LGBTツーリズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
LGBTツーリズム

LGBTツーリズム英語: LGBT tourism)またはゲイ・ツーリズム英語: Gay tourism)はツーリズムにおけるマーケットの一つで、LGBTレズビアンゲイバイセクシャルトランスジェンダー)をターゲットにしたニッチ市場を表す言葉[1]

概要[編集]

イビサ島にてゲイ男性が多く訪れる Es Cavallet Beach[2]

ツーリズムにおいて、彼らは性的指向ジェンダーに対してオープンである場合が殆どであるが、彼らの日頃の生活におけるジェンダーの表明状態(クローゼット /カミングアウト)は個人により異なり、またLGBTの人々に対する暴力で知られる地域においてはより控えめな状態にあることもある[3][4]

LGBTツーリズムで核となるものは、LGBTフレンドリーな旅先を求めるLGBTツーリストにとって魅力あるエリア(文化的な面や安全面での懸念を持たなくて良い目的地や旅行者が集まっているか)として認知しているか否かである[5]。英語の "gaycation" というスラングはLGBTカルチャーにおけるLGBTツーリズムのバケーションの意味を含んでいる[6]。LGBTツーリズム産業には旅行代理店やツアー会社、クルーズラインやLGBTコミュニティを対象にした旅行プロモーションやその企画会社がある[5]。1990年代に誕生し、2000年代に入り徐々に増加している。例えば R Family Vacations同性結婚式をはじめとしたLGBTカップルに向けたサービスを提供している。同社が最初に企画したクルーズ旅行はノルウェージャン・クルーズラインNorwegian Dawn号 を使い、600人の子供客を含む1,600名が乗船した[7][リンク切れ][8]

大手旅行会社はピンク・マネーと呼ばれるマーケットに気付き始め、LGBTコミュニティへの接触やツーリズム・キャンペーンを企画し始めている[9]。2000年にトラベル・ユニバーシティが発表したレポートでは、国際旅行におけるゲイ・レズビアンの比率は約10%で7000万人に上るとの結果が出た[10]。マーケットにおけるこのLGBT層は、人々のLGBTに対する受け入れによって拡大していくと予想されている[5]。2007年におけるLGBTマーケットは年間550億ドルと推計された[11]。大手企業が企画するもの以外では、LGBT個人間での厚意やホームエクスチェンジといったLGBTコミュニティをベースとした従来のツーリズムも存在している[12]。また世界中にLGBTの旅行者を迎えるソーシャルグループも存在している[13]

滞在地[編集]

LGBTツーリストが訪れる典型的なゲイ・クラブ(メキシコプエルト・バジャルタ

LGBTツーリストが訪れるエリアは、エリア自体が彼らに対して寛容であったりリベラルな場合が多い。また彼らの需要が高い施設(バー、レストラン、ホテル、ナイトライフ、エンターテインメント、メディア等)が集まっている点、同じコミュニティの人々と出会える点、などが人気が高まる理由の一つとなっている[3][5]

LGBTツーリストの目的地は大都市である場合が多く、ゲイタウンが存在していることが多い。自治体のなかには、地元のLGBTコミュニティと協力して彼らに対して積極的に働きかけているケースもある。

また、ツーリズムにはゲイ・パレードやゲイタウンのフェスティバル、コーラスグループイベント、ゲイ・スクウェアダンスなどの文化的イベントや、ゲイゲームズワールドアウトゲームズEuroGamesといったスポーツイベント、LGBT団体のカンファレンスなど多岐に渡る年次イベントもツーリズムに含まれる場合もあり、こうしたイベントに合わせてツーリズムのピークを迎える。

滞在地として著名なエリア[編集]

市場規模に関連する調査[編集]

