社会参加

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

社会参加(しゃかいさんか)とは、社会人として、社会の一翼を担うことを指す。現状、社会参加していない者に対して、社会参加を促す立場から用いる。

未成年者と社会参加[編集]

小学生段階では、社会参加などまだ遠い未来の課題として把握される。従って、「将来何になりたいか」と尋ねても、「野球選手」「宇宙飛行士」など、非現実的な回答が返ってくる場合が多い。

中学生段階になると、社会参加の方法が、現実的な課題として浮上する。従来は進路指導と呼ばれていたものが、現在では授業の一環としてボランティア職業体験が行なわれるなど、学習だけしていればいい、という従来の姿勢よりも積極的な意義を認められている。

高校生段階になると、進路決定がなされる。高校3年の進路相談が、その人の人生を決定付けると言っても過言ではない。本人の希望と適性を考慮する、と言われるが、実際には適性を重視し、収まれる場所に収めてしまおう、という傾向があるようだ。

障害者と社会参加[編集]

従来、通常の就職が出来ない障害者は、地域活動支援センター(旧・小規模作業所など)、病院などに設置されているデイケアのお世話になるしかなかった。が、近年、障害者雇用制度が創設され、一部仕事ができないことがあることを承知の上で雇用し、代わりに政府から補助金の交付を受ける事業所が増えている。

フリーアルバイターと社会参加[編集]

もしフリーアルバイターだけで生活の糧が得られ、老後の貯えも出来るのであれば、他者がとやかく言う筋合いはない。高学歴者が、仕事以外にしたいことがあってフリーアルバイターになる場合はある。高校の勉強が出来ただけで、目標も自覚もないまま高学歴を得てしまい、フリーアルバイターになる場合もある。ただ、フリーアルバイターだけでは、職業技能の獲得に限界があり、リストラの標的になりやすいなど、生活が不安定になるのは周知のことである。

安倍晋三内閣は、再チャレンジを標榜したものの、35歳を超えた年長フリーアルバイターが「通常の」社会参加をするのは、依然として道が険しいと言わざるを得ない。

引きこもり・ニートと社会参加[編集]

引きこもりニートに陥った原因は、人によってさまざまであろう。が、いずれにせよ引きこもりやニートが長期化すると、社会参加するのは困難になる。

東京シューレでは、成人部会を設置し、40代に至る引きこもりやニートに、社会参加の道を模索している。が、清掃労働など、人が嫌がる職種にしか活路がない。