ニューハーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
旅順のニューハーフ

ニューハーフ(和製英語:New + Half、英:Transsexual)とは、男性として生を受けた者が人為的に女性として生きたり、そうした風貌をして仕事や生活をする者の呼び名であり、現代日本における造語である。

概要[編集]

ニューハーフの例。上半身が女性で下半身が男性

ニューハーフとは元々、生物学的には男性なのに女性の恰好や仕草を売りにして水商売風俗店に従事する人を示す俗称と考えるのが一般的であった。近年は「生物学的には男性だが、女性的な外見の人」や「性別適合手術を済ませた人」、「精神面だけではなく、外見的・社会的・身体的にも女性化を望み、女性化に励む人」らを総称する広い定義であると認知されるようになった。しばしばオカマ(おかま)などと呼ばれることがあるが、一般人が当人たちに対してそう呼ぶと蔑称になる可能性がある。

時代の移り変わりとともに、ゲイボーイ・シスターボーイ・ブルーボーイ・おかま・Mr.レディー・ニューハーフ・おねえ、などと、呼び方が変化してきた。どれも同じ意味合いではあるがそれぞれイメージが異なる。現在においてはシスターボーイ・ゲイボーイ・Mr.レディーは死語となっている。米俗語のシーメール(she-male)は「おんなおとこ」というような言葉だが、特に女性化乳房と男根両方を兼ね備えたニューハーフを指す意味合いが強い[1]

また、一般人が混合しやすいゲイレズビアンバイホモセクシュアルには、はっきりとした区別がある。ゲイは男性同性愛者、レズビアンは女性同性愛者、バイは両性愛者、ホモセクシュアルは同性愛者全般を指し示す言葉である。現在の社会では女性的な振る舞いをする男性を受け入れる素地はまだまだ少ない。そのため一般の職業につきにくく、女装から性別適合手術に至るまでの一連の女性化費用を捻出するため、ニューハーフとしてニューハーフ専門の水商売や性風俗産業に従事する者が大半である。さらに、一般者からは少なからず差別の対象として見られることや、人間関係においてもニューハーフという特異な立場から、必要以上に気を遣う場面が多いことも理由に挙げられる。これらの問題は性転換や戸籍の性別変更を経てもなお付きまとう問題であり、生涯に渡っての覚悟と勉強、努力を要する。

水商売は具体的にはショーパブやニューハーフクラブのことを指す。美しい容姿をしているということ以外にも客を楽しませる面白い人物であることが求められるため、たとえ男性的な顔立ちであっても客側を盛り上げたり楽しませたりできる実力や補うものがあれば、それなりに勤まる仕事である。

ニューハーフが風俗嬢として接客する性風俗店が運営されており、ニューハーフ風俗という一つのジャンルを確立している。ニューハーフ風俗が成立する理由は、元男性ということで男性客とお互いに安心でき共感しやすい、女性の風俗嬢に比べて単価が安いなどが挙げられるが、他には女性化した身体と男性器の組み合わせといったアブノーマルで非日常的な行為・時間を求めたい客層が存在することが大きい。特に男性客側が挿入されるアナルセックスを行うことができることは女性の風俗店では味わえない強みである。

性転換手術を経たあとでもニューハーフ風俗店で働くことはできるが、戸籍を変更してしまうと風営法に抵触する恐れがあるため、性転換手術後もニューハーフ風俗店で働こうとする者は戸籍を変更しない慣習がある(女性の風俗店で働くことには客の側から忌み嫌われている事も多いが中には性転換と戸籍変更後に女性風俗店に勤務する者も少なからず存在する)。風俗店勤務を皮切りにニューハーフのAV女優になる者も少数ではあるが一定数存在する。

大手のニューハーフ風俗店も女性の風俗店同様に許可は取っていてホームページを出したり風俗情報誌で紹介される事も多いが、その特殊な業種により訪れる客や近隣住民を考慮して店の看板は出さない事が多い。前述した中で風営法と出たが、ニューハーフ風俗店は戸籍上の異性同士による風俗店ではないので、現風営法の対象外である。もしも何らかの形で規制があるとすれば、迷惑防止条例や猥褻物頒布罪に該当するケースである。

