尿円柱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

尿円柱(にょうえんちゅう、urinary cast)とは主として遠位尿細管あるいは集合管で形成される、Tamm-Horsfallムコタンパク質とアルブミンが凝固沈殿したものを基質として、細胞あるいはその変性成分が封入された円柱状構造物。尿中に出現し、光学顕微鏡下で観察が可能である。尿円柱が多量に出現する場合は重度の腎疾患の存在を示唆する。尿円柱は硝子円柱、上皮円柱、蝋様円柱、顆粒円柱、脂肪円柱、赤血球円柱、白血球円柱、血色素円柱などに分類される。

脂肪円柱[編集]

尿細管が脂肪変性したもの。ネフローゼ症候群糖尿病性腎症で認められる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 日本獣医内科学アカデミー編 『獣医内科学(小動物編)』 文永堂出版 2005年 ISBN 4-8300-3200-6
  • 獣医学大辞典編集委員会編集 『明解獣医学辞典』 チクサン出版 1991年 ISBN 4-88500-610-4