C型肝炎ウイルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
C型肝炎ウイルス
Em flavavirus-HCV samp1c.jpg
電子顕微鏡写真
分類(ウイルス)
: 第4群(1本鎖RNA +鎖)
: フラビウイルス科
: ヘパシウイルス属
: C型肝炎ウイルス

C型肝炎ウイルス(シーがたかんえんウイルス、hepatitis C virusHCV)はフラビウイルス科へパシウイルス属に属するRNAウイルスで、C型肝炎の原因となる。


歴史[編集]

1989年アメリカのChiron社の研究グループによって非A型非B型肝炎患者から遺伝子断片が分離された。

現在のところ、有効なワクチンは開発されていない。

構造[編集]

HCV structure.png

ウイルス粒子はエンベロープを持つ、直径35~65nmの球状粒子であり、ゲノムとして9.5kbのプラス一本鎖RNAを持つ。ヒトを固有宿主とする。

感染[編集]

ウイルスの伝播は血液を介して行われる。性行為等での感染は極まれと言われている。

HCVは肝細胞と一部のリンパ球を標的細胞とし、宿主の免疫機構やインターフェロンからエスケープして持続感染を引き起こす。また、細胞内の中性脂肪を利用して増殖しており、さらに、ウイルスの「コア」と呼ばれるたんぱく質の働きで、細胞内の中性脂肪が増加するという報告がある。[1][2]

ヒトが唯一の宿主であるが、実験的にチンパンジーに感染させることも可能である。C型肝炎ウイルスは効率的な培養方法が確立していないため、牛ウイルス性下痢ウイルスがモデルウイルスとして研究されている。

種類[編集]

現在までに10種類以上の遺伝子型(genotype)が発見されており、アメリカでは1a型が、ヨーロッパでは1a型と3a型が、日本では1b型が70%と多く、続いて2a型 2b型多い。

治療効果の観点から、日本において遺伝子型に対し、2種類の血清型(serotype)で分類されている。

1a型 1b型 1c型 2a型 2b型 2c型 3a型 3b型 4型 5a型 6b型
  • 血清型(serotype):特異抗原に対する抗体によって以下に分類している
    • 1群(Group1):主に1a型 1b型 1c型
    • 2群(Group2):主に2a型 2b型 2c型

このウイルスに感染するとほぼ確実に抗体が産生されるので、抗体検査は診断上重要である。

症候[編集]

C型肝炎ウイルスに感染すると慢性肝炎に移行しやすい。

免疫系からの回避[編集]

感染細胞や樹状細胞が産生するインターフェロン(IFN)はHCVの排除に働き、さらに樹状細胞によって活性化されたNK細胞もウイルス排除に貢献することが知られているが、HCVはNS3などによりインターフェロンのシグナル伝達を阻害するほか、E2によりNK細胞の機能を低下させることで免疫系からまぬがれている。

治療[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 大里外誉郎編著 『医科ウイルス学改訂第2版』 南江堂 2000年 ISBN 4-524-21448-8
  • 光山正雄編著 『微生物感染学』 南山堂 2005年 ISBN 4-525-16101-9
  1. ^ "C型肝炎ウイルス 中性脂肪利用し増殖", 読売新聞, 2007年8月27日
  2. ^ Yusuke Miyanari, Kimie Atsuzawa, Nobuteru Usuda, Koichi Watashi, Takayuki Hishiki, Margarita Zayas, Ralf Bartenschlager, Takaji Wakita, Makoto Hijikata & Kunitada Shimotohno, "The lipid droplet is an important organelle for hepatitis C virus production", Nature Cell Biology, 9, 1089 - 1097 (2007).[1]