影武者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

影武者(かげむしゃ)は、権力者や武将などが、敵を欺いたり味方を掌握するため、自分とよく似た風貌や服装の人物を身代わりとさせること。また、その身代わりの人物そのものを言う。日本戦国時代武将の事例がよく知られるが、古今東西を問わず見られる。

歴史と実態[編集]

中世・近世[編集]

戦乱の時代では、戦闘に際して部下に武将と同じ衣服や甲冑を着用させて敵方を欺き、陽動作戦を行なったり、武将が自らの戦病死や不在を隠すために用いられた。写真がない時代[1]では、名の知られた武将や権力者であっても人々が顔を知っているとは限らず、有効な手段であった。

著名な例では「元の木阿弥」という成語の語源となった、筒井順昭の影武者の木阿弥という僧の事例が知られる。平安時代平将門には6人の影武者がいて、将門を討とうとした藤原秀郷が困惑した[2]とする「七人将門」の話が伝わり、近世では真田信繁(幸村)が穴山小助根津甚八らを影武者として、大坂夏の陣で徳川勢を混乱させたと伝えられている。あるいは、川中島の合戦上杉謙信と渡り合った武田信玄は、実は影武者で信玄の弟(武田信廉)だったとも言われる。しかしこれらは伝説の類であり、真相ははっきりしない。影武者の存在が公になっては意味がないからである。

ただし、影武者の正体が露見すると指揮下の軍隊の士気が崩壊するリスクがあり、史実でも元弘の乱後醍醐天皇に味方した比叡山延暦寺僧兵が離反を起こしている。

近代・現代[編集]

近現代でも影武者の存在は取り沙汰されており、特に独裁的権力者は、自分の地位や権力を常に脅かされる可能性が大きいので影武者が必要と考えられ、その存在が話題に上る事が多い。アドルフ・ヒトラーは、連合軍(ソ連軍)のベルリン占領直前の1945年4月30日に自決したが、遺体は焼却されて本人確認ができないほど破損し、しかもソ連軍が持ち去ったため、ベルリンで死んだのは替え玉(影武者)で、本人は南アメリカその他に落ち延びた、とする説が現在も一部に残っている[3]

イギリス軍モントゴメリー将軍にはクリフトン・ジェームズ中尉という影武者がいた。彼はノルマンディー上陸作戦を隠蔽する目的で地中海にモントゴメリー将軍がいるかのように偽装するために一時的に用意された影武者だった。

他にも、ソ連のヨシフ・スターリンイラクサダム・フセイン北朝鮮金正日リビアカダフィ大佐に影武者がいたという説がある。暗殺者がカダフィ大佐を銃撃して暗殺したかに見えたが、殺されたのは影武者だったとの話が伝えられている(『SAPIO2011年6月29日号,小学館)。

上記の意味が転じて、現代においても著名人がマスメディアの取材、追跡を避けるため、秘書や友人など関係者を身代わりとしてマスメディアの方向をそらす際に「影武者」という表現を用いる事がある。

影武者を題材にした作品[編集]

映画
小説
ドラマ

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 肖像画は鎌倉時代から盛んに描かれたが、誰でも見られるものではなく、また日本では、貴人の顔をまじまじと見るのは恐れ多いとの観念があり、肖像画を描く絵師も余り顔を見ないで描く場合が多く、実物と似ていない事もあった。
  2. ^ 一人だけが白い息を吐いていたので、それを矢で射たら実物の将門で、残る6人は人形であったと言う。
  3. ^ ヒトラー生存説は終戦直後から流布し、たとえば推理作家の高木彬光が『ノストラダムス大予言の秘密』(日本文華社,1974年 のち角川文庫)で触れているように、オランダ人の超能力者ピーター・フルコスが1952年に、変装してヨーロッパに戻って来たヒトラーを透視で見抜いた、という話も伝えられているが、高木が言及している通り、ヒトラー生存説が事実であるという根拠はない。

参考文献[編集]

  • 『日本大百科全書』5 小学館 1995年2版2刷