AV監督

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アダルトビデオ監督(アダルトビデオかんとく)、AV監督(エーブイかんとく)、AVディレクターアダルトビデオ制作における監督演出家)・ディレクターである。AV男優カメラマンを兼ねる場合もある。現場での撮影及び映像編集などを進行させ、制作(作品を実際に作成する行為)に責任を持つ。

概要[編集]

AV監督と呼ばれる人の中には、他業種の映像業界(テレビ映画ピンク映画Vシネマ等)で並行して監督をしている人も数多くいる。 一般に他業種での監督名を本名で、AVでの監督名を芸名のように変えることが多い。また、AV業界に元々いながら、監督名を本名以外にする人も多く、結果として変わった名前の監督がAV業界には多い。

名づけ方の特徴としては“カンパニー松尾”“バクシーシ山下”のように横文字+苗字と言ったリング・ネーム方式や、“芥川漱石”のように全くの創作的名前であったり、“WATARUX”のような記号的なものまである。

アダルト・ビデオというエロが映像化されていれば、第一義が満たされる映像の性質上、

  1. カメラを持ち
  2. 性行為やそれに類似する行為を行い
  3. その映像を何らかの形で発表し
  4. パッケージVTR、または媒体で“AV監督”として名乗れば

その瞬間から誰でも“AV監督”になれるという意見もあり、この点においては自主映画の監督が自身を“映画監督”と名乗る感覚に似ている。

彼らはその雇用形態によって、AVメーカーに社員として雇用されている“社員監督”と、作品毎に雇用契約をする“フリー監督”に分けられる。

関連項目[編集]