近年は性同一性障害トランスジェンダーといったセクシャルマイノリティが広く認知されてきた事もあり、水商売や風俗店に従事する道を選ばず一般職に進む者も増えてきた。しかしニューハーフなら誰しもが世間に認知され受け入れられ一般職に勤められるわけでもなく、水商売・風俗産業の道に進まざるを得ない者も一定数存在する。 

職業名と病名のギャップ[編集]

水商売や風俗嬢をして働く者の中には、自分自身を第3の性、または性をボーダレスと考え、一個人の個性と認識している者も少なくない。そのため、一部には自分自身を性同一性障害ではないと断定する者もいる。

その理由は、戸籍の性別を変えたとしても、完全な女性にはなれないと自覚しているためである。自分自身を完全なる女性だと思う事を"錯覚や幻想"だと捉え、例え性別適合手術を受け、戸籍も女性に変えたとしても、人生や恋愛において現実との軋轢が起こることには変わらないと理解しているのである。 この自覚は、身をわきまえる覚悟やギャップに苦しまないよう"気持ちに保険をかける"という意味合いもあったりする。

そのためかニューハーフの中には、"元男である"ということをコンセプトとするこの仕事(水商売・風俗)を仕事として割り切れない事が性同一性障害なのだと認識する事が多い。

当事者のアイデンティティ上には、このように性同一性障害とニューハーフというものにギャップを感じる事が多く、性同一性障害者=ニューハーフという構図に対して否定的になってしまうのである。なぜならば、性同一性障害者とニューハーフの生き方が異なるからである。それが元で個人における意見や見解、実態が大きく異なるという事態が起きてくるのである。そういった面も災いして、世間一般者にとってセクシャルマイノリティの区別がつきにくいという状態の一因を担ってしまっているのである。

ニューハーフの女性化[編集]

昔は過度に古風な女性の仕草をコピーする人が多く「女より女らしい」と言われた時代もあったが、近年では、女性と変わらない自然な雰囲気のニューハーフが増えて来つつある。これは、女より女らしいということを強みとして生きるよりも、なるべく普通の女性として生活し、一般女性の幸せを選ぶほうが好ましいと感じるニューハーフが多くなったためである。

化粧や服装による女装のみのニューハーフも相当数いるが、現代では医学を応用して性別適合手術とよばれるような肉体を女性的に作り変える手法が成熟している。 ニューハーフとして生きることを選択した者は、肉体的にも女性化を目指す者が多いが、あえてしない者もいる。例えば身長が高く骨格が大きいニューハーフは肉体を変えても女性としては見られにくいので身体は変えずに生活を送ったり、時代により今ほど性別適合手術が一般的ではなくリスクが高かったのでしなかったり、親の反対や世間体の問題で出来ないなどの理由が挙げられる。

以下、見た目や肉体を人為的に女性らしい体・風貌に作り替える手法について大まかな分類を挙げる。

全般[編集]

