勃たせ屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホモビデオの現場で「タチ」側の男優に潤滑油をわたす勃たせ屋

勃たせ屋(fluffer)はポルノ映画のスタッフとして雇われた人間。現場での役割は、勃起が必要とされるシーンを撮影する前に男優を性的に刺激することである[1]

勃たせ屋はテイクや写真撮影の間中、ポルノ映画のスターを「お掃除」するとともに、まっすぐなままにすることも仕事であるので、男優やモデルは体勢を変更する必要がない。こういった仕事はメーキャップ部門の一部と見なされている。構図を定めると、監督は男優に体勢を保たせ、勃たせ屋を呼んで撮影前に男優のイチモツを「ふくらませる」。

2001年の映画「The Fluffer」はホモ男優を職業とする有名な俳優とある青年が衝突するさまを描いたものだ[2]。2003年にやはり「The Fluffer」というタイトルでリリースされたのは、4分ほどのショート・コメディーである[3]

脚注[編集]

  1. ^ Collins, Scott (2006年8月27日). “Long night for Emmys”. Los Angeles Times. http://theenvelope.latimes.com/awards/emmys/env-et-channel28aug28,0,2703208.story?track=mostviewed-splashpage 2008年5月10日閲覧。 
  2. ^ Scott, A.O (2001年11月16日). “FILM REVIEW; O.K., Just Tell Your Folks It's Artistic Work, in Films”. The New York Times. http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9B03E1DC173BF935A25752C1A9679C8B63 2008年5月10日閲覧。 邦題は「ハードコア・デイズ
  3. ^ The Fluffer (2003)”. Internet Movie Database. 2008年5月10日閲覧。