カーマ・スートラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産であるカンダーリヤ・マハーデーヴァ寺院のミトゥナ(交合)像もカーマ・スートラに基づく

カーマ・スートラサンスクリット語: कामसूत्र, : Kama Sutra)は、古代インド性愛論書カーマ・シャーストラで、推定でおよそ4世紀から5世紀にかけて成立した作品といわれており[1]、現存するもとのとしては最古の経典である。『アナンガ・ランガ』『ラティラハスヤ』と並んでインド3大性典のひとつとされ、そのうちで最も重要なものとされる。

著者はヴァーツヤーヤナ[2]で、正式なタイトルは『ヴァーツヤーヤナ・カーマスートラ(Vātsyāyana Kama Sutra)』となる。

概要[編集]

カーマ・スートラは、1000編におよぶといわれる現存する古代インドの性愛論書『カーマ・シャーストラ』のうち、最も古く重要な文献である[3]

カーマ(性愛)は、ダルマ(聖法)、アルタ(実利)とともに古来インドにおける人生の三大目的とされてきたが、ヴァーツヤーヤナはカーマの研究の重要性を説き、本書の最後には、情欲を目的としたものではないことをことわっている[3]

『カーマ・スートラ』は、7部35章に渡って書かれており、その内訳は以下の通り。第2部は赤裸々に性行為について綴ってあるため、特に有名である。

  1. 導入部(全四章) 一般的な愛について。
  2. 性交について(全十章) 接吻前戯性的絶頂、 88手の体位のリスト、 オーラルセックススパンキング変態性欲三人婚、インド版九状(玉茎の動かし方)、性器の種類と大きさ。
  3. 妻を得るには(全五章) 求愛結婚
  4. 妻について(全二章) 妻の適切な行為
  5. 人妻について(全六章) 主に婦女誘惑の方法。
  6. 娼婦(妓生)について(全六章) 妓女必須の64芸に巧み。特に演劇に詳しいことを求める。最高位はガニカー。
  7. 他人を惹き付けるには(全二章)

当時のインド社会や人びとの生活を知るうえでも重要な歴史資料である。

映像化[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただしこの成立年代の根拠は確かではない
  2. ^ バーツヤーヤナ(マッラナーガ)とも表記。生没不明。(Vātsyāyana
  3. ^ a b 『南アジアを知る事典』辛島昇前田専学ほか監修、平凡社、1992年、増補版2002年、ISBN 4582126340

主な文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]