  • 美容整形
    • 男性的に発達した頬骨やあご骨は整形手術で削ったり切ったりして、女性的な顔立ちを目指す。
    • 二重瞼形成手術により目を大きく見せることで、男性的な印象を抑える。
    • 鼻筋を綺麗にしたり、男性らしい眉間の凹みや額の平べったさを改善するためにプロテーゼやビアルロン酸を注入する。
    • 女性らしいくびれを目指すために、骨盤周りに脂肪やシリコンを注入する術例も少なからず存在する。
  • 服装
    現在のニューハーフは低年齢で去勢する者も多く男性的な成長が早くに止まるので、一般の女性のサイズの服を着る。
    ※ もちろん資金や環境の問題等で、若年のニューハーフでも男性的な成長を迎えた後で去勢する者も大勢いる
    サイズが合わない者は、服や靴を自分のサイズにオーダーしたり、一般女性の大きめのサイズが売っている専門店にいったり、通販を利用したりする。
  • 化粧
    基本的に化粧の方法は、一般女性とさほど変わらない。しかし人によっては男性らしい骨格を隠すために化粧で過度に陰影をつけたりする傾向もある。例えば、はるな愛はおでこの生え際のところにペンシルで影を入れ小顔効果を演出している。[2]水商売や風俗嬢などは薄暗い屋内で接客するため、更に濃いメイクの傾向になる事もしばしば見かける。[要出典]ショーパブなどにおいてはショーで映える必要があるため、舞台メイクさながらのメイクを求められる。これらはニューハーフに限らず、女性の同等の職によるメイク法と共通する事も多い。
    基礎化粧品は女性と同じ物を使う。性ホルモン投与により肌質が女性的になってくれば女性向けの基礎化粧品が肌に合ってくるという事もしばしばある。
  • 髪型
    髪型も基本的には女性と変わらない。ニューハーフになりたてで髪型が男性的で短い時期はウィッグを着用したりする事もあるが近年はヘアーエクステンションなどの発達によりウィッグを用いなくても自然な長髪を演出する事も可能となった。地毛がある程度伸びてからは、ショートカットやロングヘアに限らず美容室などで女性と同じようにカットする者が多いので女性と変わらない。髪質は性ホルモン投与により次第に変化していくとの報告も多数ある。
  • 脱毛
    • 男性の代表的な特徴であるは年齢と共に濃くなっていき、剃っても根本が肌に透ける「青ひげ」になってしまう。そこで毛抜で抜いたり、永久脱毛することが行われる。ただし濃くなる前やもともと生えてない時期に女性ホルモン投与や去勢によって男性ホルモンの働きを抑えればそれ以上濃くはならない。
    • 資金的余裕のある者は、両脇や両脚を中心に全身脱毛も試みる。
    • 資金的に脱毛できる余裕がない者は、習慣的にシェーバーなどを用いて顎をはじめ全身の毛ぞりを行う。肌荒れ対策にスキンケアも欠かせない。

性ホルモン[編集]

  • 去勢
    • 手術もしくは薬剤により睾丸から分泌される男性ホルモンを断つことにより、身体から筋肉を減らし、髭を含む体毛が濃くなることを防ぐ。髪以外の体毛の発育は遅くなる傾向にはあるが、永久脱毛をしない限り皆無になるわけではない。 
  • 女性ホルモン投与
    • 女性ホルモンは、乳腺組織を発達させるとともに、皮下脂肪を沈殿させることで、女性らしい体を作る作用がある。そのため、女性化を望む者の多くの者が投与している。手術が必要ないという点では手軽であるが、高濃度の女性ホルモンは睾丸などの男性機能を不可逆的に損ない、精子や男性ホルモンを作り出せなくなるので、それなりの覚悟が必要である。臀部も脂肪の沈殿であるていど丸みをおびるが、成長期を過ぎてから投与されるため、女性のように骨盤が大きく高くなる事はない。このためヘソとくびれの位置関係でニューハーフを見分けることができる。ちなみに性ホルモン異常などで成長期から女性ホルモンの影響が強いものは骨格も女性的になる。性同一性障害により第二次性徴を迎える前や成長期の途中などの早い時期からホルモン投与を受けた者も骨格や体質が女性的になりやすい。
  • 性ホルモン投与や去勢における副作用
    • 精子を作り出せなくなり不妊になる。
    • 性欲が弱くなる、もしくは無くなる可能性がある。
    • 性欲が減衰した分、他の欲求が強まる傾向が高い。
    • ホルモンバランスの急激な変化や崩れにより、体調や体重の変化が著しい。
    • 筋力低下などにより体力が衰える。
    • 肝機能が低下してお酒が飲めなくなる。
    • 情緒不安定になる。
    • 去勢、または長期的なホルモン投与により男性機能が不可逆になってしまった場合は、ほぼ永年に渡りホルモン投与を必要とする。それを怠っても生きる事はできるが早い段階で骨粗鬆症を患ったり更年期障害を迎える可能性が高まる。

乳房[編集]

