Miss International Queen

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Miss International Queen(ミス・インターナショナル・クイーン)は、タイ王国パタヤ市にあるニューハーフ・シアター、Tiffany's Show Pattaya Co.,Ltd.が主催する、世界のニューハーフに参加を募って開催される、ニューハーフのビューティーコンテストの世界大会である。2004年に第1回大会が開催され、例年10月の最終金曜日または11月の第1金曜日に本選が開催される(2008年大会はタイの政情不安のために中止)。2009年大会は日本人出場者のはるな愛が優勝者となる。

 なお、2012年大会は10月28日-11月2日の期間で開催。

 参加基準は、18歳以上で戸籍上男性であること。性転換済みであるかどうかは問われない。外国人はオープン参加が可能であるが、タイ人の出場者は同じくTiffany's Show Pattaya Co.,Ltd.が主催するタイ人ニューハーフのためのビューティーコンテスト、Miss Tiffany's Universe(毎年5月に開催) の優勝者が参加することになっている。また、外国人の参加については、同一人物の連続出場は2大会連続までという内規もある。

Miss International Queen 開催の経緯[編集]

 Miss Tiffany's Universeは1998年から毎年行われるようになったが、2000年大会に初めて日本人ニューハーフが1名参加した。その後2002年大会に1名の日本人、2003年大会に3名の日本人と2名の韓国人が出場し、タイ人ニューハーフのためのコンテストであったMiss Tiffany's Universeが少しずつ国際化し始めた。また、Tiffany's Showは先行してアメリカで行われていた世界のニューハーフを集めてのビューティーコンテスト、Miss Queen of Universeに2002年大会の優勝者を送り込み、見事優勝を果たした。

 こうした経緯からTiffany's Showとしては、自らこうした世界大会が開けないかと模索し始めるようになった。

 そこで、2004年からTiffany's Showはタイ人ニューハーフのビューティーコンテストとしてMiss Tiffany's Universeを、世界のニューハーフを集めてのビューティーコンテストとしてMiss International Queenを開催するようになった。

 Miss International Queenの開催に至っては、日本人ニューハーフがMiss Tiffany's Universeに参加してきたことによって先駆的な役割を果たしたと言えるだろう。

 なお、Miss International Queenの開催当初は在タイ日本人フォトグラファーの朝井秀郎が協力者として関わっていたということが、本人によるエッセーで綴られている。<「ニューハーフ倶楽部 Vol.46」(平成16年11月10日発行、三和出版刊)>

Miss International Queenの開催目的[編集]

Miss International Queenのホームページによると、開催目的は以下の通りとなっている。

  1. 世界中のトランスジェンダーに国際的な競争の機会を与えるため。
  2. 世界中のトランスジェンダーに今日の世界でより受け入れられる機会を提供するため。
  3. 国際社会の間で人権認識を創造するため。
  4. タイ王立エイズ基金への寄付活動を行うため。
  5. レスビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーのコミュニティの間の国際的な友好関係を築くため。
  6. タイ政府観光庁に協力し、パタヤの観光客増加に寄与するため。
  7. パタヤを世界で最もエンターテイメント性のある都市の一つとして発展させ続けていくため。
  8. ティファニー・ショーが世界のレスビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーのコミュニティの間の橋渡しをしていくため。

歴代優勝者[編集]

  • 2004年大会(第1回大会) Treechada Phetcharat(タイ)
  • 2005年大会(第2回大会) Mimi Marks(アメリカ)
  • 2006年大会(第3回大会) Erica Andrews(メキシコ)
  • 2007年大会(第4回大会) Tanyarat Jirapatpakon(タイ)
  • 2009年大会(第5回大会) はるな愛(日本)
  • 2010年大会(第6回大会) Mini Han(韓国)
  • 2011年大会(第7回大会) Sirappasorn Auttayakorn(タイ)
  • 2012年大会(第8回大会) Kevin Balot(フィリピン)

日本人出場者とその戦績[編集]

2004年の第1回大会から、2012年の第8回大会まで日本人ニューハーフはすべての大会に出場している。

  • 2004年大会(第1回大会) 榊不二子、不動美樹、山崎つかさ、Tomo
  • 2005年大会(第2回大会) 丸山かのん、山崎つかさ
  • 2006年大会(第3回大会) 朝川ひかる
  • 2007年大会(第4回大会) 月島紅、はるな愛、Shima Shyna(日本国籍を持つフィリピン人と日本人のハーフ)
※月島紅 Miss National Costume受賞、タレント・コンペティション3位、本選上位10名入賞。
はるな愛 本選上位10名入賞
  • 2009年大会(第5回大会) 冴島柚姫、月島紅、はるな愛
※月島紅 Angel of Talent contest2位、本選上位10名入賞。
はるな愛 Miss International Queen 2009受賞、Angel of Talent contest優勝。
たけうち亜美 Miss International Queen 準ミス第1位受賞、Miss Photogenic受賞。
  • 2011年大会(第7回大会) 藤川花梨
※藤川花梨 Miss Best Evening Gown受賞、本選上位10名入賞。
  • 2012年大会(第8回大会) 月島紅、橘優希
※月島紅 Best Kiss Talent Contest優勝、本選上位10名入賞。
※橘優希 Miss Best National Costume受賞。


外部リンク[編集]