薔薇の葬列

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
薔薇の葬列
Funeral Parade of Roses
監督 松本俊夫
脚本 松本俊夫
製作 工藤充
音楽 湯浅譲二
撮影 鈴木達夫
編集 岩佐寿枝
配給 ATG
公開 日本の旗 1969年9月13日
上映時間 105分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

薔薇の葬列』(ばらのそうれつ)は、1969年制作の日本映画

映画評論家、実験的映像作家として知られていた松本俊夫監督の劇場用長編第1作であり、ピーター(池畑慎之介)のデビュー作でもある。英題は "Funeral Parade of Roses"。

作品概要[編集]

新宿ゲイバー 「ジュネ」の看板少年であるエディは、経営者の権田と親密な関係にある。それを知った店のママ、レダは嫉妬の炎を燃やし、エディを傷つけようとするが失敗。店も権田も独占したエディは、ある事をきっかけに自らの宿命を悟る。

猥雑なエネルギーに満ちた60年代末期の新宿を舞台に描かれる「裏オイディプス物語」。俳優たちがカメラに向かって素で語ったり、当時活躍していた先端的芸術家文化人友情出演していたりと、アヴァンギャルド映像作家・松本俊夫ならではの趣向が凝らされている。

その他[編集]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

(特別出演)

外部リンク[編集]