エプスタイン・バール・ウイルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エプスタイン・バール・ウイルス
Epstein Barr Virus virions EM 10.1371 journal.pbio.0030430.g001-L.JPG
EBウイルス(球状のものがウイルス)
分類(ウイルス)
: 第1群(2本鎖DNA)
: ヘルペスウイルス科
Herpesviridae
亜科 : ガンマヘルペスウイルス亜科
Gammaherpesviridae
: リンホクリプトウイルス属
Lymphocryptovirus
: エプスタイン・バール・ウイルス
Epstein-Barr virus

エプスタイン・バール・ウイルス(エプスタイン・バーウイルスとも、Epstein-Barr virusEBウイルス)とは、ヘルペスウイルス科に属するウイルスの一種。ヒトヘルペスウイルス4型(human herpesvirus 4、HHV-4)ともいう。

歴史[編集]

1958年デニス・バーキットは中央・西アフリカの子供の顎に好発する悪性リンパ腫を記載した(バーキットリンパ腫)。1964年マイケル・エプスタインアイヴォン・バーはこの腫瘍組織を培養して、リンパ芽球細胞株の樹立に成功し、その細胞内に電子顕微鏡でヘルペス型ウイルス粒子を発見した。その後、このウイルスの血清疫学、生物活性が明らかにされ、発見者にちなんでエプスタイン・バール・ウイルス(EBV)と呼ばれるようになった。

分類と性質[編集]

EBウイルスはガンマヘルペスウイルス亜科に分類され、2本鎖DNAを持つ(ウイルス粒子内では直鎖状)。他のヘルペスウイルスと違い、Bリンパ球に感染して不死化するという特徴をもっている(トランスフォーメーション)。通常は初感染で伝染性単核球症を起こすほかには臨床症状を示さないが、免疫機能の低下に起因して日和見感染による慢性活動性EBウイルス感染症、いったん感染潜伏したウイルスの再活性化によりバーキットリンパ腫(アフリカに集中する)・上咽頭ガン(中国に多い)などを引き起こす事がある。日本人では90%以上がこのウイルスに対する抗体を持っている。


生化学的見地 ヘルペスビルス科ガンマヘルペスウィルス亜属リンフォクリプトウィルス属のvです。 伝染性単核症等の因試験管内でヒトB細胞に、感染で、B細胞は無限増殖性を獲得する。ゲノムは、約180kbpno2二本鎖DNAでB95-8株のゲノム全一次構造が解明さる。線状DNAで、両端末部分に約500bpの繰り返し配列が有り、感染細胞内でこの配列が融合し、環状構造になる。潜伏感染したB細胞核内デ、ペピソームとして存在し細胞の分裂周期に合わせて複製をする。潜伏期に発現するウイルスプロテインは、2種類の大別が出来る。一つはEBNA(EB*virus-associated nuclear antigen]、他が LMP(latent membrane protein)EBNAは6種類(EBNA=1,2,3A、3B、3C、LP)、LMPは3種類(LMP=1,2A2B)です。以上プロテンの他にEBER=1、EBER=2、のRNAが潜伏期に盛んに合成される。これらのRNA は、細胞側プロテンLaと結合していて、アデノウイルスの、VARNAと構造的類似を見る。ウイルスコアは、直径100mmの、精二十面体で、周囲にエンベルウプが囲い、細胞への感染時CD21が受容体になる。このCD21にウィルス側の表面粒子のgp350/220と結合して感染が始まる。

関連項目[編集]