ヘイズ・コード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヘイズ・コード( Hays Code または the Breen Office Production Code)とは、アメリカ合衆国の映画における検閲制度である。 アメリカ映画製作配給業者協会(のちのMPAA)によって1930年に導入が決定され、1934年から実施された。1968年にはMPAA独自のレイティングを設けるために廃止させた。この検閲はアメリカ合衆国の商業映画において、道徳的に受け入れられるものとそうでないものをはっきりさせるためのものだった。

内容[編集]

この制度は、いくつかの禁止事項と注意事項によって構成されている[1]

以下の項目は、いかなる方法においてもアメリカ映画製作配給業者協会の会員が映画を制作する際に用いてはいけない要素である。

  1. 冒涜的な言葉("hell," "damn," "Gawd,"など)をいかなるつづりであっても題名・もしくはセリフに使うこと[注 1]
  2. 好色もしくは挑発的なヌード(シルエットのみも含む)または作品内のほかの登場人物による好色なアピール
  3. 薬物の違法取引
  4. 性的倒錯
  5. 白人奴隷を扱った取引
  6. 異人種間混交(特に白人と黒人が性的関係を結ぶこと)
  7. 性衛生学英語版および性病ネタ
  8. 出産シーン(シルエットのみの場合も含む)
  9. 子どもの性器露出シーン
  10. 聖職者を笑いものにすること
  11. 人種・国家・宗教に対する悪意を持った攻撃

また、いかなる方法においても、以下の要素を用いるときは、下品で挑発的な要素を減らし、その作品の良いところを伸ばすためにも、細心の注意を払うようにすること

  1. 国際関係(他国の宗教・歴史・習慣・著名人・一般人を悪く描かぬように気を付けること)
  2. 放火行為
  3. 火器の使用
  4. 窃盗、強盗、金庫破り、鉱山・列車および建造物の爆破など(あまりにも描写が細かいと、障がい者に影響を与えるおそれがあるため)
  5. 残酷なシーンなど、観客に恐怖を与える場面
  6. 殺人の手口の描写(方法問わず)
  7. 密輸の手口の描写
  8. 警察による拷問英語版の手法
  9. 絞首刑・電気椅子による処刑シーン
  10. 犯罪者への同情
  11. 公人・公共物に対する姿勢
  12. 教唆
  13. 動物及び児童虐待
  14. 動物や人間に対して焼き鏝を押し付ける
  15. 女性を商品として扱うこと
  16. 強姦(未遂も含む)
  17. 初夜
  18. 少女による意図的な誘惑
  19. 結婚の習慣
  20. 手術シーン
  21. 薬物の使用
  22. 法の執行もしくはそれに携わる者を扱うこと(タイトルのみも含む)
  23. 過激もしくは好色なキス(特に一方が犯罪者である場合は要注意)

歴史[編集]

ヘイズ・コード成立の経緯[編集]

1929年、大手業界紙 en:Motion Picture Heraldの編集者でカトリックの信徒であるマーティン・クィッグリーと、イエズス会士であるダニエル・A・ロード神父は、映画向けの倫理規定を作成し[2] 、映画スタジオに送った[3][4] 。 子どもは特に誘惑に弱いことから、ロードは映画が子供に与える影響について人一倍懸念していた[2] 。 1939年2月、メトロ・ゴールドウィン・メイヤーのアーヴィン・タルバーグら映画スタジオの代表者数名が、ロードとクィッグリーに会った。いくつかの修正を経て、彼らは規定の条項を作ることに同意した。彼らが規定を受け入れた大きな理由の一つに、政府による介入を避けるためであるということが挙げられる[5]。 もし映画のシーンを変更したり、カットする必要があった場合、元米国赤十字代表のジェイソン・S・ジョイ大佐が代表を務めるStudio Relations Committee[6]が制作現場を監視したり、スタジオに勧告することになった[7][8] 。同年3月31日MPPDAは、その規定を遵守することに同意した[9]

その規定は2つの章に分かれている。前半は道徳に重きを置いた大原則集で、後半は"とくに遵守すべき項目集"であり、後者には映画内では用いることができない要素が列挙されている、。 同性愛の表現や特定の卑語の使用を禁じるなどといった一部の規制については、暗黙の了解とみなされていたため明文化されなかった。 異人種間の混交も禁じられた。また、"成人向け映画"の概念は、既定の志向が難しく、"成人向け"というカテゴライズの効能が弱まるとして、うやむやになった[10]。ただし、「年少者にとっては明らかに有害である一方、分別のあるものはその有害性を理解できるため受容しても害のない」要素は、映画に使うことが認められた[11] 。 もし保護者の監督のもとで子どもが映画を見る際、本編中にそのような要素を暗にほのめかす描写があった場合、保護者は子供が映画の影響を受けて犯罪に走ることを考慮してよいと定められた[11]

