輪姦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

輪姦(りんかん)とは、一人の人間を複数の人間が強姦する事をいう。刑法上「集団強姦」という用語を用いる。別称には「念仏講」がある。

強姦は親告罪とされているが(刑法180条1項)、輪姦は「二人以上の者が現場において共同で犯した」罪にあたり、親告罪ではない(同条2項)ので、強姦のように示談によって告訴が取り下げられても、公訴提起を阻止することはできない。

強姦の法定刑は、2004年の刑法改正まで2年以上の有期懲役(同法177条)だったが、大学生サークルスーパーフリー事件2003年に摘発)を受けて、輪姦を対象とする「集団強姦罪」(4年以上の有期懲役)および「集団強姦致死傷罪」(無期または6年以上の懲役)の規定が設けられた。

関連項目[編集]