ペドフィリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ペドフィリア: paedophilia)は、特殊な性欲の一つ、幼児・小児(一般に13歳以下)を対象とした性愛・性的嗜好を意味する。類義語・俗称に小児性愛(しょうにせいあい) ・児童性愛(じどうせいあい)・小児愛(しょうにあい)・ショタコンペドなどがある。誤った認識の浸透により類義語として誤用されるものにロリコンがある。思春期の子どもへの性的嗜好はエフェボフィリア: ephebophilia)という。ペドフィリアの性向を持つ人を、ペドファイルもしくはペドフィル: paedophile)という。 医学上の疾患(性嗜好障害)分類である小児性愛を指して使われる場合と、日常語として広義に小児への性的嗜好を指して用いられる場合がある。欧米では広く児童への性的虐待者そのものを言及するのに用いられている。

注記:本記事は、一般的な概念としてのペドフィリア(小児性愛)を説明する記事である。現在における精神医学上の障害としての小児性愛も、DSM 及び ICD における「記述」規準において触れている。本記事は、精神医学の概念に準拠はするが、一般的な用法での記事でもある。

なお、実際の小児性犯罪者はペドフィリアでないことも多いので、小児性犯罪者に関してはチャイルド・マレスターの項目を参照のこと。

ペドフィリアの概念[編集]

言葉と概念の由来[編集]

古典ギリシア文明における paidophilia(パイドピリア=少年愛)が、キリスト教的近代において否定的意味を与えられ、精神医学の用語とされた。成人による、児童・小児への持続する性的関心をもって特徴とする。

精神医学上の概念としては、精神病理に対し深い識見を備えていたウィーン大学教授リヒャルト・フォン・クラフト=エビングが、著書Psychopathia Sexualis(性的精神病理,1886年)において最初に提唱したとされる。ラテン語より派生した形として、paedophilia とも表記する。その後、異常心理学では、「性の異常心理」として「性対象異常」の下位範疇において児童・小児を性愛の対象とする性倒錯として位置付けられた。20世紀半ばまで、精神医学においても性倒錯として把握されたが、今日の精神医学においては、性嗜好障害とされる。

現在の精神医学での概念[編集]

現在、米国精神医学会 (APA) の診断・統計マニュアルDSM-IV-TRでは小児性愛 (pedophilia) に関して以下の記述がある[1]

  • 規準A : 少なくとも六ヶ月以上にわたり、思春期前(一般に13歳以下)の子供との性的行為に関わる性衝動や強い性的興奮を引き起こす空想、または実際の行動が頻発している。
  • 規準B : このような性的衝動に従って行動してしまっているか、あるいは、その性的な衝動や空想によって著しい苦痛や対人障害が引き起こされている。
  • 規準C : 少なくとも16歳以上であり、規準Aの対象児童よりも、5歳以上、年長であること。
    • 注記 : 12歳または13歳の児童と継続的性的関係にある、青年期後期の主体は含めない。

また、WHOの国際疾患分類改定第10版であるICD-10[2]では、Paedophilia に関して以下の記述がある。

F65.4 小児性愛 Paedophilia

小児、通常は思春期前あるいは思春期早期の年齢の小児への性的愛好で、ある者はただ少女だけに引きつけられるが、またある者は少年にだけ、またある者は両性に興味をもつ。

成人と性的に成熟した青年との接触は、とくに両者が同性の場合は社会的に承認されていないが、しかし必ずしも小児性愛と関連するものではない。ただ1回の出来事は、とくに加害者自身が青年の場合には、診断にとって必要な持続的あるいは支配的な傾向の存在を証明するものではない。しかしながら、小児性愛者のうちには、成人の性的パートナーを愛好し続けながらも適切な接触を得るのに慢性的に挫折しているため、習慣的にその代理として小児に向かう者が含まれている。思春期以前の自分の子供を性的にからかう者は、時に他の子供たちにも同様な近づき方をするが、いずれの場合も彼らの行動は小児性愛を示唆するものである。[3]

