亀頭包皮炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

亀頭包皮炎(: balanoposthitis)と陰茎亀頭および陰茎包皮の炎症。

陰茎亀頭の炎症と包皮粘膜

亀頭に雑菌や真菌(カビ菌)などが感染することによって起こる皮膚炎。感染することがないため、性感染症ではないとされている。亀頭包皮炎が発症すると、亀頭部分や包皮の皮膚が赤くなり、ニキビのような赤い斑点や、ただれ、アトピーのような症状が発生。かゆみや痛みがある場合もある。

市販の軟膏クリームで治癒する場合もあるが、医師の処方が必要な抗生物質抗真菌剤配合の軟方を必要とする場合もある。

原因[編集]

ヒトの場合小児に多く見られ、包茎もその原因となる[1]

イヌでは亀頭包皮炎は外傷異物(en:Foreign body)の侵入などの外皮系の崩壊により引き起こされる[2]。一般に行動に異常はなく、陰茎包皮を過度に舐め、黄緑色の様分泌が認められる[2]

ヒツジの潰瘍性地方病性亀頭包皮炎はCorynebacterium renale群(C. renalemC. pilosumC. cystidis)により引き起こされる。pizzle rotとして知られる。

ウシでは牛ヘルペスウイルス1型(en:Bovine herpesvirus 1)により引き起こされる。

治療[編集]

抗生物質入りの軟膏の塗布で対応するが、包茎が原因となっている場合、再発を繰り返すのであれば包茎手術を行う[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 田中啓幹、盛岡政明(編)、2001、『泌尿器科学ハンドブック』、大学教育出版
  2. ^ a b Diseases of the Male Reproductive System, VM 552 SAM Urogential System”. College of Veterinary Medicine, Washington State University (2007年7月26日). 2008年6月18日閲覧。