フェラチオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェラチオ
フェラチオ

フェラチオ (Fellatio) は、オーラルセックスの一種であり、性的関係においてパートナーが相手の男性器陰茎)を、口に含んだり舌を使うなどして刺激する行為。語源は、ラテン語の fellare(吸うという意味の動詞)。

概説[編集]

フェラチオの様子
フェラチオ。勃起した陰茎を口に含んでいる様子。
フェラチオ。口内射精する場合もある。

フェラチオする人は、相手の男性器のうち陰茎の部分を口に出し入れし(スライド)、男性器に対し唇・舌を使って刺激する。カップルの間で行われる場合は、性交(セックス)の前戯として行われることが多い。口内に射精することもある。あまり美味ではないが、性的快感を促進させるためにやることが多い。女性からしては美味しいという見解を持つ人もいる。

喉の奥深くまで男性器を挿入する行為はディープスロートと呼ばれ、男性が相手の口の奥まで陰茎を強制的に入れる行為をイラマチオと呼ぶ。イラマチオはフェラチオではないとされているが、強制的なフェラチオとする考えもある。イラマチオは、陰茎の先端がのどの奥に達するので、場合によってはイラマチオをされる人が窒息による呼吸困難などになることもある。

フェラチオは短縮されて「フェラ」と呼ばれることが多い。文語的には「吸茎(「口淫」の一形態)」、フェラチオの隠語として「尺八」、「F」、「フェラーリ」、などがある。

フェラチオの体位[編集]

  • フェラチオをされる男性が仰向けに寝る体位。フェラチオをする人は男性の傍らや股の間に座り、フェラチオをする人側の自発的な動作で刺激する。
  • フェラチオをされる男性が立ち、フェラチオをする人が男性に向かいひざまずく体位。(仁王立ちフェラ)
  • シックスナインの体位。

刺激を与える部位[編集]

男性器の部位により、その手法も異なる。フェラチオをする人が、同時に自身の手による刺激を男性器の陰茎の下側に加えるのも、男性の性的欲求を満たすためには効果的である場合がある。陰茎は陰茎根陰茎体および亀頭の3つの部分で構成される。陰嚢精巣への刺激を嫌がる男性もいるが、適切な刺激によって快感を得る男性もいる。

射精[編集]

フェラチオをされた側の男性が意図せず、相手の口内や顔面に射精する場合もある。また射精された精液を飲み込む人もいる。

行為に伴うもの[編集]

フェラチオをされる側の男性が相手の口の中に射精することを望む場合は、口内で突然射精すると精液が相手の気管に入ることがあるので、フェラチオを行う際は鼻で呼吸することが望ましい。また、射精しそうになったら相手に知らせ、男性の陰茎の先端を喉の奥から離すとよい。

また、イラマチオの場合男性の陰茎の先端が相手の喉の奥に到達すると、反射でむせて苦痛を感じたり、呼吸が困難になるので大変危険である。のどの奥に何か物が触れるとむせるのは、身体の反射のひとつである「咽頭反射」の結果である。そのような反射を抑えることは不可能に近いのだが、そのことを理解しない男性が無理に男性器を相手の口の奥深くまで入れる場合があり、それによって相手に多大な苦痛を与えることがある。相手が耐えがたい苦痛を感じた場合、不随意に顎の筋肉が反射的に反応して口を強く閉じる場合があり、その場合は男性の陰茎に外傷を与える危険がある。

フェラチオ行為の危険性[編集]

病気に関するもの[編集]