(注:DSM-IV-TRは「このマニュアルには精神障害の分類を提示しているが、「精神障害」の概念に対して、正確な境界を設定するに十分な定義は与えていない」と述べている通り、DSM-IV-TRの記述を単純に厳密な定義と捉えてはならない。診断の実際については、DSM-IV-TRICD-10 の項目を参照のこと。診断規準の提示はあくまで参考の為で、資格のない一般人が診断を行う為ではない。

なお、日本では医学上18歳未満の者を小児に含めるが、18歳未満への性的愛好のすべてが小児性愛とみられるわけではない。総合的臨床見地によって診断が行われるのは前述の通りであるが16 - 17歳の者への性的愛好が小児性愛とされるのはむしろまれである。

日常語としての用法[編集]

ペドフィリア(pedophilia)は精神医学的疾患分類とは別に、日常語として強く未成年へひきつけられる性的嗜好を表す言葉として用いられることがあり、特に欧米諸国では日常語としての使用頻度が比較的高い。日本の場合、ロリコンとベドフィリアの混同がなされており、日常語としての「ペドフィリア」は(「ロリータ・コンプレックス」・「ロリコン」に比べて)病的・犯罪的ニュアンスを伴って使用される場合が多く、また、いわゆるオタク的社会風俗場面において「ロリータ・コンプレックス」・「ロリコン」のなかでも対象が「少女」よりさらに幼い「幼女」(未就学あるいは10歳に満たない女児)である場合を「ペドフィリア」として呼び分けることがある。ただしこの場合の「ペドフィリア」「ロリコン」共に通俗的な日常語であり、その意味するところは使用者によって恣意的な場合が多い。

なお日本の場合、刑法176条(強制わいせつ罪)において13歳未満の児童に対するわいせつ行為を犯罪とする旨が定められている。また、刑法177条(強姦罪)により13歳未満の児童との性行為にはただちに強姦罪が適用される(13歳未満の児童には性的合意能力は認定されていない)など、事実上子供との性行為が禁止されている。また後述のペドフィリア認知の経緯などあって、「ペドフィリア」には性犯罪者に対する蔑称のニュアンスを含む場合が多い。

日本におけるペドフィリアの認識[編集]

日本では以前はペドフィリア嗜好に対する認識がほとんどなく、子供に対する性的行為は性犯罪者などが行う異常行為、といった認識であった。また児童に対するわいせつ事件についても、よほど悪質か異常なものを除いて「いたずら」と呼称するなど軽視される傾向が強かった。児童の裸体や性器露出についてもわいせつ物としての認識がなく、いわゆる少女ヌード写真集が70年代では堂々と一般書店で一般に発売されていた。

こうした状況を激変させたのが、1988年 - 1989年に発生した東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件である。この事件によってペドフィリア嗜好を持つ人間が一般社会に潜んでいる実態が世に知られることとなり、児童を対象にした性犯罪への警戒や児童ポルノの規制の強化、さらに通常のメディアでも児童の裸体・下着露出の自主規制などが行われることとなった。こうした経緯から、日本ではペドフィリアに対して極めてネガティブな風潮が強く、現在はほとんどが否定ばかりで、その原因や存在をとらえようと前向きに研究をしたりすることは少ない。

ただし、精神鑑定では東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件の犯人はペドフィリアの典型ではなく、他の異常性格・性嗜好障害傾向が優勢だとされる。また、成人女性の代わりとして幼女を狙ったとされている。例えば、彼の幼馴染は「日本人より外人の方がスタイルがいいから、いいよな」と彼が述べていたことを証言している。なお、実際の精神鑑定で医学的なペドフィリア的傾向があるとみなされた例としては奈良小1女児殺害事件の犯人がいる。

小児性犯罪者[編集]

子供への性的虐待の犯人は医学的診断にかかわらず一般社会から小児性愛症者であるとみなされ、そしてそういうものとして言及される。近年の精神医学診断は疾病の原因には言及しない傾向にある。しかし社会一般では逆に、犯罪の動機・原因に強い関心を持って語られることが多い。

社会一般では、犯罪の動機が「子供に限定された強い性的興味」にあると信じられている場合が多い。しかしながら、ストレス、結婚の問題、成人パートナーと接触不能など他の動機がある可能性がある。犯人の大部分は、実際には子供に主に興味があるわけではないとの説もある。

