インモラル・ミスター・ティーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インモラル・ミスター・ティーズ
The Immoral Mr. Teas
監督 ラス・メイヤー
脚本 ラス・メイヤー、
エドワード・J・ラクソー
製作 ピーター・A・デセンジー
出演者 ビル・ティーズ
アン・ピーターズ
マリリン・ウェズリー
音楽 エドワード・J・ラクソー
撮影 ラス・メイヤー
編集 ラス・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1959年
日本の旗 2004年9月26日
上映時間 63分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

インモラル・ミスター・ティーズ』(The Immoral Mr. Teas)は、ラス・メイヤー監督が初の商業的成功を収めた1959年アメリカ映画

謳い文句は「厚顔無恥なアダルト・フレンチ・コメディ!」

名前の由来[編集]

「Teas(ティーズ)」の名は「tease(じらす)」の同音異義語で、「tease」は巧妙な手段で相手を性的に興奮させるという意味合いも持つ。(通常は更にエロチックな状況に進展する事は拒絶する。)タイトルとなっている主人公は、メイヤーの軍隊時代の仲間で、メイヤーが運よく同音異義語の名前を利用できた、ビル・ティーズ Bill Teasにより演じられた。

時代背景[編集]

この映画が公開される以前は、顕著なヌードシーンのある映画は、アンダーグラウンドの(ひそかに製作され配給される)ポルノ映画か、「非合法に」配布される16mmの白黒映画か、専門映画館で公然と上映されたヌーディスト映画のみだった。

突破口[編集]

『インモラル・ミスター・ティーズ』は、ヘイズ・コード以前の時代以降、ヌーディズムの口実なしで女性の裸を表した最初の「アンダーグラウンドではない」アメリカ映画だった。初めて商業的に生き残ったアメリカの「ポルノ映画」であると看做されていて、「ヌーディー・キューティー映画(ヌードシーンを売りとする小品)」のジャンルを大衆化した。この映画は皮肉たっぷりなユーモアと、熟練した彫刻家や画家のそれに匹敵する、女体の美への敬意、賞賛を示す。

映画は一連の短いシーンから成っている。実際には、誰も裸ではない。観客はティーズ氏の視点と真に迫った想像力を通してヌードを見るだけである。ティーズ氏の精神構造は、(常に女性に限られる)ヌードを越えて広がっていく。ティーズ氏の想像力は基本的にシュールで、奇怪なシチュエーションに終わるものが多い。

『インモラル・ミスター・ティーズ』に登場するヌードは、ほぼ間違いなく現代のハリウッド成人向映画の尺度から見ると、全く注意をひかないと思われる。

典型的シーン[編集]

ティーズ氏はかかりつけの歯科医に予約を入れる。そして、不幸にも主要な臼歯を抜歯しなければならなかった。当然、歯科医は素晴らしく美しい、布の分量が控えめな服を身に付けた助手を従えている。鎮痛薬を注射され、ティーズ氏は豊かな想像の世界へと誘われる。その世界には、ごく単純な背景に歯科医と治療用の椅子とティーズ氏と助手だけが存在した。そして、助手の女性は全裸になっている。治療が終わり、歯科医はティーズ氏の口から臼歯を取り除いた。しかし、その臼歯はまるで巨大なシカの角(枝角)のように見えた。(各々の先端(臼歯の根元)が血の赤色で本体は白い。)ティーズ氏は、彼の淫らな想像力の対価を支払った。

外部リンク[編集]