性感染症口腔癌舌癌喉頭癌の危険性について 主な感染症

主な感染症の補足

  • フェラチオをする人が歯を磨いた後や歯周病などにより出血している場合、相手の男性を感染させる、もしくは自分が感染させられる可能性がある。口腔内の衛生の程度によっては尿道炎も起こりうる。
  • ヒト免疫不全ウイルス (HIV) は、血液や男性の精液に多く含まれる。このため、もし男性がHIVに感染していて、相手の口の中や目の周囲に射精した場合、相手をHIVに感染させてしまうという重大な危険がある。
  • HIVの感染条件は感染者の精液ないし血液と被感染者の粘膜の接触であることから、フェラチオもまた感染経路となりうる。唾液では感染しないが、フェラチオを施す側が口内炎などで出血している場合はフェラチオされる側への感染も起こりうる。
  • 口唇ヘルペスはヘルペスウイルスが感染して発症する病気である。ヘルペスウイルスは感染力が強いため、ヘルペスウイルスに感染している人がフェラチオをした場合、フェラチオをされる側の男性を感染させてしまう可能性は非常に高い。
  • フェラチオでの性病の予防にはコンドームの使用が望ましいが、通常のコンドームはゴム特有のにおいと味があるので好まれず、また男女ともゴムを介することにより刺激が少なくなるのであまり好まれない。そのためオーラルセックス専用に開発された膜が薄く果実などの香りや味をつけたコンドームも存在する。
  • 強制的に行うイラマチオの場合は、男性器を咥える側の人に、行為中の身体的な苦痛だけでなく、顎関節症口内炎などの病気を引き起こすことがある。また、射精直前に相手の口から男性器を引き抜いて顔面に射精するいわゆる「顔射」は、誤って相手の目に精液が入ると結膜炎などを引き起こすことがある。
  • 2006年に、米マルム大学の研究は、ヒトパピローマウイルスHuman papillomavirus:HPV)に感染している人に対して無防備なオーラルセックスを行うことが口腔ガンの危険性を増す可能性が高いことを明らかしている。調査では、がん患者におけるHPVに感染者率は36%で、健康な人々における感染者率1%と比較して明らかに高い確率でHPVを持っていることが明らかになった[3]
  • 加えて、最近の研究では、オーラルセックスと喉頭ガンの間に相関関係があることがわかっており、HPVの伝染によるもであると考えられている。研究では、生涯の1 - 5人のオーラルセックスパートナーがいた人々は、オーラルセックスを行わない人々と比較して喉頭ガンの発症リスクがほぼ二倍まで高められたと結論付けており、5人以上のオーラルセックスパートナーと行為を行っていた場合にはそのリスクは250%まで増大するとしている[4]

フェラチオに伴う感染予防[編集]

イソジンは細菌、真菌、ウイルスなど広範囲の微生物に対し、迅速な殺菌・消毒効果を発揮する殺菌消毒薬でのどの洗浄(うがい)をすることにより多くの細菌から感染予防に効果的。

フェラチオサービスを主とするピンサロを代表として風俗店では必需品となっている。特にピンサロでは行為後にイソジンやリステリン洗口液)でのうがいが義務づけられている店舗が多い。 ただし、イソジンやリステリンは全ての感染症を防ぐものではない。また、過度な使用は常在菌も死滅させる虞がある。予防には感染源に接触しないコンドームの利用が最適。

また、風俗店などでシャワーを浴びずにフェラチオを行なう「即尺」サービスは、細菌が繁茂した陰茎の恥垢など皮膚組織を口に含み細菌感染の危険性を高めるため、極力避けることが好ましい。

フェラチオの代表的な症状に対する診察方法と主な対策[編集]

代表的な症状はわずかな痒みと残尿感(おしっこのキレが悪くなる)といった前立腺、尿道の炎症。これらを医師が判断する一般的な簡易検査方法として肛門に指を入れて前立腺を強く押してカウパー腺液を出し顕微鏡で観察。細菌の活動状態を検査する。

体の中でも前立腺内部は養分が非常に高いため、一度でもここまで侵入すると細菌が温床しやすく薬品で無ければ排除できない。 主にクラビットが幅広い病原微生物に効果的なため処方されることが多い。 抗生物質のため長期間投与を要する。一時的な改善で服用をやめると耐性菌ができてしまい、何度も感染を繰り返す可能性がある。パートナーへ感染させる可能性もあり、他の抗生物質治療薬と同様に2-3週間は必ず服用して完全に前立腺から排除する必要がある。

歴史[編集]

キリスト教が広く信仰される前の大半の世界ではフェラチオは極く普遍的に行われていた。とりわけ、古代ギリシア・ローマ世界では広くフェラチオやイラマチオが愛好されており、古代ギリシア・ローマではオーラルセックスは、ごく一般的に行われていた[要出典]

キリスト教文化圏では専ら生殖を伴わない快楽を求める行為として忌み嫌われたが、他の文化圏では性行為が繁栄の象徴として扱われたこともあってか、他地域と比べておおらかに描かれている[要出典]インドの『カーマ・スートラ』に描写があるほか、紀元1世紀 - 7世紀ころに南米に栄えたモチェ文化の出土品の中にフェラチオする人物を象った土器がある。

シンガポールにおいては不自然な肉体的行為を禁じる同国の刑法第377条A (Section 377A of the Singapore Penal Code) でフェラチオ行為は刑事罰の対象であったが、2007年10月の刑法改正で合法化された[5]

