ダッチワイフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
膨らませるタイプのダッチワイフ

ダッチワイフとは、いわゆる性具の一種で、等身大の女性の形をした人形のこと。主に男性の擬似性交用として使用するものだが、観賞や写真撮影の対象として扱われることもある。

目的[編集]

主に若い男性の擬似性交用と思われがちだが、実際には中高年男性の需要が多い。浮気によらず性欲を発散させるため、伴侶と死別した寂しさを紛らわせるため、という理由が主な購入動機になっている。[要出典]

また障害者手帳の提示があれば、価格を割り引いて販売しているところも少なくない。

仕様[編集]

ダッチワイフの例

ダッチワイフの多くは等身大の女性に似せて作成される。大人から子供の大きさの物まであり、21世紀初頭現在、アニメキャラクターの顔をした物まである。また、オナニーの補助具に特化した、頭部、手足を省略した「トルソ」と呼ばれるタイプもある[1]

ダッチワイフ主に男性の疑似性交の対象として使用されるため、オナホールと呼ばれる性具を装着できる構造になっている。ただし日本国内では猥褻物として摘発の対象となるため、最初から女性性器が模られた物は少なく、性器部分はオナホールとして別パーツ、もしくは別売となっているものが多い[2]。オナホール用の穴だけでなく口や肛門部分にも、陰茎を挿入するための穴が設けられた物もある。ただし膣と肛門を同時に設けた場合、強度の点が問題となる[3]

最近では、主にシリコーン樹脂を使用した高級ダッチワイフを「ラブドール」として区別している。このように女性に酷似した高級品は、本来の用途としての性具ではなく等身大の着せ替え人形として利用されているものも少なくない[4]。観賞や写真撮影の対象のみに使用される場合、オナホール用の穴がない物もある。特にラブドールは、椅子に座らせたり様々なポーズを取らせるための骨格構造を持つものが多く、専門メーカーには様々なオプションパーツを用意して、客の好みで自由に頭部などを選択できる物もある。

風船式[編集]

人体の形をした、ビニール風船またはビニール製の浮き輪のような、空気を入れて膨らませる簡易式の物で、古典的なものでもある。日本においては2008年現在、安ければ1000円、通常は3000円 - 5000円程度で購入可能である[5]

ぬいぐるみ式[編集]

抱き枕や人体サイズのぬいぐるみにオナホールをつけたものであるが、各種パーツとして供給し、使用時合体させるタイプもある。日本においては2008年現在、全身一揃いで5万円 - 7万円台程度で購入できる[6]

ウレタン製[編集]

全身を発泡ポリウレタンで形成したもの。少女程度の体格でも4kg程度と非常に軽量で、比較的頑丈である。 日本においては2008年現在、6万円 - 10万円程度の製品が多くみられるほか、基本構造上にラテックスなどで皮膚を貼った高級品も存在する[7]

ソフトビニール製[編集]

ソフトビニールで全身を整形したもので、基本的にはソフトビニール人形と変わらない。高級品についてはラブドールとして扱われる場合がある[8]。軽量で分解が出来るなど扱いやすく安価であるが、衣服からの色うつりが見られる[9]

ラテックス製 / シリコン製[編集]

骨格の上に軽量化の為の中子で肉付けを行い、表面をラテックスもしくはシリコーンで覆ったタイプ。完全な人体形状をもつものについては、2010年現在「ラブドール」と呼ばれる事が多い。骨格に関節を持ち、ある程度ポーズを変える事が可能である。多くの製品は数十万円台と高価である[10]。 時間レンタルする業者(ラブドール風俗)も存在する。 ちなみにあるラテックス製ダッチワイフは、コンドームにして12500個分のラテックスを使用しているという[11]

男性型[編集]

女性やホモセクシャルの男性の需要に対して、男性を模したダッチワイフも見られる。この場合は股間にディルドを装着し、使用者の膣やアヌスに挿入される場合と、股間にオナホールを装着し、使用者の陰茎を挿入する場合があり得る。ハルミデザインズの製造した「伊集院健」などが知られる[* 1][12]

語源[編集]

英語の Dutch wife(字義的には「オランダ人の妻」の意)は、アジアで使われている、竹や籐で編まれた筒状の抱き枕竹夫人)を指す[13]。ランダムハウスによれば、語の起源は1875~80年頃という。その理由は、本国に妻を残してオランダ領インドネシアで取引していたオランダ人商人の境遇に由来すると想像されよう[14]。英米では、日本でいうダッチワイフは sex doll と呼び、これを Dutch wife と呼ぶことはまずない[15]

性的な使用目的の人形が日本で「ダッチワイフ」と呼ばれだした事情は定かではない。日本のメディアでは、1958年頃からダッチワイフとの表現が見られる様になり。1967年頃にはかなり一般にも定着してたとみられる[11]

衛生面[編集]