子供への性的虐待は必ずしも(粗暴なという意味での)暴力を伴うものではなくむしろ少数とも言われる。しかしながら、(粗暴な)暴力を伴う性的虐待の例では重篤な被害をもたらす場合が多く、それまで(粗暴な)暴力的手段を用いなかった小児性犯罪者が今後も(粗暴な)暴力的手段を用いない保証はない。

女性から男児への性的虐待も存在し、虐待者は実母、代母、母親の友人などである。[4]少年への性的虐待で女性が加害者である率はおよそ20%という調査結果がある。[5]被害者の男女比は同程度である。[6]また、女性の虐待加害者の66%以上は自らも性的虐待被害者であるという調査結果がある。[7] 男性の共犯者に従うこともある。[8]

ペドフィリア性向者の割合[編集]

幼児・小児に対し性的興味・嗜好を持つ人の割合に関していくつかの研究や調査報告がある。ただし、幼児・小児に対する性的興味・嗜好がただちに、小児性愛(またはその傾向)を意味するわけではない。以下の報告は、精神医学上の小児性愛者(pedophile) ではなく、広義のペドフィリア「小児への性的嗜好」に関する調査報告である。

  • 日本では唯一NHKによる調査が存在する。『日本人の性行動・性意識』[9]では13歳未満の相手とのセックスについて、「してみたい」と積極的肯定回答した男性は、10代(16 - 19歳)6%、20代5%、30代4%、40代1%、50代8%、60代0%であった。他方、女性においては、積極的肯定回答はすべての層でほぼゼロに近く、消極的肯定回答も10代に2%が見られるのみである。選択肢には、他に「どちらかといえばしてみたい」 「どちらかといえばしたくない」 「したくない」 「実際にしたことがある」があった。また質問に対し「無回答」もあった。これらについて、10代-40代では「どちらかといえばしてみたい」の消極的肯定も、積極的肯定とほぼ同数かそれ以上あった。「無回答」は30代以下では1割以下だが、年齢と共に大きく増加し、60代では半数に迫った。「無回答」の比率は、各年代とも男女間に大きな差は見られない。
  • アメリカ合衆国におけるキンゼイ報告(1975年)での調査及び、他の研究[10]が示す数字では, 成人男性の少なくとも25%が小児に対し性的魅力を感じていると述べている。
  • カルフォルニア大学ロサンゼルス校心理学部ポール=オーカミによれば性欲の第一の対象が思春期前の子どもだというアメリカ人の割合は1%前後だという。ただし「小児性愛者」の意味は法令や心理学者の判断、記者の偏見によって左右されるため、人口に占める小児性愛者の割合は1%・5%・21%・50%、いずれも正しいという。
  • 警察庁の調べでは、2005年の1月から11月までの小学生の犯罪被害件数は、強姦41件、強制猥褻1110件、公然猥褻112件である(ただし、犯罪記録は直接小児性愛者の数とは結びつかない)。
  • ペドフィリア(小児性愛)が異常あるいは精神障害(Mental Disorder)かどうかについては、議論の余地がある。かつて APA の精神障害診断基準 DSM から「同性愛」を外すことに尽力したリチャード・グリーン(Richard Green)等は、小児性愛感情を持つ一般人は、20-25%存在し、小児性愛的刺激物への反応率は 27.7% と、広範に存在することから、ペドフィリアを DSM より取り除くことを主張している[11]

註:最近の精神医学では、平均との「乖離性」よりも、その「適応性」(主体の孤立・苦悩・経済的破綻)や「価値的基準」(社会規範の遵守等)を重視する傾向がある。そのため、小児性愛(pedophilia)を医学上正常の範疇とする考えは少数派に留まる。この(「乖離性」より「適応性」や「価値的基準」を重視する)観点から近年「同性愛」は、性嗜好障害から除外された。

ペドフィリアの類型[編集]

一般に報告されている事例では、男性の小児性愛者のケースが、女性のそれを明らかに圧倒的に上回っている。

また、DSM-IVは、診断における補足項目として、次のような三つのポイントについて留意し記載するよう奨めている。

  1. 小児性愛者が対象とする児童について:a)女児のみを対象とするか、b)男児のみを対象とするか、c)男女に関係なく対象として性的に誘引されるか。
  2. 対象児童との関係が、「近親姦」となるか否か。
  3. 性愛対象におけるヴァリエーション:つまり、a)もっぱら児童のみを対象として、成人や若い青年、少年・少女に性的嗜好を持たないか、b)性的嗜好対象が、児童のみではなく、広がりを持つか。