フェラチオというラテン語の名称が近代世界に知られるようになったのは、チャップリンの二番目の妻リタが怪文書「リタの不満」で「彼(=チャップリン)にフェラチオという倒錯行為を強要された」と明かしたためであると言われる[要出典]

日本[編集]

古語では「口取り」、「雁が音」、「尺八」、「千鳥の曲」とも言った。また勃起した陰茎を横から咥えることを俗に「ハーモニカ」と言う。

江戸時代川柳にこの行為を扱ったものがあり、この頃の人々には珍しくなかったと言える。地方藩でこの行為が禁止されたことが、藩士の日記の中に残っている[要出典]。また、江戸時代に、男性器に刺激を与える行為としても行われていたが、それよりも射精に至り勃起しなくなった男性器に刺激を与え、勃起させて連続して数回、性行為を行えるようにと自然に用いられていた[6]。ほかに、平安時代の『日本霊異記』の中でインド(天竺)の話として、息子にフェラチオをする母親の説話がある[7]

近年の日本のフェラチオ[編集]

日本でこの行為が広く知られるようになったのは、1972年に公開されたアメリカ映画でフェラチオをテーマにした『ディープ・スロート』が一つのきっかけである。映像メディアにおいても、当時日活ポルノではフェラチオのようなオーラルセックスが描かれることはなかった点を考慮すれば、米国のポルノ映像などの影響により日本に広まった可能性がある。一方、『ディープ・スロート』の原作中では、フェラチオは「日本のゲイシャ・ガールの古来からの伝統的性技であったが、戦後日本に進駐した連合軍兵士を通じて欧米に伝播した、日本を起源とする技術」であるとの説明がなされている。その後、アダルトビデオの普及、ファッションヘルスなどいわゆる風俗産業、情報雑誌などメディアの影響などにより、フェラチオとは何かを知る機会が増えて、一般化が進んだと考えられる。

国立感染症研究所の病原微生物検出情報2004年8月号によると、性風俗を職業としない性体験のある一般女性を対象にしたアンケート調査の結果、性交の際にオーラルセックスを必ず行うという回答が、20歳代のおよそ36%、20歳未満のおよそ65%という報告がある[8]。若い世代ほどフェラチオに抵抗感がなく女性が男性の性的欲求を満たす行為の一つとして一般化してきているといえるが、性感染症の予防に関する知識に乏しく、フェラチオによる性感染症の蔓延も進んでいる。

性風俗産業のフェラチオ[編集]

性風俗産業を営む店舗の多くは、フェラチオをサービスのひとつとしている(ソープランドピンクサロンファッションヘルス売り専など)。ピンクサロンファッションヘルスなどに於いては、男性客に口内へ射精させることをサービスとしている。ソープランドでは本番(性行為)の前戯として行われ、高級ソープランドにおいては、客のズボンを下ろすとすぐフェラチオをするサービスもある(即尺サービス)。また、性風俗の変化に伴い、フェラチオから派生した語句がアダルトビデオを始めとする様々な場面で用いられている。

風俗店においては、来店した顧客がシャワーを浴びていないにもかかわらず、いきなりズボンを下ろされ風俗嬢よりフェラチオを受けるサービスを即尺サービスと呼ばれる。

またコンドームを用いないでこのサービスを行うことを生尺サービスとも言う。一方、コンドームを用いた場合にはゴム尺と呼ぶ場合がある。これらの尺は尺八に由来するとされる。フェラチオという言葉の普及により通用するのはある程度の年代に限られることが少なくない。

フェラの種類・方法と関連用語[編集]