この規定は、映画の内容に関する者だけでなく、伝統的な価値観を推進するものも含まれていた[12]。 たとえば、夫婦関係から外れた性的な関係は魅力的もしくは美的なものとして描くことはできず、したがってその関係を情熱を呼び起こすようなものもしくは許されるものとして話を進めることは許されないと定められている[7]。また、全ての犯罪行為は罰せられるべきものであるとされ、犯罪者及びその罪状に対して観客の共感を引き出すような描写は許されず、観客が"補正された道徳的価値観"と照らし合わせて「そのような行為は悪である」と判断できるような描写にしなくてはならないと定められた[13][14]。 権威あるものは敬意をもって描写せねばならず、聖職者を悪党もしくは道化役として描くことは許されなかった[7]。ただし、例外として、ある状況のもとで政治家・警察官・判事を悪党として描くことは許された [7]

カトリックの文体で書かれたこの規定は、「映画は道徳に悪影響を与える一方で、道徳において大きな意味を持つ存在であるから、慎重に扱うようにすべき」としている[10]。 当初はこの規定の機密においてカトリックの影響力を保つことになっていた[15]。そのため、「映画を通じて悪行は悪いもので、善行は正しいことであると観客が確信する」という主題がこの規定の中で頻出した [16] 。 なお、この規定には、広告のキャッチコピーや画像を対象としたアドヴァタイジング・コードという付録も存在した[17]

ヘイズ・コード初期[編集]

1930年2月19日、バラエティ誌が、ヘイズ・コードの条文をすべて載せ、映画の検閲機関はすぐに廃止されるだろうと予測した[18] 。なぜなら、1932年まで協会の代表を務めていたジェイソン・ジョイとその後任になったジェームズ・ウィンゲート博士(Dr. James Wingate)はまったくもって機能していなかったのである[8][19] 。例えば協会の検閲を受けた最初の映画である『嘆きの天使』は協会の検閲では無修正で通った一方、カリフォルニア州ではわいせつとみなされた[20]。 ジョイが一部シーンのカットを求めたこともあったが、あからさまな場面が残っている状態で公開された[21] 。 ジョイは1年間に500の映画を少ないスタッフでチェックしなければならず、組織の影響力も乏しかった[19]。彼はスタジオと制作したいと考えており、脚本を書くのが得意だった彼はフォックスに移籍した。一方ウィンゲートは山のように来る映画の企画書を読んでチェックするのに苦労し、ワーナー・ブラザースの制作部門の代表者であるダリル・F・ザナック が催促の手紙をよこすほどだった[22] 。1930年当時の協会は影響力はなかったが、製作者を説得したり懇願したりすることはあった[23] 。事態は複雑化しつつあったが、シーンのカットの有無は最終的にスタジオ自身が決めることとなった[8]

ヘイズ・コードがないがしろにされていた理由の一つに、1920年代から30年代初頭にかけて、自由を好む風潮が検閲をおかたいものとみなしていたことがあげられる。当時のは ヴィクトリア朝のものを世間知らずで時代遅れのものとして笑いの種にされていた時期でもある[7]。ヘイズ・コードが告示された際も、リベラル派の定期刊行誌 w:The Nationがかみついた[24]。 この雑誌は 「もし犯罪に同情の余地があれば、法と正義が文字通り一つの意味をもつとみなされる。と記した。 ヘイズ・コードのため、ボストン茶会事件を映画で取り上げることができなかった。また、聖職者を悪く描くこともできず、偽善を題材とすることもできなかった[25]Outlookはバラエティ誌と同意見だったが、当初からヘイズ・コードを守るものは少ないだろうと予測していた。さらに、1930年代の世界恐慌のせいで多くのスタジオが資金獲得のためになりふり構わなくなってきていた[7]。そのため、人種差別的な要素や暴力シーンで映画が売れることも出てきたため、そのような映画も増えてきた[7] 。かくして、ヘイズ・コードは公然の秘密となった。1931年、ハリウッド・リポーター誌がヘイズ・コードを揶揄した記事を書き、1933年にはバラエティ誌もこれに続いた[8]。また、同年バラエティ誌は、ある脚本家が「ヘイズのモラル・コードは冗談にすらなれない、記憶に残るのみです。」と語っていた記事を掲載した[8]

ヘイズコード廃止まで(1954年 - 1968年)[編集]

1950年代後半ごろから、『或る殺人』(1959年)、『去年の夏 突然に』(1959年)、『階段の上の暗闇』(1961年)といった露骨な描写を含む映画が上映されるようになった。 MPAA は映画のシーンをカットするようなことはしなかったものの、これらの映画をしぶしぶ承認した。 ビリー・ワイルダーの『お熱いのがお好き』(1959年)は女装を題材としていたことからMPAAの承認なしで上映されたが、大ヒットしたためヘイズ・コードの威力は弱まった。

1960年初頭から、1930年代の映画に見られたような性を題材とした映画が増えてきた。MPAAもいやいやながら承認し、シーンをカットするようなことはしなかった。1966年に「成人の鑑賞が望ましい」( "suggested for mature audiences" (SMA))というラベルに切り替わってから、ヘイズ・コードの順守は重要なことではなくなってきた。また、同年、ワーナーブラザースが映画『バージニア・ウルフなんかこわくない』を公開した際、MPAAの会長に就任したばかりのジャック・ヴァレンティは、 映画の中に汚い言葉があることを見抜いた。交渉を重ねた結果、セックスを意味する"screw"を消したが、"hump the hostess"(女主人とヤる)や'fuck'といった他の箇所は削除しなかった。その映画は、下品な言葉があったにもかかわらず ヘイズ・コードの承認を得たことを示すこととなった。

