後背位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
後背位(近年のイラスト)
古代ギリシャの壷に表現された後背位
ポール·アヴリル(19世紀~20世紀半ばの画家)による後背位のイラスト
ヨハン・ネポムク・ガイガー英語版(1840)による後背位の水彩画

後背位(こうはいい)は、性交体位の一種。日本語での通称は、バック(バックスタイル)。

各言語や書物での呼称[編集]

  • 中国語―(「虎歩」)(「白虎騰」)
  • カーマ・スートラ』 - 「牛の結合(牡牛性交、牡牛交合)」[1]

(「虎の跳躍」)

  • 古代ギリシャの喜劇『女の平和』には「チーズ削りの上の雌ライオン式に立ち」というせりふがあり、おそらくこの体位である。
  • ラテン語 - coitus more ferarum(「動物のやり方」)―哺乳類は大抵、後背位
  • 英語 - doggy style(「犬のやり方」)、on all fours(「四つ足で」)、from behind(「背後から」)
  • フランス語 - levrette(「グレートハウンドの雌犬」)
  • イタリア語 - pecorina(「小さい羊」)
  • オランダ語 - hondjeshouding
  • 日本では、古事記のイザナギとイザナミが行った、「鶺鴒のやり方」が最初の後背位である。

江戸時代には「鵯越え」と呼んだこともある。これは『平家物語』にある一ノ谷の戦いにおける、背後の山越しに後方から攻撃をかけるのに見立てたものである。同様に、大砲で攻撃するのを見立てたのが「押し車」である。他に、「将棋攻め」や「碁盤攻め」が派生

概説[編集]

女性(または受け役)が四つん這いになりをついたところに、男性(または立ち役)がをついて背後から性器を挿入する体位。 (広義には、女性が何かにもたれかかるなどして尻を後方に突き出し、男性が立ったまま女性の背後から性器を挿入する体位も含む。)

男性は腕で女性の腰のくびれ(あるいは尻、あるいは肩)などを掴むことで二人が離れないようにして腰を使う。(「後背位中の男性は女性の尻を掴むより腰を掴んだ方がよい[要出典]」とされる。)

性行為に慣れたカップルにはよく知られているスタイルである。

女性が動物のように四つんばいの姿勢を取り、男性も動物のように後ろから挿入するので「動物的」と言われている。それは、匂える園にも書かれている。(ただし女性が膝をつくスタイルのほうは、厳密には動物のそれとは異なっている。) チンパンジーニホンザル等々もこうした体位で性交をし、動物園でもしばしば目撃される体位である。

Durex社が全世界の15万人を対象に調査し得た統計「durex global sex survey」(2003年)によると、一番好みの体位は国ごとに傾向が異なり、例えばフランスでは37%の人がこの後背位を1番好み、2位の“宣教師スタイル”(日本人の言う"正常位")の23%と差をつけての1位。UKでは28%の人が好み、1位の騎乗位(31%)に次いで2位。米国では30%で、1位の騎乗位(31%)と僅差の2位。台湾では31%で、1位の騎乗位(32%)とやはり僅差の2位である。(同調査には日本でのデータは含まれない)。[2]

歴史

人類が類人猿と進化の道が分かれたころから行われているだろうと推察されている体位である。それどころか、ほ乳類の大部分の性交体位と同様のものである。

そもそもこの体位にいる男女を表した中国の甲骨文字象形文字から「」という字が生まれた、という。(それくらい、根本的・基本的なスタイル・体位だということが示唆される。)

(ある太平洋の島の人々は、西洋人の宣教師夫婦(この夫婦は、催して正常位=仏語で「宣教師の体位」で行った)が来るまで、この体位しか知らなかった、と言う)

男・女 それぞれにとって

女性にありがちな感想について解説すると、獣になったようで(戻ったようで)興奮する、という女性もいる。動物のようで恥ずかしくて嫌だという感情を持つ女性もいる。乳房が大きい女性は乳房が垂れ下がるため、挿入中に乳房が揺れる。

男性も動物に戻ったような感覚を感じる体位である。男性にとっては、女性の腰~尻部、性器や、あるいは女性の性器に自分の性器が入る様を眺めながら挿入を行える体位でもある。ただし、女性の表情や乳房を眺めるには適していない[3]。男性は腕を伸ばして女性の乳房を愛撫することも可能である。ただし、そのためには上体を伏せねばならず、挿入とは両立が難しくなる。 ペニスに挿入する前に、男性の勃起した陰茎亀頭を女性のクリトリスに擦り付けて摩擦し、女性の性欲を高めることも可能。

以上の他、肛門性交の体位としても知られている。

身体への負担と対策

膣口が背中側に近い下付き女性にとっては楽な姿勢だが、膣口が腹側に近い上付き女性は、背中を逆エビのように反り曲げて腰の部分を浮かせるようにしないと挿入がしづらく、そのような姿勢を長時間続けるのは身体への負担が大きい。肉付きが良い女性だと臀部の肉が障害となり、性交そのものが困難になることもある。また、身長の差があると、この体位は難しい。結合部の高さがちょうどよい位置に来ない場合に中途半端なガニ股などの無理な体勢を取ると、男女のいずれか両方とも腰を痛める可能性がある。

一般的には、女性の腹や胸の辺りになどの支持物を挿み置いたり、女性が上半身を机や椅子の上に預けると良いであろう。

脚注[編集]

  1. ^ ヴァーツヤーヤナ 「第6章 (14) 特殊な性交」『完訳 カーマ・スートラ(東洋文庫628)』 岩本裕訳、平凡社1998年1月9日、p. 131。ISBN 978-4-582-80628-1
  2. ^ durex global sex survey 2003 pdfファイルの5ページ目にリストが掲載されている。
  3. ^ 男性視点では見えないが、AVなどのカメラなどの第三者視点では、女性の乳房がよく揺れ、その大きさ・形状・質感などが良くわかる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]