四十八手 (アダルト用語)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

四十八手(しじゅうはって)とは、性行為における体位の種類を表したものである。江戸四十八手とも。この言葉は日本江戸時代に於いて名付けられたと見られる。体位の数を示したものではなく、相撲四十八手を真似て名付けられたものである。表裏合わせて九十六手ともいわれる。

概説[編集]

決まり手のような名称を付けて各種性交体位を定義したものである。日本の伝統的な性交体位概念である。名称については日本語社会において成立したため、同じ体位でも他の言語社会とは異なる名称が付いている事例が多い。

(クンニなど)

  • 寄り添い
  • 鶯の谷渡り
  • 立ち花菱←寝ると、花菱攻め
  • 岩清水
  • 鵯越えの逆落とし

(フェラ)

  • 雁が首
  • 千鳥の曲

(69)

  • 二つ巴
  • 椋鳥

(正常位)

  • しめ小股
  • しがらみ
  • こたつ隠れ
  • だるま返し
  • 深山
  • 吊り橋
  • 千鳥←足を伸ばすと、浜千鳥
  • 松葉崩し
  • テコがかり

(後背位)

  • 後櫓
  • 鵯越え
  • 碁盤攻め・将棋攻め
  • 仏壇返し
  • つばめ返し
  • 抱き上げ
  • 押し車

(腰吊位)

  • 立ち松葉

(対面座位)

  • 獅子舞
  • 首引き恋慕(紐付き)
  • 帆かけ茶臼
  • 抱き地蔵(椅子座り←椅子に座らない場合は、虹の架け橋

(後背座位)

  • 本駒駆け
  • しぼり芙蓉
  • 乱れ牡丹
  • 鳴門
  • こたつかがり
  • 手がけ
  • 浮橋

(女性上位)

  • 百閉(中国の体位)
  • 茶臼のばし・筏茶臼

(騎乗位)

  • 流鏑馬
  • 時雨茶臼
  • 宝船
  • 御所車

(側臥位)

  • 菊一文字

(仰臥位)

(立交位)

  • 立ち鼎

(SM)

  • 理非知らず


関係項目[編集]

中国の体位―雁の入り首=鴛鴦合 浜千鳥=龍翻