ヘイズ・コード廃止後[編集]

ヘイズ・コードは施行が不可能となり完全に廃止された。そのかわり、MPAAが法的拘束力の弱い新たなるレイティングシステムを導入し、1968年に施行した。そのレイティングは年齢に合わせて、G, M, R, X(成人向け)とするものだった。1969年、ヴィルゴット・シェーマンが監督したスウェーデンの映画『私は好奇心の強い女』は性的な描写の激しさから当初はアメリカ合衆国での公開ができなかったが、最高裁での判決で公開できるようになった。

1970年Mは GPに置き換えられ、1972年に現在のPGへと変更された。 1984年、『グレムリン』や『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』といったPG指定映画におけるホラー要素について、世間から意見が相次いだのを受けて、PGとRの中間にあたるPG-13ができた。1990年、XやXXXの文字がポルノ業界で用いられていたためにMPAAが商標登録を行うことができなかったため、Xが廃止され、代わりにNC-17ができた。

脚注[編集]

  1. ^ Lewis, Jon (2000). Hollywood v. Hard Core: How the Struggle Over Censorship Created the Modern Film Industry. NYU Press. pp. 301–02. ISBN 978-0-8147-5142-8. http://books.google.com/books?id=4OBepfVJOeEC&pg=PA301&lpg=PA301&dq=%22The%20Don%27ts%20and%20Be%20Carefuls%22#v=onepage&q=%22The%20Don%27ts%20and%20Be%20Carefuls%22&f=false. 
  2. ^ a b Smith. pg. 38
  3. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「DH6」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  4. ^ Jacobs. pg. 108
  5. ^ Prince. pg. 21
  6. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「Vieira._pg._8」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  7. ^ a b c d e f g LaSalle, Mick. "Pre-Code Hollywood", GreenCine.com, accessed October 4, 2010.
  8. ^ a b c d e Doherty. pg. 8
  9. ^ Doherty. pg. 2
  10. ^ a b Doherty. pg. 7
  11. ^ a b Doherty. pg. 11
  12. ^ Butters Jr. pg 188
  13. ^ The Dame in the Kimono, Leonard Jeff & Jerold Simmons, 1990.
  14. ^ Hollywood Censored, Gregory Black, 1994.
  15. ^ Black. pg. 43
  16. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「ah」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  17. ^ Doherty. pg. 107
  18. ^ Black. pg. 44
  19. ^ a b Black. pg. 51
  20. ^ Black. pgs. 50?1
  21. ^ Jacobs. pg. 27
  22. ^ Vieira. pg. 117
  23. ^ Black. pg. 52
  24. ^ Black. pgs. 44?5
  25. ^ Black pg. 45

注釈[編集]

  1. ^ ただし、"God," "Lord," "Jesus," "Christ"の場合、正式な宗教儀式の中で敬意をもって用いられる場合はこの限りではない

出典[編集]

  • Bernstein, Matthew. Controlling Hollywood: Censorship and Regulation in the Studio Era. Rutgers University Press 1999 ISBN 0813527074
  • Black, Gregory D. Hollywood Censored: Morality Codes, Catholics, and the Movies. Cambridge University Press 1996 ISBN 0-521-56592-8
  • Butters Jr., Gerard R. Banned in Kansas: motion picture censorship, 1915-1966. University of Missouri Press 2007 ISBN 0826217494
  • Doherty, Thomas Patrick. Pre-Code Hollywood: Sex, Immorality, and Insurrection in American Cinema 1930-1934. New York: Columbia University Press 1999. ISBN 0-231-11094-4
  • Jacobs, Lea. The Wages of Sin: Censorship and the Fallen Woman Film, 1928-1942. Madison: University of Wisconsin Press 1997 ISBN 0-520-20790-4
  • Jeff, Leonard L, & Simmons, Jerold L. The Dame in the Kimono: Hollywood, Censorship, and the Production Code. The University Press of Kentucky 2001 ISBN 0813190118
  • Gardner Eric. The Czar of Hollywood. Indianapolis Monthly, Emmis Publishing LP February 2005 ISSN 0899-0328 (available online)
  • Prince, Stephen. Classical Film Violence: Designing and Regulating Brutality in Hollywood Cinema, 1930-1968. Rutgers University Press 2003 ISBN 0813532817
  • Siegel, Scott, & Siegel, Barbara. The Encyclopedia of Hollywood. 2nd edition Checkmark Books 2004. ISBN 0-8160-4622-0
  • Smith, Sarah. Children, Cinema and Censorship: From Dracula to the Dead End Kids. Wiley-Blackwell 2005 ISBN 1405120274
  • Vieira, Mark A. Sin in Soft Focus: Pre-Code Hollywood. New York: Harry N. Abrams, Inc. 1999. ISBN 0-8109-8228-5

参考文献 [編集]

関連項目[編集]