微小変化群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Minimal change disease
分類及び外部参照情報
ICD-10 N00.-N08. 最後に.0が付く
ICD-9 581.3
DiseasesDB 8230
MedlinePlus 000496
eMedicine med/1483
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

微小変化群(びしょうへんかぐん、: Minimal change disease)とはネフローゼ症候群を生じる腎臓疾患の一つ。リポイドネフローゼ: lipoid nephrosis)とも言われる。

疫学[編集]

  • 若年者に多い。小児ネフローゼの多くを占める。
  • 30代での発症も多く、80代の発症も報告されている。

おもな症状[編集]

  • 全身倦怠感、食欲不振、体重増、浮腫、多尿(初期)。
  • 多くの場合ネフローゼ症候群をきたす。微量の血尿を伴う場合もある。

検査[編集]

尿蛋白の種類はアルブミンが多い。
尿蛋白選択性は高い(「尿蛋白選択性が良い」とも言う)~大分子の蛋白が尿中に排泄されない

治療[編集]

  • 入院、安静臥床。
  • 副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)が良く効くことが多い。
  • ステロイドは0.8~1.0mg/kg/日を投与し、寛解後は2週間から4週間毎に減量する。
  • 食餌療法…蛋白質制限および塩分制限。塩分は1日3g~5g、摂取カロリーは35kcal/kg/日。

(但し寛解後の食事制限は無い。腎臓食=常食になる)

再発[編集]

  • 個人差はあるが、ストレスや疲労、日焼けや風邪をひく事で再発する場合がある。
  • 寛解後5年間は再発リスクが高い。
  • ステロイド投与による寛解誘導時に再発した場合ステロイド量は40mg前後まで増量する。
  • 寛解後10年経過した後でも再発の事例がある。

関連[編集]