保健衛生面で特に注意するべき点は、使用後の処置である。空気を充填する方式のものは、丁寧に洗浄しできればベランダ等で日干しする。外皮が軟質樹脂で内部が発泡樹脂製のものは、内部に水が入らぬよう軽く洗って水分を拭き取り陰干しの後、表面にベビーパウダーを塗布する。シリコーンゴム製の場合は、丁寧に洗浄し水分を拭い取って陰干しの後、表面にベビーパウダーを塗布する。

南極越冬隊のダッチワイフ 南極1号[編集]

南極越冬隊員が「南極1号」と呼ばれる特製の高性能ダッチワイフを基地に持ち込んだとの俗説がある。 実際には第一次越冬隊にて南極1号ではなくオナホールを仕込んだトルソに「ベンテンさん」との名をつけて持ち込んだものの、評判が悪く、使用されないまま廃棄された。ちなみに4リットルのお湯を注入し、温もりも感じられるものであったという[11]

この逸話はメディアにもてはやされ、様々な憶測を生んだほか、これにあやかった名前をつけたダッチワイフも流通した模様である[* 2][16]宮嶋茂樹は南極1号の伝説にあやかって、取材の際に空気式のダッチワイフを南極に持ち込んだが、凍り付いて空気が抜けたと報告している[17]

社会から孤立した状態の隊員の精神衛生上から必要とされて持ち込まれたものの[18]冬ごもりの間に一度も使用されないなど[19]隊員からの評判は芳しくなかった。

当時、男性が長期間に渡って性的交渉が不可能な状況では、精神的な障害を起こすとする心理学的な解釈が一般的だった。このため当時は未知への挑戦という意味合いの強い南極越冬で、想定されうる問題が起こらないようにする様々な対策の一環で、自慰行為に対応した特別な抱き人形が開発された。しかしこれは後に性科学分野での研究が進み、性的欲求不満は人の精神や肉体に致命的な悪影響を与えないと考えられるようになったため、今日では公式にはそのような備品の導入はみられない。[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 価格は82,000円。『アクション大魔王』での取材に対し、ハルミデザインズは、購買層は「40代50代の男性」が最も多く、「『棒』に用のある人がほとんどです」とコメントしている。
  2. ^ なお、1912年に白瀬矗の行った探検では、ペンギンとの獣姦で性欲処理を行ったとの説がある。

出典[編集]

  1. ^ 『南極1号伝説』 p.21
  2. ^ 『南極1号伝説』 p.84
  3. ^ 『セックスメディア30年史』 p.222
  4. ^ 『南極1号伝説』 p.206 - p.211「実践に飽きる」
  5. ^ 『南極1号伝説』 p.76 - p.82
  6. ^ 『南極1号伝説』 p.73 - p.74
  7. ^ 『南極1号伝説』 p.70 - p.73
  8. ^ 『南極1号伝説』 p.65 - p.70
  9. ^ 『セックスメディア30年史』p.221
  10. ^ 『南極1号伝説』 p.18、p.40 - p.64
  11. ^ a b c 西村 (2004)
  12. ^ 『南極1号伝説』 p.78 - p.82、『アクション大魔王 1』 p.93 - p.100
  13. ^ Dutch wife. CollinsDictionary.com. Collins English Dictionary - Complete & Unabridged 11th Edition. Retrieved November 15, 2012. など。なお、英語圏において、この意味があることを知っている人は極めて稀である。従って、ふつう Dutch wife と聞いて想像されるものは「オランダ人の妻」でしかない。
  14. ^ en:Bamboo_wifeによる。
  15. ^ ただし、ごく近年の参加型オンライン辞典には、この意味が登録されていることがある。Urban Dictionary, Wikipediaなど。日本語からの影響かも知れない。
  16. ^ 『南極1号伝説』 p.31 - p.34
  17. ^ 『不肖・宮嶋南極観測隊ニ同行ス』
  18. ^ 『南極越冬記』 pp.73-74
  19. ^ 『南極越冬記』 p.132

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 荻上チキ、2011、『セックスメディア30年史 - 欲望の革命児たち』、筑摩書房 ISBN 978-4-480-06606-0
  • 高月靖 『南極1号伝説 ダッチワイフからラブドールまで 特殊用途愛玩人形の戦後史』 バジリコ 2008年4月
    • 文庫版 『南極1号伝説 ダッチワイフの戦後史』 文芸春愁 2009年8月 ISBN 978-4-16-775398-6 現版では特記無き場合、ページ数は文庫版のものである。
    • オリエント工業の他、ハルミデザインズ、4woods、LEVEL-Dへの取材もなされている。
  • 西堀栄三郎、1958、『南極越冬記』32、 岩波新書 ISBN 4-00-415102-3
  • 西村大志 (2004). “ダッチワイフ”. 性の用語集 (講談社): 237. 
  • 宮嶋茂樹 『不肖・宮嶋 南極観測隊ニ同行ス』(新潮文庫、2001年) ISBN 4-10-124231-3
  • 米沢りか 『アクション大魔王 1』 白泉社 1995年6月 ISBN 4-592-13390-0

日本のシリコン製ダッチワイフメーカー[編集]

日本のぬいぐるみ製ダッチワイフメーカー[編集]