典] が、「多くのネコは背を撫でられたり咽喉をくすぐられると、大抵はおとなしく、されるがままになるようだ」と言う人がいた[誰?]。ただし腹を触られると非常に嫌がり、暴れるネコも多々見られる。ネコ科の動物は狩りの際に、仕留めて絶命させた獲物の腹から食べる習性があるが、この辺りに起因する[要出典]と見る人もある[誰?]ただし良く慣れたネコの中には、腹を触られることを厭わないネコもある。しかしこれは、誰が触っても厭わないネコの話なので、単純にそういう趣味だというだけのようだ。そのような場合に限り、ネコを撫で回して楽しむことが可能である。[要出典]

ハムスター[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 広辞苑 第五版 p.9【愛撫】
  2. ^ デジタル大辞泉
  3. ^ 広辞林 第五版 p.7

関連項目[編集]

アニマルセラピー
動物を愛玩し愛撫をする行為を通して行われる治療行為。
ハグ
優しく抱擁し合う愛情表現。同性異性を問わずに行われ、性的な意味は含まれない。
ペッティング
性的な意味での愛撫。
前戯 - 後戯
性行為において愛撫は重要な役割を果たす。
痴漢
一方的な性的興奮を求めて、他人を愛撫すること。