乳房組織の基となるものは、胎児期に男性に分化する前に作られてしまう。そのため男性にも乳首があり、女性のような乳房を発達させる素地がある。

  • ホルモン胸
    女性ホルモンの作用によって女性化乳房を持つ者。基本的に成長期を過ぎてから投与されるので、乳腺組織の発達に限度がある。概ねカップサイズにしてAAからA、大きくてもC程度までと考えると良い。ホルモン投与のみで乳房が発達する度合いは個々の素養に大きく左右される。
  • 豊胸
    豊胸手術によって大きく見せた胸。基本的に性ホルモンである程度女性化乳房を発達させてから、サイズ嵩上げの為に手術する。十分に女性化乳房が発達しているほど、自然な乳房に仕上げやすい。昔はシリコンが主流だったが、近年は生理食塩水や特殊なジェルパックなど改良がなされてきている。身体の他の部位から取った脂肪を胸に移植注入するという手法もあり、より自然な乳房を得る選択肢も増えた。

性器[編集]

  • 性転換手術(性別適合手術:SRS)済み
    陰茎を取り除き造膣することで女性として男性との性交渉が可能になった者たち。人工の膣であっても陰茎の表皮を造膣に使うなどして性感を得ることができる。しかし女性の膣と違って雑菌の繁殖を防ぐメカニズムが備わっていないので自己管理で衛生を保つ必要がある。性転換の課程をドキュメンタリー的に描いたものがある。
    性転換手術には、陰茎の包皮を裏返して造膣する「陰茎会陰部皮膚翻転法」と呼ばれるものと、大腸の一部を利用して造膣する「大腸法」の2種類に大別される。一般的には前者の手術が多く、大腸法に比べると手術も行いやすい。昔の手術では愛液等は分泌しにくく性交時にはゼリーなど用いる場合も一部である、近年の手術では愛液等は分泌する造りになり必要ない場合もある。

その他[編集]

  • 喉の構造上、女性が男性の声をだすことは困難であるが、男性が女性の声をだすことは訓練を積むことで可能である。メラニー法などが知られている。声を高くする外科手術も存在するが、効用がリスクに吊り合うとは言い難く受けるものは少ない。
  • 戸籍
    性転換手術を終えると性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律により、戸籍上の性を変えることが可能になる。多くはニューハーフ専門の店を辞めて、生来の女性と同じ職場で働いたり、男性と結婚して家庭に入ることを希望する。なお、戸籍の上で女性となっても、必ずしも女性として風俗店で働けるというわけではなく、結局はニューハーフの風俗店で働く者もいる。もっとも性転換手術に伴う男根の消失はニューハーフ風俗嬢としての評価を下げることになりがちである。

語源[編集]

有力な説として、1980年に大阪のショーパブ「ベティのマヨネーズ」のママであるベティと桑田佳祐の対談時に、ベティが「男と女のハーフよ」と言ったのを聞いて桑田が「じゃあニューハーフだね」と言ったのが始まりというものがある(ベティ本人が「週刊えみぃSHOW」など地元関西ローカルの番組で度々公言している)。

朝日新聞2010年9月16日によれば、1981年ベティのレコーディングをきっかけに桑田と出会った。桑田に「ねえ、ベティはどこの国のハーフなの?」と聞かれたベティが「ばかねえ、男と女のハーフじゃないの」と言い返し、スタジオが笑いに包まれた[3]。そしてベティをニューハーフとして売り出すことが決まる。

かつての呼称

ゲイボーイ

現在はゲイボーイというと女装しない同性愛男性を指すが、日本では、1950年代頃から女装あるいは性転換して、酒場や風俗店などで働く人をゲイボーイといっていた[参照 1](英語での用法とは全く異なるので注意)。松本清張の『時間の習俗』などはゲイボーイがまだ珍しい時代を背景に成立した物語で、1980年代ドラマ化された時はその付近の演出に苦労の跡が見られた。

