恥垢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

恥垢(ちこう)は、尿精液のかす、尿道球腺液バルトリン腺などの分泌物が乾燥して性器周辺に固まったのこと。

概要[編集]

人間の恥垢[編集]

チンカスあるいはマンカスという俗語でも呼ばれるが、あくまでも一般語は恥垢である。

灰白色または薄い黄色で、湿って押し固められた粉のようなものか、粘土状のものが生ずる。主に生じる部位として、男性器の場合は包皮に覆われた亀頭部分に、女性器の場合は陰核周辺と大陰唇小陰唇の間がある。ケアを怠ると恥垢は性器周辺にたまってゆく。時にチーズに似た異臭を発する。カビ・一部のウイルスによる炎症様症状の発症や、性器カンジダ症性器ヘルペス陰茎ガン尖圭コンジローマを始めとする性感染症の温床となり、さまざまな病気を引き起こすことになる。こうした臭いや合併症を防ぐためにも、入浴の際には恥垢のたまりやすい部所を洗浄する習慣を身につけておきたい。男性器の場合は包皮の内側にたまりやすいので、包皮から陰茎を露出して洗浄する。女性器は日常的に殺菌の役割を果たす分泌物が出ているため、粘膜を傷つけることがないよう、こすり洗いは避けて石鹸で軽く洗い流す程度にする。

動物の恥垢[編集]

関連項目[編集]

  • すかんち - 日本のロックバンド。貸しスタジオで練習する際、申込書に書くバンド名を店員に任せたところ「ちんかすトリオ」と書かれ、これが由来となった。