前立腺炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

前立腺炎(ぜんりつせんえん)とは、前立腺大腸菌クラミジア弱毒性細菌などが原因で炎症を起こした状態である。全男性の5割が一生に1回はかかる病気といわれ、前立腺炎には急性前立腺炎慢性前立腺炎慢性非細菌性前立腺炎無症候性炎症性前立腺炎の4つに分類される[1]

概要[編集]

急性前立腺炎慢性前立腺炎があり、以下のような違いがある。

急性前立腺炎[編集]

主に細菌尿道から侵入することによって引き起こされる感染症。炎症により前立腺が充血し腫れるなどの症状が見られる。前立腺がん腫瘍マーカーが異常な高値を示すのが通例。多くは大腸菌グラム陰性桿菌)が原因となる。発熱排尿痛頻尿尿閉などが主な症状である。

慢性前立腺炎[編集]

前立腺の炎症が慢性的に続く状態をいい、非細菌性慢性前立腺炎慢性細菌性前立腺炎前立腺痛に分類される。頻尿、残尿感、尿閉、排尿痛、射精痛に加え、下腹部の不快感、鈍痛などを伴うことがある。

診断[編集]

治療[編集]

脚注[編集]

註釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 細井康男 『専門医が解説する前立腺肥大とガンの最新治療』日本書院本社、2012年、p.128

参考文献[編集]

関連項目[編集]