アラン・ロブ=グリエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アラン・ロブ=グリエ
Alain Robbe-Grillet
Alain Robbe-Grillet.jpg
ロブ=グリエ、2006年
誕生 1922年8月18日
フランス、キルビニヨン
死没 2008年2月18日(満85歳没)
フランス、パリ
職業 作家、映画監督
言語 フランス語
国籍 フランスの旗 フランス
文学活動 ヌーヴォー・ロマン
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

アラン・ロブ=グリエAlain Robbe-Grillet1922年8月18日 - 2008年2月18日)は、フランスの小説家映画監督ヌーヴォー・ロマンの代表的作家とされる。

経歴[編集]

ブレスト郊外のキルビニヨンに生まれる。地元で初等・中等教育をうけたのち、パリのリセ・ビュッフォンに転校。1941年に国立農業技術専門学校に入学、在学中にドイツ軍に徴用され、ニュルンベルクの工場で強制労働に従事する。戦後1946年に専門学校を卒業。農業技師として国立統計経済研究所、ボア・ブルダンにあった姉の研究所での勤めを経て、1949年に植民地果実柑橘類研究所のバナナ農場監督官となり、1951年までの間にギニア西インド諸島マルチニックグアデループを監察してまわる。

1949年、最初の小説『弑逆者』を書き上げるが、これは1978年になるまで発表されなかった。1951年、帰国の船上で『消しゴム』を執筆。同年『クリティック』誌11月号に書評を寄稿。1953年、デビュー作『消しゴム』をエディシヨン・ド・ミニュイ社から出版、フェネオン賞を受賞するとともにロラン・バルトによって絶賛される(「対物的文学」)。翌年、『覗く人』を刊行し批評家賞を受賞、ド・ミニュイ社の文芸顧問に就任する(1980年まで)。同社でサミュエル・ベケットミシェル・ビュトールクロード・シモンナタリー・サロートマルグリット・デュラスらの作品刊行を支援し、彼らの作風がロブ=グリエとともに「ヌーヴォー・ロマン」として概括される。ロブ=グリエはその旗振り役となり、1956年より『新フランス評論』誌ほかで評論を発表し、「ヌーヴォー・ロマン」の理論的擁護に務めた。

1957年、文章から感情を極限まで廃し視覚的な客観描写に徹した小説『嫉妬』を発表、一般の読者からは酷評されるが、1959年の『迷路のなかで』はおおむね好評を得る。1960年、アラン・レネ監督の映画『去年マリエンバートで』のシナリオを手がける。同作は翌年にヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞、フランスでもメリエス賞を受賞した。また1961年には、大映の依頼で日仏合作映画『涙なきフランス人』を構想し、フランスで市川崑監督と協議、7月から8月には来日しているが、大映側と意見が合わず頓挫している。1963年には最初の監督映画『不滅の女』が公開された。これらと平行して上記作品の映画原作本(シネロマン)を刊行する。

以後、軽妙な作風に移行した小説『快楽の館』(1965年)、『ニューヨーク革命計画』(1970年)、デルヴォーラウシェンバーグマグリットなどの絵画作品に関わる自分の文章をモザイク的に組み合わせた『幻影都市のトポロジー』(1976年)、アメリカ人向けのフランス語教科書を下敷きにして推理小説風の作品に仕立てた『ジン』(1981年)、空想・フィクションの入り混じった自伝<ロマネスク>三部作『戻ってきた鏡』(1985年)、『アンジェリック、もしくは蠱惑』(1988年)、『コラント伯爵の最後』(1994年)、パロディに満ちたB級映画的な『反復』(2001年)などを刊行。映画監督としては『エデン、その後』(1971年)、『快楽の漸進的横滑り』(1974年)、『囚われの美女』(1983年)など計9本の映画を手がけた。

2004年アカデミー・フランセーズの会員(座席番号32)に選出。2008年、フランス北西部カーンの病院にて死去。85歳没。

著作[編集]

小説[編集]

  • Un régicide 1949年(出版されたのは1978年). 平岡篤頼訳『弑逆者』白水社, 1991年
  • Les Gommes 1953年. 中村真一郎訳『消しゴム』河出書房新社, 1959年 中条省平訳 同左 光文社古典新訳文庫, 2013年
  • Le Voyeur 1955年. 望月芳郎訳『覗くひと』冬樹社, 1966年. 講談社文芸文庫, 1999年
  • La Jalousie 1957年. 白井浩司訳『嫉妬』新潮社, 1959年
  • Dans le labyrinthe 1959年. 平岡篤頼訳『迷路のなかで』講談社文芸文庫, 1998年
  • La Maison de rendez-vous 1965年. 若林真訳『快楽の館』河出書房新社, 1969年、河出文庫, 2009年
  • Projet pour une révolution à New York 1970年. 平岡篤頼訳『ニューヨーク革命計画』新潮社, 1972年
  • Topologie d'une cité fantôme 1976年. 江中直紀訳『幻影都市のトポロジー』新潮社, 1979年
  • Souvenirs du Triangle d'Or 1978年
  • <ロマネスク>三部作
    • Le Miroir qui revient 1985年
    • Angélique ou l'enchantement 1988年
    • Les derniers jours de Corinthe 1994年
  • Djinn 1981年.平岡篤頼訳『ジン』集英社,1990年
  • La Reprise 2001年. 平岡篤頼訳『反復』白水社, 2004年
  • Un Roman Sentimental 2007年

短編[編集]

  • Instantanés 1962年. 白井浩司, 永井旦訳『スナップショット』第三書房, 1966年. 改訂版, 1981年. 平岡篤頼訳『新しい小説のために』新潮社, 1967年にも併載

随筆・評論[編集]

  • Pour un Nouveau Roman 1963年. 平岡篤頼訳『新しい小説のために』新潮社, 1967年
  • Le voyageur, essais et entretiens 2001年

脚本・シナリオ[編集]

  • L'Année dernière à Marienbad 1961年. 天沢退二郎訳「去年マリエンバートで」, 『去年マリエンバートで・不滅の女』所収, 筑摩書房, 1969年
  • L'Immortelle 1963年. 蓮實重彦訳「不滅の女」、『去年マリエンバートで・不滅の女』所収, 筑摩書房, 1969年
  • Glissements progressifs du plaisir 1974年. 平岡篤頼訳『快楽の漸進的横滑り』新潮社, 1977年

映画[編集]

  • 『不滅の女』 ("L'immortelle" 1963年)
  • 『ヨーロッパ横断特急』(Trans-Europ-Express 1966年)
  • 『嘘をつく男』(L'homme qui ment 1968年)
  • 『エデン、その後』(L'Eden et après 1971年)
  • 『快楽の漸進的横滑り』("Glissements progressifs du plaisir" 1974年)
  • 『危険な戯れ』(Le Jeu avec le feu 1975年)
  • 『囚われの美女』(La Belle Captive 1983年)
  • 『狂気を呼ぶ音』(Un bruit qui rend fou 1995年)
  • 『グラディーヴァ マラケシュの裸婦 』(C'est Gradiva qui vous appelle2007年)

参考文献[編集]

  • アラン・ロブ=グリエ 『迷路のなかで』 平岡篤頼訳、講談社文芸文庫、1998年(巻末年譜)
  • 平岡篤頼 「ロブ・グリエ」 Yahoo! 百科事典(小学館 『日本大百科全書』) 2013年9月9日閲覧

外部リンク[編集]


前任:
モリス・ランス
アカデミー・フランセーズ
席次32

第20代:2004年 - 2008年
後任:
フランソワ・ヴェイエルガンス