寝取られ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

寝取られとは、国語辞典的な定義では動詞「寝取る」の受動形の名詞化された言葉である。性問題用語としては、自分の好きな異性が他の者と性的関係になる状況・そのような状況に性的興奮を覚える嗜好・そういう嗜好の人に向けたフィクションなどの創造物のジャンル名、などを指す。ゲーム業界などでは、NTRなどと呼ぶ場合がある[1]

用語の歴史[編集]

マゾヒズムの一種としての、「自分の恋人や妻が他の男と性的関係になることを悦ぶ性癖」は、谷崎潤一郎の『』やマゾッホの『毛皮を着たヴィーナス』などで描かれてよく知られていたが、そのような性癖を表す用語でよく知られたものはあまり無かった。(天野哲夫が紹介した『三者関係』『トリオリズム』という言葉は存在した[2]インターネットなどでは、アダルトゲームアダルトビデオのジャンル名としてこの語が頻繁に使われるようになっている[3]。紙媒体では、本橋信宏が新書「人妻はなぜそそるのか?」で、この性的嗜好を「寝取られの世界と人妻たちのこれから」という章を割いて紹介した。ネット上ではその種のサイトで賑わっていることや、「自分は寝取られ好きなのに寝取る役割を依頼される河合俊一似の男」や「妻に性感マッサージを受けさせるのを覗き見した男」の事例が紹介された。

日本語に外来語として定着している「寝取られ男」を表す語に、フランス語の「コキュ」 (cocue) がある。仏文学者明治大学国際日本学部教授の鹿島茂のいくつかの性に関する著作によると、フランスはコキュ文化の国とされ、寝取られ男を描いた文学や演劇などが多く存在する。鹿島茂の『空気げんこつ』によると、フランス語には「寝取られ男」を表す言葉が下記のように3種類あるという。

  1. コキュ - 浮気されていることを知らない。
  2. コルナール - 浮気されて、激怒している。
  3. コルネット - 浮気されていることを知っていても、泰然自若としている。

英語では cuckold が寝取られ男を表す語であり、寝取られマゾ的傾向そのものやそういう嗜好のポルノグラフィを表す場合もある。また、妻の不貞を容認している男を、wittol と呼ぶ。

鹿島の新書『SとM』によると、カンダウリズム的な嗜好の3P愛好者にとっては、寝取る側の男を「ギリシャ人(グリーク)」と呼ぶらしい。マゾッホの『毛皮のヴィーナス』で、ギリシャ人が妻ワンダを寝取るから、である。

「マゾ」の語源で有名な小説家のレーオポルト・フォン・ザッハー=マゾッホは、自分の妻に故意に姦通を行わせて性的快楽と興奮を得ていた。

男性に特有か?[編集]

この性癖は男性に特有のものであると、鹿島の『オールアバウトセックス』の女性たちとの対談や、亀井早苗の『男と女』などには書かれている。

しかし、ケイト・ブランシェット主演の『エリザベス:ゴールデン・エイジ』の続編には、女王になって禁欲を強いられたエリザベスが、愛する男と他の女をダンスさせて、嫉妬と興奮の入り混じった恍惚とした表情でそれを眺めるシーンがある。富島健夫のいくつかの官能小説にも、彼氏を他の女に抱かせて嫉妬を抱くことにマゾ的な快感を得る女が何回か登場する。

寝取られ的な小説、映画、漫画、ゲームなど[編集]

関連書籍[編集]

  • 鹿島茂 - 『オール・アバウト・セックス』『空気げんこつ』『SとM』など幾つかの書物で、寝取られ(コキュ)について語っている。
  • 男と女 セックスをめぐる五つの心理 - 亀山早苗の著書。ノンフィクション。 「嫉妬」という章で、この嗜好が紹介されている。
  • なぜ人妻はそそるのか? (メディアファクトリー新書) 本橋信宏・著  紙媒体として、ネットではよく使われていた「寝取られ」「寝取られマゾ」「NTR」などのタームを用いて、この性癖を説明した草分け的書物。最終章がその趣旨にあてられている。

[編集]

  1. ^ なぜ人妻はそそるのか? メディアファクトリー新書-本橋信宏
  2. ^ 三者関係(トリオリズム)の罠―ある異端者の随想録〈2〉
  3. ^ ビデオのジャンルとしてはながえスタイルが代表的、ゲームに関しては「寝取られゲー」という略称で語られていることがNE研のサイトでわかる
  4. ^ 歌詞
  5. ^ [1] [2]

関連項目[編集]

  • 浮気
  • カンダウリズム - 元は、妻の裸体を他者に見せることを悦ぶ性的嗜好のことを指していたが、最近は「寝取られ」「cuckold」と同義になりつつある。
  • スワッピング (性行為) - 寝取られ的な嗜好の人が多く参加する。
  • 叶恭子 - 『3P トリオリズム』という著書があり、二人の男とのセックス、嫉妬がもたらす興奮などが女性視点から描かれている。「すべては愛の行為」という自作自演の映像作品でもジェラシーをコンセプトに白人男性2人とのラブシーンを演じてみせた。
  • 本橋信宏 - 『kotoba』という雑誌で、寝取られ性癖を紹介した。NTRという略称も紹介。
  • 面影ラッキーホール
  • ゼロフィリア - 嫉妬愛好癖。