シスターボーイ、ブルーボーイ

1950年代後半-1970年代頃は、美輪明宏(当時は丸山明宏)などを指す言葉としてシスターボーイ、またパリキャバレー「カルーゼル」の性転換ダンサーを指す言葉としてブルーボーイという言葉が生まれたこともあるが、どちらも現在では死語となっている[参照 2]。シスターボーイは女性的な雰囲気の美形男性を指すもので、肉体的には手を入れていない人が主であった。ブルーボーイの方はその後性転換したダンサーだけでなく、性転換して風俗関係で働く人たちなどにも適用範囲が広がっていったが、ブルーボーイ事件あたりを境目にして使用されなくなっていった。

Mr.レディー

日本ではMr.レディーという言葉も使用された時期があるが、この言葉は、1978年フランスイタリア合作映画 『Mr.レディ Mr.マダム』 に由来する。但しその頃の日本社会ではこの言葉は一般的ではなく、バブル時代頃にフジテレビ系「笑っていいとも」で一年間続いた人気コーナー、「Mr.レディー & Mr.タモキン」が放送された頃に広まった。

ニューハーフの歴史[編集]

  • 1981年ごろに松原留美子を指す言葉として広く知られるようになった。松原留美子は「六本木美人」という宣伝キャンペーンのモデルを務め、その美貌が大いに話題になった後、実は男性であると公表して大反響を呼んだ。松原は「もし“六本木美女”だったらモデルに応募できないが、“美人”なら男である自分でも大丈夫だと考えた」と語っている。なお松原は、少なくとも当時は一切身体には手を入れていなかったと言われ、「ニューハーフ=身体は完全に男性」という認識があったと見る向きもある。
  • アメリカでは同様の傾向の人たちを表す言葉としてシーメール(She-male)が使用されてきた。最近ではトラニー(Trannie)という言葉も使われる。

架空のニューハーフ[編集]

一般の認知度と比例するようにニューハーフが架空の作中に登場することが増えている。もっとも、作中に登場するニューハーフの多くは面白さや好奇心を刺激する存在で、女性にしか見えないか、明らかに男性然としているかの両極端である。作品を売るために、ありのままのニューハーフを扱う作品は多くない。

海外でのニューハーフの実情[編集]

宗教の問題やモラルの問題で同性愛・異性装飾をタブー視している国も多い。文化圏によっては命の危険すらある。おおっぴらにニューハーフを見られるのは個人の自由を認める国に多い。例外的に、母系社会のタイや、太平洋諸島の一部など男子の一部を女性として育てる習慣がある文化圏[4]では多くのニューハーフを見ることができる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『性的なことば』(講談社現代新書、共著、2010年発行)400-406頁 シーメール項目(三橋純子 著)
  2. ^ 小顔になるとっておきの方法|小顔メイク http://www.centr-zvezda.com/face10/
  3. ^ 渡辺周 (2010年9月16日). “ニューハーフ薩摩へ帰る” (日本語). 朝日新聞(夕刊) (朝日新聞社): p. 1. "桑田が言う。「ねえ、ベティはどこの国のハーフなの?」ベティが言い返す。「ばかねえ、男と女のハーフじゃないの」" 
  4. ^ ジャレド・ダイアモンド著「銃・病原菌・鉄」
[ヘルプ]
  1. ^ ゲイボーイの使用例
    • 1957年11月1日『新潮』「ゲイボーイの誕生地」
    • 1958年『夜の異端者』(南旺社)「ゲイ・ボーイの生活と意見」
    • 1969年7月29日『朝日新聞』「共犯の少年も逮捕 ゲイボーイ殺し」
  2. ^ シスターボーイ、ブルーボーイの使用例
    • 1957年11月『婦人公論』「男色論-シスターボーイの魅力-」
    • 1957年11月22日『読売新聞』「ステージ シスターボーイで売る メケメケよろめけ」
    • 1964年5月3日『アサヒ芸能』「ブルーボーイと恋した男の告白:異常化すすむ”東京の夜”の断面」
    • 1964年2月『裏窓』「裏窓タウン:ブルーボーイ」
    • 1967年4月10日「平凡パンチ」「ブルーボーイ学入門」。