腎細胞癌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

腎細胞癌(じんさいぼうがん、: Renal cell carcinoma)は、腎臓に発生する悪性腫瘍のひとつであり、尿細管上皮細胞ががん化したものである。

別名グラヴィッツ腫瘍(Grawitz's tumor)。


分類[編集]

  • 淡明細胞型 (clear cell)
    最も一般的で、70%の確率で見られる。その名の通り光顕的に細胞質が明るい腫瘍細胞として見える。染色体3pの欠損、VHL遺伝子の欠損がしばしば認められる。
  • 顆粒細胞型 (granular cell)
    15%の確率で見られる。好酸性顆粒状細胞(ミトコンドリアの多い細胞)から成る。染色体・遺伝子異常の現れ方は淡明細胞型と変わりがない。UICCワークショップ腎細胞癌分類においては、両者を区別する必要がないとして「顆粒細胞型」という分類の廃止を勧告している。[1]
  • 色素嫌性型 (chromophobe)
  • 嚢胞随伴性
    予後は良好。
  • 乳頭状 (papillary)
  • 肉腫様型 (sarcomatoid)(または紡錘型spindle)
    本来は上記いずれかの組織型であったものが、あまりにも脱分化が進んで元々の組織型が判らなくなったものである。当然、予後は最も不良。

広義には、これらに加えて集合管癌 (collecting duct carcinoma)集合管上皮細胞ががん化したものを含む。

疫学[編集]

腎細胞癌は男性5.6/100,000人、女性4.1/100,000人の確率で見られる。20歳までに見られることは稀で、小児科腎腫瘍では2%を占めるのみである。40歳以降、特に60代から70代にかけて好発する。von Hippel-Lindau病などの遺伝病との関係も示唆されているが定かではない。

喫煙は本症の主要な危険因子であり,30%増大させる。その他に肥満(特に女性)、カドミウム、一部の解熱鎮痛薬の長期使用(アセトアミノフェンフェナセチン)なども本症の危険因子である。

症状[編集]

  • 血尿
  • 側腹部腫瘤
  • 疼痛
  • 体重減少
  • 腹痛
  • 食欲不振
  • 低色素性貧血
  • 肝機能障害

合併症[編集]

腫瘍随伴性症候群

本症は転移が多いことで有名な悪性腫瘍であり、特に肺転移、骨転移、肝転移を起こしやすい。なかでも肺転移が最も多い。[2]

検査[編集]

血液検査
ALP(アルカリフォスファターゼ)上昇
腹部CT
腎エコー

治療[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「Cancer」誌1997年号 P987-989
  2. ^ 日本泌尿器科学会, 腎癌診療ガイドライン2011年版