小児性愛の類型は明らかに存在すると思われている。しかし現在、その素因や他の性嗜好との相関等について、実証的に確認できるものはないに等しく、定まった説はない。

ペドフィリアになる原因[編集]

現在までの間で、ペドフィリアになる(ペドフィリアに至る)原因については諸説ある。一説には脳内のセロトニンの異常によるという。また一説には児童期の虐待などが原因とされる。自身が児童であった時のイメージを、そのまま対象の児童に投影してしまうためという説、他に、成人との性的接触に挫折した代償(前述ICD)であるという説。幼少期にふさわしくない性的刺激を体験した者(親の性交を見る等)は児童性愛者になりやすいと唱える者もいる。また近年の研究では、ペドフィリアを含む性犯罪者の中には一部脳の欠損や機能障害(遺伝的なものを含む)が認められる場合が報告され、原因のひとつと考えられる。

ペドフィリアと宗教[編集]

かつては、すべての伝統的なホモ・サピエンスの社会において、オスの生殖上の利益を最大にするため[12]、妊娠・出産が可能になる下限までのメスを性の対象とすることが許されていた。そのため10歳前後の少女との結婚・セックスも認められており、ペドフィリアの一部は、社会的に存在を認められていたと言える。かつて伝統的社会の規範であった宗教において、ペドフィリアに対する「寛容性」が見られていたが、現代では低年齢での妊娠・出産には多くの身体的危険が伴うことも明白となり、多くの宗教・宗派はペドフィリア的性向を人権侵害につながるとして認めていない。

キリスト教[編集]

イスラーム[編集]

仏教[編集]

ヒンドゥー教[編集]

ヒンドゥー教でも、10歳前後の少女との結婚・セックスは広く認められていた。現代でも農村部では、10歳前後の少女との結婚・セックスが見られる。

関連書籍[編集]

  • Faller, Kathleen Coulborn : Child Sexual Abuse, (Columbia University Press) ISBN 0231064713
  • Groth, A. Nicholas, Birnbaum, H. Jean : Men Who Rape: The Psychology of the Offender, (Perseus Publishing, October 2001) ISBN 0738206245

出典・注記[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ American Psychiatric Association :DSM-IV-TR [Text-Revised] :Diagnostic criteria for 302.2 Pedophilia. - Newly translated into Japanese by a present writer of the Wikipedia Japan.
  2. ^ International Classification of Disease, 10th revision
  3. ^ World Health Organization 1992 The ICD-10, F65.4 Paedophilia
  4. ^ アンデシュ・ニューマン&ベリエ・スヴェンソン(著) 太田 美幸 (訳) 性的虐待を受けた少年たち―ボーイズ・クリニックの治療記録
  5. ^ Fergusson,D.M. & Mullen,P.E. (1999). Childhood sexual abuse: An evidence based perspective. Sage Publishing,Inc.
  6. ^ アンデシュ・ニューマン&ベリエ・スヴェンソン(著) 太田 美幸 (訳)  性的虐待を受けた少年たち―ボーイズ・クリニックの治療記録
  7. ^ Saradjian, J. (2001) "The Extent of the Problem" article distributed at lecture in Linkoping.
  8. ^ Saradjian, J. (1996) Women who Sexually Abuse Children. Chichester.
  9. ^ 2002年:ISBN 4140092947
  10. ^ Freund & Costell 1970, Hall et al. 1995
  11. ^ Archives of Sexual Behavior Vol. 31, No. 6 2002年
  12. ^ 相手のオスにとって、平均的な性的快楽の面で利益が最大となる10代後半から20代前半ではなく、初潮が来る下限年齢の10代前半から中盤にメスの結婚・セックスのピークが来ていたことから、かつての結婚・セックスではオスの生殖上の利益が、オスのセックスの快楽の利益より平均して上位に位置づけられていたとされる。

関連項目[編集]