神の娘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
神の娘
A Daughter of the Gods
監督 ハーバート・ブレノン
脚本 ハーバート・ブレノン
製作 ウィリアム・フォックス
製作総指揮 ウィリアム・フォックス
出演者 アネット・ケラーマン
撮影 アンドレ・バルラティエ
J・ロイ・ハント
編集 ヘティ・グレイ・ベイカー
配給 アメリカ合衆国の旗 フォックス映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1916年10月17日
日本の旗 1918年
上映時間 180分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 1,000,000米ドル
テンプレートを表示

神の娘』(かみのむすめ、英語: A Daughter of the Gods, 「神々の娘」の意)は、1916年(大正5年)製作・公開、ハーバート・ブレノン監督によるアメリカ合衆国の映画サイレント映画である。映画史上で初めて、メジャースターによるフルヌードシーンのある映画として知られる。

略歴・概要[編集]

ウィリアム・フォックスが100万米ドル(当時の日本円では220万円[1])の巨費を投じ、ジャマイカキングストンに巨大なセットを建てて撮影した、180分の巨篇である。

日本では、1918年(大正7年)に公開されたが、当時、京都・新京極帝国館が掲出したポスターの記述によれば、「全長壱萬呎」(1万フィート)、「出演俳優 21,218人」、「矮人国の童人 12,000人」、「人魚の数 200余」、「鰐魚 80余頭」、「消費フィルム尺数 22万3,000呎」とし、「本映畫の出現は正にキネマ史上に於ける一大奇蹟たり」と謳われている[1]。同劇場での同時上映は、パラマウント映画の短篇コメディ『デブ君の濱遊び』(Coney Island、21分、1917年)であった[1]

スチル写真は残されているが、プリントは現存していない。

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

本作におけるアネット・ケラーマン

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c 『活辯時代』、御園京平岩波書店、1990年3月刊 ISBN 4002600211, p.21.

外部リンク[編集]