LGBT向けマーケティング会社 Wietck Combs によるとLGBTコミュニティの消費額は年間6,000億ドルに上るとされる。フィラデルフィアではLGBTツーリズムのマーケティングに対しての費用1ドルに対して、ショップやホテル、レストラン、アトラクションなどに対して153ドルの消費還元があった。フィラデルフィアやダラスフォートローダーデールなどがLGBTツーリズムのキャンペーンを行っている[要出典]。 フィラデルフィアはLGBTコミュニティに向けたTVコマーシャルを作成した最初のケースであり、またLGBTツーリズムに費用をかけて調査を行った都市である。

イスラエルの観光庁は都市テルアビブをLGBTトラベラーをターゲットにすべく、レストラン、ホテル、観光名所やビーチなどの観光資源への働きかけを行っており、2009年には世界最大のゲイパレード「ユーロプライド」の招致活動も行っていた[14]

関連サービス[編集]

フロリダ州フォートローダーデールに本拠がある団体 International Gay and Lesbian Travel Association (IGLTA) は毎年開催地を変えて国際コンベンションとシンポジウムを行っている[15]。シンポジウムにはゲイ・レズビアンマーケットにツアー会社や旅行出版者が100名以上集まっている。同団体は1983年に設立され、2,000名以上のメンバーが在籍している[16]。 またヨーロッパには Out Now Consulting などのトラベルマーケティング会社が存在している。

Passport Magazine (アメリカ、ゲイ・レズビアン向け)や Spartacus International Gay Guideドイツ、ゲイ向け)など、トラベルガイドブックが定期刊行されている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The Complete Travel Detective Bible: The Consummate Insider Tells You What You Need to Know in an Increasingly Complex World! by Peter Greenberg; Rodale, 2007; ISBN 1594867089, 9781594867088.
  2. ^ Informacja o Playa des Cavalle w serwisie ibiza-spotlight.com, dostęp 2009-08-27
  3. ^ a b Straight Jobs Gay Lives: Gay and Lesbian Professionals, the Harvard Business School, and the American Workplace by Annette Friskopp, Sharon Silverstein; Simon and Schuster, 1996; ISBN 0684824132, 9780684824130.
  4. ^ Shipping Out, Olivia Style on the Mexican Riviera: Olivia Cruises is everything people say it is, and absolutely nothing like it by Judy Wieder, Out Traveler – Summer 2004
  5. ^ a b c d Gay and Lesbian Tourism: The Essential Guide for Marketing by Jeff Guaracino; Butterworth-Heinemann, 2007; ISBN 0750682329, 9780750682329.
  6. ^ Villages by an Emerald Sea: America's New Rivera, Northwest Florida's Magnificent Emerald Coast by James Keir Baughman; Baughman Literary Group, 2003; ISBN 0979044308, 9780979044304.
  7. ^ Q and A with Rosie and Kelli on "All Aboard! Rosie's Family Cruise"”. Planet Out (2006年). 2007年6月21日閲覧。
  8. ^ Davis, Andrew (2005年1月12日). “Getting Away with R Family Vacations”. Windy City Times. 2007年6月21日閲覧。
  9. ^ All the Rage: The Story of Gay Visibility in America by Suzanna Danuta Walters; University of Chicago Press, 2003; ISBN 0226872327, 9780226872322.
  10. ^ Travel University - Specialty Travel - Gay
  11. ^ Madan, Rubina (2007年8月1日). “Philadelphia refines its pitch to gay tourists”. USA Today/Associated Press. http://www.usatoday.com/travel/destinations/2007-08-01-gay-tourism_N.htm 2007年8月1日閲覧。 
  12. ^ Home Sweet Swap: Who needs a hotel when you can trade your own abode for a fab flat? Welcome to the world of gay home exchange networks by Lauren Ragland; Out Traveler – Spring 2006.
  13. ^ The Gay Vacation Guide: The Best Trips and How to Plan Them by Mark Chesnut; Kensington Books, 2002; ISBN 0758202660, 9780758202666.
  14. ^ [1]
  15. ^ http://www.igltaconvention.org/
  16. ^ http://www.iglta.org/facts.cfm

外部リンク[編集]