お掃除フェラ
性交の際の後戯の一つで、射精された精液をフェラチオにより舐め取り、尿道中に残った精液も吸い出して処理する行為。
即尺
風俗店のサービスにもなっている行為で、シャワーなど浴びずに、すぐに陰茎を咥えフェラチオする。陰茎の恥垢による細菌感染の危険性が高い。
見つめフェラ
フェラチオしている側が相手方の目を凝視する行為。フェラチオしている側がハメ撮りの場合はカメラ目線をすること。性器を咥えたままの女性の卑猥な目つきを見ることで性的興奮がより高まる。主にピンサロ嬢が指名取りのために商業上積極的に行う手法でもある。
仁王立ちフェラ
男性に仁王立ちをさせたまま、フェラチオをする行為。
目隠しフェラ
フェラチオしている側が目隠しをしたまま、フェラチオをする行為。SM色があるプレイ。男性器を視認することができないため、触覚など他の感覚で男性器を把握する。
クチマン
口まんこの略。
パンフェラ
ビキニブリーフなどパンツ越しにくわえる行為。パンツ越しならモザイク編集の必要がないため、これも同じくアダルトビデオなどで頻繁に使われる演出であるが、この行為そのものにフェティシズムを感じる人が少なからず存在することを背景に、アロマ企画など、パンフェラをメインテーマにしたフェテイッシュ系のAVも製作販売されている。
擬似フェラ
レズものおよびフェムドム系のアダルトビデオではペニスバンドを付けたミストレスが女性や男性の服従的なパートナー相手に、股間のディルドーを舐めさせる行為をあらわす。
また、アイドルDVDなどで行われている男性の陰茎に類似した形の食べ物や道具を使用してフェラチオを連想させる行為を行うことも同様に呼ばれる。バナナアイスキャンディーなどが使用されることが多い。
指フェラ
擬似フェラの一つ。アダルトビデオなどで使われることがある。AV女優が自分もしくは他人の指を男性器に見立てて舐める行為。
ダブルフェラ
アダルトビデオなどでは、1人の女性(または男性)が同時に2人の男性の陰茎をフェラチオすることを言う。男性2人を立たせて女性(または男性)が膝をついた状態で行ったり、男性2人を寝かせた状態で行う。通常、2人の男性に対して交互にフェラチオをするが(フェラチオをされていない男性には手淫などで刺激を続ける)、しばしば同時に2本の陰茎を口に含む行為も見られる。性風俗などでは、1人の男性に対して、2人の女性(または男性)が1人が亀頭に吸い付いているときにもう1人が陰嚢を舐めるなどして同時にフェラチオすることをいう。
セルフフェラ、オートフェラチオ(一人尺八
体の柔らかい男性が、自らの性器を口に含んで行うもの。
相互フェラ
男性同士の場合にお互いにフェラチオをしている状態のことを言い、シックスナインと同じ意味で用いられる。
バキュームフェラ
男性器を咥え吸引する行為。行為時に激しい吸引音(「ジュボジュボ」というような)が伴うこともあり、これを好む愛好家もいる。
水中フェラ(潜望鏡
水中において男性器をフェラチオする行為。
パイズリフェラ
乳房で男性器をパイズリしながら、亀頭部分をフェラチオする行為。
お目覚めフェラ
寝ている男性に対して、起こすことを意図してフェラチオをする行為。朝フェラとも。
玉金フェラ
陰嚢に対して舐めたり、吸ったりする行為[9]
ゴムフェラ
コンドーム等の避妊具を装着してフェラチオをする行為。
生フェラ
避妊具をつけずに生でフェラチオをする行為。
フェラ顔
フェラチオしている顔のこと。見つめフェラなど目線を向けられるのを好む愛好家もいる。
ローリングフェラ
フェラチオをしている側が、口を中心に回転するような動作を加えてフェラチオをする行為。頭部の上下運動とあわせると刺激は螺旋状に伝わることになる。また複雑な舌の動きを織り交ぜると刺激のバリエーションは格段に増える。頭部の動きのみで大きな回転方向への刺激を加えることは難しいため、手を用いて回転方向への刺激を補助することが一般的に行われる。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1型は三叉神経に忍び込み、日和見感染症で自覚しにくい。一方2型は仙骨神経節に入り込む通称性器ヘルペスで症状は顕著に現れる。いずれも一度感染するとウイルスは生涯、完全には消滅しない。神経のなかで生き続ける。
  2. ^ 他人に感染することはないため厳密には性感染症ではないが、ピンサロでは亀頭を刺激することから発症しやすい。
  3. ^ MedIndia: "Oral Sex Linked To Mouth Cancer Risk".
  4. ^ New Scientist: "Oral sex can cause throat cancer" - 09 May 2007
  5. ^ "Singapore reforms sex laws - but not for homosexuals", guardian.co.uk home, 2007年10月24日
  6. ^ 日経ウーマン」(日経ホーム出版社)、白倉敬彦インタビューより
  7. ^ 日本霊異記』中巻、第四十一
  8. ^ nikkei BP net (2004年8月26日). “健康注意報:クラミジアの咽頭感染が増えています”. 2009年1月9日閲覧。
  9. ^ 『フェラチオ教本』 性行動研究会著 2006年 データハウス

参考資料・文献[編集]

関連項目[編集]